ページの先頭です

高圧ガス設備点検作業時の事故防止について

2020年8月19日

ページ番号:512096

 令和2年5月14日、三重県において、高圧ガス貯槽の開放作業中に1名の方が酸欠となり亡くなられる事故が発生しました。

 この事故は、法定検査に係る高圧ガス貯槽の開放作業において、作業者(現場責任者の立場にあり作業に熟練した方)がマンホールの開放直後に窒素雰囲気下の貯槽内へ入槽したため、被害に遭われたものでした。

 作業に熟練した方であっても、その危険性を十分に認識したうえで作業計画に従って作業し、また、作業に危険性や違和感がある場合は作業者相互に声掛けするなど、安全管理には一層注意していただきますようお願いいたします。

 

<高圧ガス貯槽点検時の注意例>

・作業の危険性を十分に認識する

・作業計画に従って作業を実施する

・不用意にマンホールの中をのぞかない

・貯槽への入槽時には酸素濃度の測定を実施する

・複数名により作業を実施し、相互に注意喚起を実施する

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市消防局 此花消防署

〒554-0021 大阪市此花区春日出北1丁目8番30号

電話:06-6461-0119

ファックス:06-6461-5572

メール送信フォーム