ページの先頭です

新型コロナウイルスの感染拡大防止に関する検査・点検等の措置について

2020年8月5日

ページ番号:500954

 新型コロナウイルス感染症の全国的かつ急速なまん延を防ぐとともに、事業者が十分な感染拡大防止策を講じるための環境整備を行うため、各関係法令において安全確保を前提としつつ柔軟な対応ができるよう、次のような措置が講じられました。

消防法の規定に基づく危険物施設の定期点検等について

 消防法第14条の3の2の規定に基づく定期点検のうち、屋外タンク貯蔵所の内部点検、地下タンク及び地下埋設配管の漏れの点検等について、人員や資機材を手配することができないこと等により実施することが困難な場合にあっては、当面、次に掲げる措置により定期点検とすることができます。

  1. 日常点検を徹底し、特に当該貯蔵所等で貯蔵等を行う危険物の残量の管理を的確に行うなど、事故の発生防止及び早期発見を徹底すること
  2. 漏れ等を発見した際の速やかな応急体制を確保しておくこと

 また、新型コロナウイルス感染症対策の緊急措置により当該施設を連続運転させる必要がある場合にあっては、目視等可能な範囲で点検を実施するとともに、機器の作動についてメーカー等の要領に従い適切に管理することにより、定期点検を行うこととして差し支えありません。

 なお、点検が可能になれば、速やかに点検を実施し、これらの対応について記録を作成し、保存するようお願いします。

 詳細は下記よりご確認ください。

 「新型コロナウイルスの感染拡大防止等に対応した危険物施設における検査等の運用について(通知)」(令和2年4月3日付け消防危第92号)別ウィンドウで開く総務省消防庁ホームページ

保安3法(火薬類取締法・高圧ガス保安法・液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律)施設の検査・点検期限の延長等について

高圧ガス保安法

 高圧ガス製造施設について、施設によって定められた期間以内に行わなければならない保安検査等の期間が延長されています(4月10日から9月30日までに期間が終了する者について4カ月間)。

 上記特例措置を活用される場合は次の事項を実施してください。

  1. 法令に規定する技術上の基準に適合するように維持すること。
  2. 事故の発生防止及び不具合の早期発見のため、日常点検を強化すること。
  3. 危険時に速やかな通報、応急措置等が行えるよう体制を確保しておくこと。

※保安企画推進員等が受けなければならない義務講習についても延長されています。

液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律

 LPガス販売事業者等が、一般家庭用LPガス容器等の供給設備について、設備ごとに行う点検期間等が延長されています(4月10日から11月30日までに期間が終了する者について4カ月間)。

※業務主任者が受けなければならない義務講習についても延長されています。

火薬類取締法

 経済産業省及び都道府県が実施する保安責任者試験の実施の中止を可能とする規定が整備されています。

 

詳細は下記によりご確認ください。

  • 4月10日付け措置内容

(火薬類取締法、高圧ガス保安法、液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正に関する法律)

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に関する産業保安規制の制度改正を行いました」別ウィンドウで開く

 

  • 6月26日付け追加措置内容

(高圧ガス保安法)

「新型コロナウイルスの影響を踏まえた措置について(認定のWeb審査導入等)」別ウィンドウで開く

(液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正に関する法律)

「新型コロナウイルスの影響を踏まえた措置について(液石法施行規則に規定する期間再延長及び猶予措置)」別ウィンドウで開く

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市消防局予防部規制課(危険物・保安)
住所: 〒550-8566 大阪市西区九条南1丁目12番54号(3階)
電話: 06-4393-6252 ファックス: 06-4393-4580

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示