ページの先頭です

爆発的な火災を受けた取り組みとお知らせ

2019年8月22日

ページ番号:476765

 令和元年7月18日午前、京都市伏見区で発生した火災では、30名以上の方々がお亡くなりになられたほか、多数の負傷者も発生しました。

 犠牲となられた方々のご冥福をお祈りするとともに、負傷された皆様に心からお見舞い申し上げます。

市民や事業者の方へ

ガソリンの小分け販売について

 市内の給油取扱所(ガソリンスタンド)へリーフレットを配付し、ガソリンの小分け販売時の注意などについて次のことをお願いしています。
  • 運転免許証などにより、購入者の住所や氏名の確認
  • 販売日時、数量、購入の目的などの記録
  • 給油中の監視の徹底(セルフ給油取扱所では、購入者ご自身のガソリンの小分けは認められていない)
ガソリンスタンドへのリーフレットの配布
別ウィンドウで開く
リーフレットの表
別ウィンドウで開く
リーフレットの裏
別ウィンドウで開く

当局ホームページ

  • ガソリンの小分け販売に関する注意点について(事業者向け)

    ガソリンの小分け販売についてご注意ください(事業所の皆様へ)

  • ガソリンの危険性について

    ガソリンは大変危険です!!

大阪府石油商業組合への再依頼

 大阪市では、大阪府石油商業組合に対し、平成21年7月5日に此花区のパチンコ店で発生しました放火火災を受け、ガソリンの小分け販売時の記録等についての協力をすでに依頼していましたが、今回の火災を受けて、再度依頼しました。

大阪府石油商業組合への再依頼
別ウィンドウで開く

防火管理に関する注意喚起について

事業者の方へ

 消防法では、一定規模以上の建物は防火管理者を定めるとともに、消防計画を作成し、その消防計画に基づく消火、通報及び避難訓練(以下「自衛消防訓練」という。)を定期的に実施しなければならないと定められています。

 もしも、「目の前で爆発的な火災が起こったら」「出入口が炎でふさがれてしまったら」などの、「爆発的な火災」に対応できるような想定での訓練も行いましょう。

爆発的な火災を想定した訓練の様子1
別ウィンドウで開く
爆発的な火災を想定した訓練の様子2
別ウィンドウで開く
  • 爆発的な火災を想定した訓練の様子1(中央消防署)

    自衛消防訓練の流れとポイント

  • 爆発的な火災を想定した訓練の様子2(西消防署)

    自衛消防訓練を実施しました!

  

市民の方へ

 お出かけなどで訪れる建物で、もし、火災になったら・・・と考えたことはありませんか?

 火災が発生すれば、通報や初期消火も必要ですが、爆発的に火災が大きくなるようであれば、「避難」を最優先にしましょう。

 いざという時に備えて、次のことを確認しましょう。

  • 複数の避難経路(避難口、階段の位置など)
  • 消火器の位置や使い方

当局ホームページ

  • 自衛消防訓練のことや爆発的な火災への備えなど

    自衛消防訓練

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市消防局予防部予防課(予防)・規制課(規制)
住所: 〒550-8566 大阪市西区九条南1丁目12番54号(3階)
電話: 06-4393-6320(予防)06-4393-6242(規制)
ファックス: 06-4393-4580

メール送信フォーム