ページの先頭です

救急車

2020年1月27日

ページ番号:459988

救急車の写真
別ウィンドウで開く

救急車

 救急車(Ah-29T)は、救急救命士の活動に必要な高度救急資器材を積載した高規格救急車で、主な特徴、諸元等は次のとおりである。

主な特徴

  1. 救急装備に関する特徴
    ア 走行時の振動を最小限に抑えることができる防振架台(空気式、防振ロック機能、左右スライド機能付き)に、脚屈伸式ストレッチャーを装備している。
    イ 高度救命資器材への電源供給のためインバーター(AC100V-300W)を装備している。
    ウ 車内感染の防止と脱臭のためオゾン発生装置を装備している。
  2. 車両装備に関する特徴
    ア 前照灯はLEDヘッドライトを装備している。
    イ 消費電力低減のため全ての警光灯をLED式としている。
    ウ 後退時の安全装置としてバックアイカメラを装備している。
    エ サイレンアンプに4種類の音声を組込んだ音声合成装置を装備している。オ 集中ドアロックが可能なワイヤレスリモコンを装備している。
    カ 夜間活動時に車両の視認性を向上させるため、車両の側面及び後面に高輝度反射テープ(側面-白、後面-赤)を貼付けている。
    キ ドライブレコーダーを装備している。
    ク スマートフォン用充電器を装備している。
    ケ 盗難防止装置を装備している。

諸元等

車両諸元
 シャシ型式

2WD トヨタ CBF-TRH221S
4WD トヨタ CBF-TRH226S

車両総質量 

2WD 3,245kg
4WD 3,275kg

 全長 565cm 最大積載量 -
 全幅 190cm 乗車定員 7名
 全高 251cm エンジン/排気量 ガソリン/2,693mL
 ホイールベース 3,110mm 最高出力 111kW/4,800rpm
 最小回転半径 6.1m 燃料/タンク容量 ガソリン/70L
主な装備品
資器材固定装置 一式脚屈伸式ストレッチャー  1脚
 資器材庫一式 サブストレッチャー 1脚
 防振ベッド(空気式 1基 オゾン発生装置 1台
 DC-ACインバータ(300W 1基 スタッドレスタイヤ(ホイール付き) 4本

画像集(画像をクリックすると拡大します)

救急車の右側面
別ウィンドウで開く

右側面

救急車の左側面
別ウィンドウで開く

左側面

救急車の前面
別ウィンドウで開く

前面

救急車の後面
別ウィンドウで開く

後面

後部ドアから見た救急車内の状況
別ウィンドウで開く

後部ドアから見た救急車内

左側面ドアから見た救急車内の状況
別ウィンドウで開く

左側面ドアから見た救急車内

救急車内の状況
別ウィンドウで開く

救急車内

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 消防局企画部企画課

住所:〒550-8566 大阪市西区九条南1丁目12番54号

電話:06-4393-6056

ファックス:06-6582-2864

メール送信フォーム