ページの先頭です

JR大阪城北詰駅でCPA事案による功績 JR西日本旅客鉄道株式会社駅員に感謝状贈呈

2019年7月30日

ページ番号:476604

JR西日本旅客鉄道株式会社駅員2名が胸骨圧迫、AEDを活用し蘇生

さる5月30日(木)、電車内で傷病者が突然意識消失し、数秒間痙攣、停車した大阪城北詰駅で2名のJR駅員等が胸骨圧迫やAEDを活用し迅速かつ適切な応急手当を実施したことにより、心拍が再開しました。

JR駅員の2名の方は普通救命講習を受講しており平素から救命に対する意識が高く、人命の救助に貢献した功績により、7月22日(月)本署署長室において感謝状を贈呈しました。


JR大阪城北詰駅勤務 山本達彦 様


JR大阪駅勤務 川北伸一 様


(左側から)山本達彦様 川北伸一様 都島消防署長 川原弘人


(一番左)大阪駅副駅長 密本 善寛 様(右から2番目)北新地駅長 森田 毅 様

JR西日本旅客鉄道株式会社北新地駅長 森田 様より

 社員にとっても今回の受賞は励みになり、併せて大阪支社内の社員へ人命救助について広く周知して行きたいと思います。

JR西日本旅客鉄道株式会社大阪駅副駅長  密本 様より

 大阪駅でも毎日のように急病人対応で救急の方にお世話になっておりますが、やはり初動対応の重要性を感じています。この度の表彰を機に、救急のみなさまが来ていただけるまでの非常に大切な時間でできることをしっかりとやっていくよう、駅全体として意識していきたいと思います。

 


救急車の前で記念撮影

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市消防局 都島消防署

〒534-0021 大阪市都島区都島本通2丁目1番8号

電話:06-6923-0119

ファックス:06-6923‐6444

メール送信フォーム