ページの先頭です

≪注意喚起≫平野区内の住宅火災による死者が増加しています

2020年3月17日

ページ番号:496545

住宅火災による死者が増えています!

住宅火災を消火している写真

平野区内において令和2年1月1日から3月4日までの火災件数14件の内11件が住宅火災、火災による死者は4名でありすべてが住宅火災によるものと昨年の同時期に比べて増加しています。寒さ残る時期で暖房器具を使用する機会があることや、空気が乾燥し、火災が発生すると拡大しやすくなっていますので、引き続き火の取扱いには十分お気を付けください。

そこで住宅防火から命を守る 7つのポイントー3つの習慣・4つの対策ー

統計によると、死者の発生した住宅火災の主な原因は、たばこ、ストーブ、こんろです。これらの火災を起こさないために「3つの習慣・4つの対策」を心がけましょう。

3つの習慣

習慣1 寝たばこは、絶対やめましょう。

習慣2 ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用しましょう。

習慣3 ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消しましょう。

4つの対策

対策1 逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置しましょう。

対策2 寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用しましょう。

対策3 火災を小さいうちに消すために住宅用消火器等を設置しましょう。

対策4 お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくりましょう。

住宅火災の現状について

全国における火災の概要

住宅火災の発生件数と死者数の推移
別ウィンドウで開く
時間帯別住宅火災の死者発生状況
別ウィンドウで開く
住宅火災の発火源別死者数
別ウィンドウで開く
住宅火災の死に至った経過別死者発生状況
別ウィンドウで開く
住宅火災の着火別死者数
別ウィンドウで開く

大阪市における火災の概要

大阪市における住宅火災の概要を表すデータ
別ウィンドウで開く
大阪市内において、火災による死者のほとんどが住宅火災によるものであり、その約74パーセントが逃げ遅れによって発生しています。

住宅用火災警報器の設置と適切な維持管理を!!

平成18年から新築住宅においての住宅用火災警報器の設置義務化により、住宅火災による死者は減少傾向にあります。

その大きな要因として住宅火災による死者のおよそ半数が逃げ遅れによるものであり、住宅用火災警報器による火災の早期発見により、逃げ遅れを防いでいることが考えられます。

住宅用火災警報器の有無による被害状況の比較を以下に載せます。

住宅用火災警報器の効果
別ウィンドウで開く

定期的な作動確認、故障があれば交換をしましょう。

住宅用火災警報器は、古くなると電池切れや機器の寿命などで、火災を感知しなくなることがあり、危険です。

定期的(1か月に1度が目安)に、住宅用火災警報器等が鳴動するかテストしましょう。

住宅用火災警報器の維持管理について
別ウィンドウで開く

火災予防についてさらに学ぶために

下記のリンクには火災予防に役立つ情報が掲載されています。ぜひご覧ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市消防局 平野消防署

〒547-0031 大阪市平野区平野南1丁目2番9号

電話:06-6790-0119

ファックス:06-6790-8101

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示