ページの先頭です

神棚や仏壇のローソクの火に注意しましょう!

2019年12月27日

ページ番号:490100

「11月某日に東淀川区で発生した火災事案です」と説明しています

 一般住宅の台所で、冷蔵庫の上に木製のボックスを置き、その中に神棚を飾っていました。

 居住者は、神棚のローソクに火をつけた後、その場を離れました。

 その後、ボックス内に立て掛けられていたお札がバランスを崩し、ローソクの火に向かって倒れたため、着火し火災となってしまいました。

 バランスを保っていたお札が倒れた原因としては、これまでの冷蔵庫の開閉に伴う振動によりバランスが失われたと考えられます。

小さな火でも大きな火災に繋がります

ろうそくが立てられた仏壇のイラスト

 ローソクは、私たちの生活の中で、ひと昔前までは、身近なものでしたが、最近では使用する機会も少なくなってきました。

 しかしながら、ご先祖様に手を合わせる際に仏壇のローソクに火を灯すことや、また、神棚を飾りローソクの明かりの下で神様に敬虔な祈りを捧げる方もおられます。

 ローソクは、大きく炎が揺らめくものから小さな火でじんわりと周りを灯すものまで、大小様々なものがあります。

 しかし、火が小さいからといって油断してはいけません。

 その火が何かに燃え移れば、小さい火でも大きな火災に繋がります。

ローソクが起因する火災

 ローソクに起因する火災は、平成30年中に大阪市内で発生した火災741件のうち15件でした。
大阪市内の発生状況について

平成28年

平成29年

平成30年

火災件数

   849

   918

   741

ローソクによる火災件数

    11

    10

    15

ローソクによる火災を防ぐには...

消防士が「次のことに注意してください!」と伝えているイラスト

1.ローソクに火をつけている間は、その場を離れない。

2.ローソク立ては、安定性のある不燃材のものを使用する。

3.ローソクの周りには、燃えやすいものを置かない。

4.マッチ等の燃えかすは、完全に消火する。

5.ローソク立ては、振動が発生しない安定した場所に設置する。

 上記で示したもの以外にも、最近では、ローソクの火の代りにLED電球を使用した電気式のローソクがあります。

 消し忘れの心配がある方や煙が気になるという方は、いかがでしょうか?

 今一度、我が家の仏壇や神棚を確認し、ローソクによる火災を防止しましょう!!

 大阪市消防局では、火災予防の啓発用に「火の用心アプリ」を公開しています。

 詳細については、大阪市消防局のホームページをご覧ください。

 「火の用心アプリ」

 住宅で発生する火災のメカニズムや注意すべきポイントを原因別に映像でご覧にただくことができます。

大阪市消防局火の用心アプリについてイラストで説明しています

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市消防局 東淀川消防署

〒533-0022 大阪市東淀川区菅原4丁目4番27号

電話:06-6320-0119

ファックス:06-6320-1984

メール送信フォーム