ページの先頭です

豪雨等の影響により自動火災報知設備の誤報・誤作動が頻繁に発生しています

2020年7月21日

ページ番号:509855

自動火災報知設備とは

 建物の天井に設置された「感知器」が火災発生に伴う煙や熱を感知すると、火災受信所(管理人室等)に設置されている「受信機」に火災発生場所を表示するとともに、「地区音響装置(警報ベル等)」が鳴動し、建物内に火災の発生を知らせることができる設備です。また「発信機」のボタンを押すことでも警報ベルを鳴動させることができます。

誤報・誤作動の主な要因について

 火災以外の要因(非火災報)によって、誤報・誤作動することがあります。

主な要因としては

1.雨や水道管等からの水滴が「感知器」の内部に入りこんで電気回路が不具合をおこす。

2.調理中の湯気やタバコの煙を感知する。

3.いたずら等で「発信機」のボタンが押される。

等があります。

誤報・誤作動が頻繁に発生すると

 実際に火災が発生した場合でも、誰も火災だと思わなくなってしまい、対応が遅れて被害が拡大してしまうことにもなりかねません。

建物の所有者、管理者にお願い

 定期的に点検を実施するとともに、雨水の浸入や水道管からの水漏れを防止するなど誤報・誤作動の要因をできるだけ排除して、自動火災報知設備の適正な維持管理をお願いします。

自動火災報知設備の警報ベルが鳴った場合の対応

 下記からフローチャートをご確認ください。

自動火災報知設備の警報ベルが鳴った場合の対応

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 消防局予防部規制課

住所:〒550-8566 大阪市西区九条南1丁目12番54号(3階)

電話:06-4393-6242

ファックス:06-4393-4580

メール送信フォーム