ページの先頭です

消火器の不適切な点検事案が、中央区で発生しました

2019年9月20日

ページ番号:481282

消火器点検後、「こんなはずじゃなかった」を避けるために

中央区内の事業所から、消火器の点検に関するトラブルの報告が寄せられました。

今回のトラブルの内容をご紹介します。

どんな風に発生?不適切な消火器点検

中央区内の事業所に、点検業者のA社から「消火器の点検が必要です。今から点検に向かいます。」と電話があり、ほどなくA社従業員の男性が現れました。

「持ち帰って詰め替え点検します」と言って契約書にサインをさせ、持参した1本の消火器と引き換えに消火器4本を持ち帰りました。

翌日に代金を支払うよう請求されましたが、その時点でいつもの点検業者と違うことに気づきました。

どうすれば防げた?もしもの時はどうしたらいい?

今回のようなトラブルを避けるためのチェックポイントを確認してみましょう。

本当に出入り業者か確認!

不適切な点検業者は、出入りの業者を装ったり、消防署や町会等の依頼を受けているような印象を与えることがあります。

社内の担当部署などに確認を取り、本当に依頼すべき相手か確かめましょう。

ちょっと待って!押印・サイン!

「あやしいな」「よくわからないな」と思ったら、絶対に押印・サインをしないようにしましょう!

もしも被害に遭ってしまったら

もし被害に遭っても、クーリングオフが適用されるケースがあります。

また、被害の情報を消防署等の関係機関にお寄せいただくことで、同様の被害を防ぐことができるかもしれません。

すぐに関係機関にご連絡ください!

 

大阪市消防局 規制課  06-4393-6437

大阪市中央消防署  06-6947-0129

大阪市消費者センター(事業所は除く) 06-6614-0999

大阪府警察本部 悪質商法110番  06-6941-4592

大阪市産業創造館あきない・えーど 06-6264-9838

参考情報

消火器の不適切な訪問点検・販売・回収にご用心(リーフレット)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市消防局 中央消防署

〒540-0026 大阪市中央区内本町2丁目1番6号

電話:06-6947-0119

ファックス:06-6942-5745

メール送信フォーム