ページの先頭です

飲食店火災、「うちの店は大丈夫」って思っていませんか?

2019年9月9日

ページ番号:445426

中央区では、飲食店火災が多数発生しています!

 平成29年中、大阪市内全体で発生した飲食店火災(注)は72件で、うち23件は中央区で発生しています。

 また、中央区で平成29年中に発生した建物火災のうち、飲食店火災は43パーセントを占めています。

 飲食店火災の多くは、日頃の点検清掃やちょっとした注意で防ぐことができます。

 飲食店火災を防ぐポイントについて、確認していきましょう。

 

(注)出火区画用途が飲食店であるもの

飲食店火災の具体例は?

ダクト火災の実験

(ダクト火災実験の様子です)

 「焼肉店で客席の無煙ロースターに引火した」「厨房の排気ダクトに引火した」などの無煙ロースター火災やダクト火災が、中央区内で昨年9件発生しました。

 普段見えない部分だからこそ、定期的に清掃しましょう!

天ぷら油火災の状況

 また、天ぷら油を火にかけたまま忘れたり、他のことに気を取られてしまい火災となったケースも中央区内で昨年5件発生しました。

 調理中はその場を離れないことはもちろん、調理油加熱防止装置付きのコンロを使用していただくことも火災予防に有効です。

 上記以外にも、不注意や点検清掃不足が原因とみられる火災が発生しています。

  1. 調理中はその場を離れない
  2. 調理機器の周りには燃えやすいものを置かない
  3. 定期的に厨房部分の点検清掃をする

 これらの注意点を守り、火災予防を実践しましょう!

飲食店等に対する消火器設置基準の強化について

 あなたのお店に、消火器ありますか?

 平成28年12月に新潟県の飲食店から発生した「糸魚川市大規模火災」を受けて消防法令が改正(消防法施行令第10条第1項第1号ロ関係)され、火を使用する設備又は器具を用いる飲食店等は原則として、平成31年10月1日から消火器の設置が必要となりました。

 詳しくは大阪市消防局のホームページをご覧ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市消防局 中央消防署

〒540-0026 大阪市中央区内本町2丁目1番6号

電話:06-6947-0119

ファックス:06-6942-5745

メール送信フォーム