ページの先頭です

冷凍設備のガスを回収する作業等を行う場合は、事故防止に留意してください!

2020年5月19日

ページ番号:502829

冷凍設備から回収された冷媒を取り扱うときの注意事項について

 令和2年4月16日に、岐阜県において冷凍設備から回収された冷媒であるフロンの取扱中に1名の方が死亡される事故が発生しました。この事故は、冷凍設備から回収されたフロンが充填された容器から、セパレーター(フロンとフロンに混ざった劣化オイルを分離するもの)を介して別の容器に移充填している際に、セパレーターが破裂し、作業員が被災したものと推測されています。

 冷凍設備から回収された冷媒を取り扱うときには、冷媒の漏洩とともに、ホース、付属品、容器等の破裂等には十分注意して行うようお願いします。

冷凍設備の修理等を行う際の法令遵守の徹底について

 令和元年11月2日に、佐賀県において二酸化炭素を冷媒として使用している冷凍設備の修理中に1名の方が死亡される事故が発生しました。この事故は、冷凍設備の安全弁の交換の際、元栓が閉められていない状態で安全弁を取り外したため、二酸化炭素が漏洩し、作業員が被災したものと推測されています。

 冷凍設備の修理等を行うときには、高圧ガス保安法に基づく冷凍保安規則第9条第3号(第14条第2号において準用する場合を含む。)に定められた次の事項を遵守してください。

  1. 修理等をするときは、あらかじめ、修理等の作業計画及び当該作業の責任者を定め、修理等は、当該作業計画に従い、かつ、当該責任者の監視の下に行うこと又は異常があったときに直ちにその旨を当該責任者に通報するための措置を講じて行うこと
  2. 可燃性ガス又は毒性ガスを冷媒ガスとする冷媒設備の修理等をするときは、危険を防止するための措置を講ずること
  3. 冷媒設備を開放して修理等をするときは、当該冷媒設備のうち開放する部分に他の部分からガスが漏洩することを防止するための措置を講ずること
  4. 修理等が終了したときは、当該冷媒設備が正常に作動することを確認した後でなければ製造をしないこと

 

 

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 消防局予防部規制課

住所:〒550-8566 大阪市西区九条南1丁目12番54号(3階)

電話:06-4393-6242

ファックス:06-4393-4580

メール送信フォーム