ページの先頭です

みんぱくんと学ぼう!民泊の防火管理

2018年12月17日

ページ番号:453706

今日からできる!火事に強い民泊のつくりかた講座

みんぱくん

(みんぱくん)はじめまして!

ぼくの名前は「みんぱくん」です!

民泊を運営する皆さん、あなたの民泊が火事に強く、ゲストに安心安全という最高のおもてなしができるようにお手伝いします!

よろしくお願いします!

ゲストさん

(ゲストさん)はじめまして!

民泊のヘビーユーザー、ゲストさんです!

みんぱくんとは大の仲良しだよ。

きょうはぼくも皆さんと一緒に勉強しようと思います!

ところでみんぱくん、民泊の防火管理って言うけど、民泊は他の建物とどうちがうの?どこに気を付けて何したらいいの?そもそも、火事ってそんなに多かったっけ?そんなに気を付ける必要ある?

 

(みんぱくん)おおお~!いきなり質問がいっぱい!これから順番に説明していくからね。

どうして必要なの?民泊の防火管理

(みんぱくん)さて、ゲストさん、大阪市内で平成29年中に火災って民泊以外も全部入れて何件ぐらい発生してると思う?

(ゲストさん)う~ん、最近火災が減ったって聞いたことあるから、、、100件ぐらい?

(みんぱくん)全然違う!!! 答えは918件。この火災で死傷者は184人約5億9000万円が灰になったんだ。確かに火災件数は減少傾向にあるけど、被害はまだまだ大きいんだ。

(ゲストさん)そ、そんなに!?どんな火災が起きたの?

(みんぱくん)お客さんを宿泊させる施設で起きる火災の原因はいろいろで、放火、たばこ、天ぷら油に加え、電気配線や電気器具が原因になるものもあるんだ。中でも放火は残念だけど他の火災原因に比べて焼損が大きくなりがちなんだ。

実際の火災事例を見てみよう。

 

  • ケース1 客室で壁付け照明にバスローブを掛け寝ていたところ、照明の熱でバスローブに着火し出火した。→ぼや
  • ケース2 バルコニーでエアコン室外機の電源配線接続端子部で、ほこりと湿気のためトラッキング現象が発生し出火した。→ぼや
  • ケース3 客室で宿泊客が吸殻をゴミ箱に捨てて退室したため、約45分後に出火した。→部分焼
  • ケース4 宿泊客がソファー、テーブル、マットレスを入口付近に移動させた後、ライターでマットレスに放火した→部分焼
  • ケース5 室内で占有者が火のついた新聞紙で放火した。→全焼

 

民泊はいろんな人が利用する。あらゆる可能性をいつも考えて! 「自分のところは火事にならない」って思わないことが大切だよ!

みんぱくん

民泊の防火管理のツボって?

(ゲストさん)ほんとだね~。こうやって火災事例を見ていると、施設側が気をつけなければいけないものもあるし、施設側だけで防げない火事もあるよね・・・。

(みんぱくん)そうなんだよ!だからポイントは大きく二つ!

  1. 火事になりにくくする
  2. 火事になったときの被害を小さくする

そのために何をしていくのか、詳しく見ていこう!

火事になりにくくするためのチェックポイント

  • 施設周辺に燃えやすい物が放置されていないか

    大阪市内の火災原因1位は「放火」なんだ!

    共用部や屋外に段ボールやごみなどを放置すると、放火される危険があるよ。

    また、放火に限らず、火災が発生したときに火勢を強める原因にも・・・。

    施設の中も外も狙われそうなものが無いか確認しよう!

 

    (参考)放火 (大阪市消防局ホームページ) https://www.city.osaka.lg.jp/shobo/page/0000148167.html

 

  • カーテン・カーペットなどは防炎品を使っているか

   炎が接しても容易に燃え上がらない「防炎品」を使用することで、火災の発生・拡大を防止することができるよ。

   特に、避難に時間を要する高齢者は、防炎品を使用することで、火災による被害の抑制や避難のための貴重な時間的余裕をつくることができるよ!

 

   (参考)防炎ってなぁに?-防炎の必要性-(大阪市消防局ホームページ) https://www.city.osaka.lg.jp/shobo/page/0000398922.html

 

  • 利用者に寝たばこの禁止やコンロの使用方法など、火事にならないための注意喚起をしているか

   寝たばこやコンロ火災は、ちょっとした注意で防ぐことができるんだ。

   利用者に注意喚起することで、火災リスクを減らそう!

 

   (参考)寝たばこ火災について (大阪市消防局ホームページ) https://www.city.osaka.lg.jp/shobo/page/0000144184.html

   (参考)コンロ火災について (大阪市消防局ホームページ) https://www.city.osaka.lg.jp/shobo/page/0000144213.html

ゲストさん

火事になったときの被害を小さくするためのチェックポイント

  • 火事の時に逃げられるように、通路に邪魔なものが置かれていないか

    火事の時は煙で視界が悪くなる。そんな時に通れるはずの通路が通れなかったり、邪魔なものにつまずいて避難できなかったら・・・。

    考えるだけで恐ろしいね・・・。

    過去にたくさんの死傷者を出した火災でも、避難経路が確保されていたら助かった命もあったはず。

    いざという時の大切な避難経路を今すぐチェックだ!

 

  • 避難経路のドアは非常時に鍵を使わず開けられるようになっているか

    逃げようと思って手を掛けたドアに鍵がかかってたら!?

    大阪市火災予防条例でも、避難口に設ける戸は屋内から鍵を使わずに開けることができて、開錠方法(たとえばサムターンの回す向き)を見やすい位置に表示するように決められているよ。

 

  • 避難経路図や避難方法を明記した注意書きが目につく位置に掲示されているか

    建物の構造が分からずに利用者が逃げ遅れてしまうことがないように、玄関ドアなど分かりやすい場所に掲示しよう!

    消火設備や避難器具の設置場所も記入しよう!

 

  • 火災時にすぐに駆けつけられるような体制を取っているか

    もしもの時にすぐに宿泊施設に駆けつけられるように、施設に掲示するなどして利用者や周囲に緊急連絡先を伝えておこう。

    周辺住民等に緊急時の際は協力してもらえる体制を構築しておくことも大切だよ!    

 

  • 消防訓練を定期的に実施しているか

    繰り返し訓練することで、パニックになりがちな緊急時にも必要な行動を取ることができるよ。

    消火・避難・通報・応急手当など、定期的に訓練しよう!

 

    (参考)自衛消防訓練ガイド https://www.city.osaka.lg.jp/shobo_chuo/page/0000446460.html

 

  • 外国人にも分かりやすい避難誘導や情報伝達の準備ができているか(絵やフリップボードを使う、やさしい日本語や英語を使うなど)

    火事の時に、海外からの利用者にどうやって今の状況を伝える?

    伝わりやすい誘導の方法や情報の伝え方を、日頃から意識して考えておこう!

   

    (参考)外国人来訪者や障害者等が利用する施設における災害情報の伝達及び避難誘導のあり方等に関するガイドライン」の手引き(総務省消防庁)

    http://www.fdma.go.jp/neuter/about/shingi_kento/h29/gaikoku_hinan/houkoku/gaidorain_tebiki.pdf別ウィンドウで開く

みんぱくんとゲストさん

お役立ちリンク集

  • 外国人宿泊者向け火災予防等について

    大阪市消防局のページです。 火事や救急要請時における119番通報要領、地震などの大規模災害時における避難場所や交通情報、たばこなど火気の取扱いや、消火器使用方法などの情報が掲載されています。

  • 火災調査担当の現場レポート「火事を知り!身を守る!」

    大阪市消防局調査鑑識の火災調査担当者が火災現場を調査した結果から、火災予防のために皆さんに知っていただきたいことや、火災から身を守るために心がけていただきたいことを紹介しています。 映像資料もたくさん!ぜひご覧ください。

  • 自衛消防訓練ガイド

    大阪市中央消防署の自衛消防訓練サポートページです。 自衛消防訓練の流れや、外国人や障がいをお持ちの方にも分かりやすい避難誘導や情報伝達についての解説があります。

  • 「民泊サービス」を提供する場合の注意喚起リーフレット別ウィンドウで開く

    総務省消防庁作成のリーフレットです。 同じ内容で日・英・中・韓、4か国語のリーフレットがあります。 日本語以外のリーフレットはhttp://www.fdma.go.jp/neuter/topics/fieldList4_19.html から取得できます!

安全安心は、最高のおもてなしです。

5つ星クラスの安全を、あなたの民泊で提供しましょう!

必ずできる!火災ゼロ@民泊!

エンジョイ セイフ オオサカ

※ このページで紹介した情報については、消防関係法令の規制外の指導も含まれています。

  詳しくは管轄の消防署にお尋ねください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市消防局 中央消防署

〒540-0026 大阪市中央区内本町2丁目1番6号

電話:06-6947-0119

ファックス:06-6942-5745

メール送信フォーム