ページの先頭です

在宅酸素療養時の火災にご注意ください!

2021年9月14日

ページ番号:543780

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、在宅酸素療法を行う自宅療養者が増加しています。

在宅酸素療法を行う際は、火気の取扱いに十分注意してください。

火災事例

病気のため自宅で酸素吸入していた患者さんが、たばこを吸おうと火の点いたマッチを口元付近に近づけたところ、突然マッチの火が激しく燃え、経鼻カニューレ(酸素吸入用のチューブ)に燃え移りました。炎は瞬く間に経鼻カニューレを伝って延焼したため、この患者さんの着衣が燃えて重症のやけどを負いました。
  • 火災事例

酸素濃縮装置と経鼻カニューレ(左)と着衣が燃焼している状況(右)

在宅酸素療養中の喫煙による火災事故

  • 喫煙による火災事故
↑ 画像をクリックすると動画をご覧になれます。

火災になるまで

酸素は燃焼を助ける働きをします。酸素吸入によって、この方の口元付近は酸素濃度が高い状態となっていましたが、そこにマッチの火を近づけたために激しく燃え出し、火災になったと考えられます。ご紹介した事例はマッチの有炎火でしたが、たばこのような小さな火種でも激しく燃え出すことがあり、大変危険です。

酸素吸入中の火気の使用はやめましょう

酸素に火を近づけることは、非常に危険です!実験の様子からも経鼻カニューレが燃えると体のごく近くで激しく燃焼するため、重症のやけどを負う危険性がお分かりいただけます。患者さんが酸素吸入中に火気を使用しないことはもとより、家族や介護の方もご本人が火気使用されないよう徹底してください。

在宅酸素療法を受けている患者やその家族等にご注意いただきたい事項

  1. 酸素吸入中には、たばこを絶対に吸わないで下さい。高濃度の酸素を吸入中に、たばこ等の火気を近づけるとチューブや衣服等に引火し、重度のやけどや住宅の火災の原因となります。
  2. 酸素濃縮装置等の使用中は、装置の周囲2m以内には、火気を置かないで下さい。
  3. 火気の取扱いに注意し、取扱説明書どおりに正しく使用すれば、酸素が原因でチューブや衣服等が燃えたり、火災になることはありませんので、過度に恐れることなく、医師の指示どおりに酸素を吸入して下さい。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市消防局 旭消防署

〒535-0002 大阪市旭区大宮1丁目1番11号

電話:06-6952-0119

ファックス:06-6952-0125

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示