ページの先頭です

職場体験~新生野中学校~

2019年3月28日

ページ番号:461473

消防署の仕事を体験しよう!

2月7日、8日の2日間、新生野中学校の男子生徒4名が生野消防署へ職場体験に来ました。

職場体験1日目

消防署について

生野消防署の副署長にあいさつした後、地域担当の署員より、消防署の組織や業務について教養を受けています。
生野消防署の副署長より、生徒たち6名が消防署の組織について教養を受けているもの。
生野消防署の署員より、生徒たち6名が消防署の業務について教養を受けているもの。

救命講習

生徒たち4名に対し、救急隊より救命講習について指導しているもの。
生徒たち2人が訓練用の人形に対し、応急手当を実施。
生徒たち2人が訓練用の人形に対し、応急手当を実施しているもの。
消防隊の指導を受けながら、生徒たちが心肺蘇生法を体験。結構体力を消耗することを実感!
生徒たち4人が三角巾を使い、応急手当を学んでいるもの。
生徒たち4人が三角巾を使い、応急手当を学習。
三角巾を使った応急手当を勉強。三角巾で動かないように固定するって難しいね!

訓練に参加しよう!

消防車両展示し、救助隊より災害現場で使用する道具について生徒たち4名に説明しているもの。
救助隊員の指導を受けながら、災害現場で使用する道具エンジンカッターを生徒が体験しているもの。
救助隊員の指導を受けながら、災害現場で使用する道具エンジンカッターを生徒が体験。
救助隊員の指導を受けながら、災害現場で使用する道具チェンソーを生徒が体験しているもの。
救助隊員の指導を受けながら、災害現場で使用する道具チェンソーを生徒が体験。
救助隊は、人を救い出すために必要な道具を沢山所有しています。
救助隊の指導を受けながら人命救助で使う道具を体験しているもの。
救助隊の指導を受けながら人命救助で使う道具を体験。
救助隊の指導を受けながら人命救助で使う道具を体験したもの。
救助隊の指導を受けながら人命救助で使う道具を体験。
救助隊の指導を受けながら人命救助で使う道具を体験。結構重たいね。
生徒たち2名が協力して、倒れている人を安全な場所まで搬送しているもの。
生徒たち2名協力して、倒れている人を安全な場所まで搬送しているもの。
防火服を着装した上で、生徒たちで協力して、倒れている人を安全な場所まで搬送しよう!
生徒たちが防火服と呼吸器を着装した上で、消防ロープを持ちながら階段ダッシュしようとしているもの。
生徒たち2名が防火服と呼吸器を着装した上で、消防ロープを持ちながら階段ダッシュしているもの。
生徒たち2名が防火服と呼吸器を着装した上で、消防ロープを持ちながら階段ダッシュ。
防火服と呼吸器を着装した上で、消防ロープを持ちながら階段ダッシュ。ファイト!

消防トレーニングにも参加!

消防士が普段トレーニングとしている登はんを生徒たちも体験しているもの。
消防士が普段トレーニングとしている登はんを生徒たちも体験。
消防士が普段トレーニングとしている登はんを、生徒たちも体験しているもの。
消防士が普段トレーニングとしている登はんを、生徒たちも体験。
消防士が普段トレーニングとしている登はんを先生も体験しているもの。

消防士が普段トレーニングとしている登はんを、生徒たちにも体験してもらいました。精一杯頑張ってました!

駆けつけた先生にも挑戦していただきました。

職場体験2日目

始業開始

生徒たち4名が朝の体操を見学しているもの。
生徒たち4名が始業前点検を見学しているもの。
生徒たち4名は、署の日課である朝の体操・使用前点検を見学しました。

消防車をみてみよう!

生徒たち4名が実際に消防車を目の前にして、興味津々に話を聞いているもの。
生徒たち4名が実際に消防車を目の前にして興味津々に話を聞いているもの。
災害現場で使用する道具についての説明を熱心に聞いておりました。

消防署見学

生徒たち4名が望楼から生野区内を見渡しているもの。

望楼から生野区内を広く見渡すことができます。

生徒たち4名は、階段が火災が起きた時には煙や炎が入らないよう守られているの説明を受けているもの。

階段は煙や炎が入らないよう守られています。

生徒たち4名が東日本大震災のお話を聞いているもの。

生野消防署からも東日本大震災の応援に行ったんだよ。

生徒たち4名が火災予防啓発のDVDを観ているもの。

真剣にDVDを観て、火事の恐ろしさを学びました。

生徒たち4名が自動火災報知設備について説明を受けているもの。

自動火災報知設備は、どこで火災が発生したのか知らせます。

防火服を早く着装してみよう!

消防士は早く火災現場に到着するため、防火服も早く完全に着装します!みんなも頑張って挑戦してみよう!
生徒たち4名が防火服の着装を開始したもの。

防火服着装開始!

生徒たち4名が防火服を着装したもの。

生徒たちもみんな早く着装することができました。

消防車に乗り込もう!

生徒たちが防火服着装し、呼吸器背負い消防車に乗り込むところ。
生徒たちが防火服着装し呼吸器背負い消防車に乗り込んだところ。
生徒たちが防火服着装し呼吸器背負い消防車に乗り込むところ。
生徒たちが防火服着装し、呼吸器背負い消防車に乗り込んだところ。
生徒たちが防火服を着装し、呼吸器背負い消防車に乗り込むところ。
生徒たちが防火服を着装し呼吸器背負い消防車に乗り込んだところ。
生徒たちが防火服を着装し呼吸器背負い消防車に乗り込むところ。
生徒たちが防火服を着装し、呼吸器背負い消防車に乗り込んだところ。
防火服を着装し呼吸器を背負ったら消防車に乗ってみよう!みんな早く乗車できました。

では、放水してみよう!

生徒たち2名が協力してホースを延長しているもの。
生徒たち2名が協力してホース延長しているもの。
生徒たちが放水を体験しているもの。
生徒たちが放水を体験。
生徒が放水を体験しているもの。
生徒が放水を体験。
生徒たちで協力してホース延長し、放水を体験しました!水の勢いに一生懸命耐えています。

最後に

さまざまな訓練を通して得た体験を通じて、将来の防災の担い手となる人材が一人でも多く育ってくれることを願います!

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市消防局 生野消防署

〒544-0022 大阪市生野区舎利寺1丁目13番8号

電話:06-6731-0119

ファックス:06-6731-7044

メール送信フォーム