ページの先頭です

放置ボンベ撲滅週間について!

2018年10月4日

ページ番号:449017

放置ボンべ撲滅週間(10月23日~10月29日)


 放置ボンベ撲滅週間が、平成30年10月23日(火曜日)から平成30年10月29日(月曜日)までの7日間行われます。 

 各関係機関及び関係団体と協働し、市民の放置ボンベに対する危機意識の高揚を図り、放置ボンベによる災害を防止し、公共の安全を確保することを目的とします。

放置ボンベとは?

 放置ボンベ(放置容器)とは、空地に投棄されている容器や、事業所内で長時間使用されずに置かれている容器のことです。

放置ボンベは大変危険です!

 高圧ガスボンベは産業や医療のほか、私たちが生活をしていく上で欠かせないものです。この高圧ボンベの中には強い圧力がかかった状態でガスが入っているため、容器自体が錆びついていたりすると強度が低くなり、少しの衝撃で破裂する恐れがあります。

実際に高圧ガスボンベが破裂する事故が発生しています!

 平成26年、大阪市内の飲食店で高圧ガスボンベが破裂する事故が発生しました。営業時間外であったため、ケガ人はいませんでしたが、天井を突き破り、付近の調理設備が破損するなど大きな被害が出ました。この飲食店では、食品酸化防止用に窒素ボンベを買ったのですが、長期間使用せずに放置していたために錆びが生じ、その部分が圧力に耐え切れず破裂したと考えられます。

過去には痛ましい事故も・・・

 平成25年、大阪府内の事業所で高圧ガスボンベによる死亡事故が発生しました。事業所内に放置されていた酸素ボンベを処分しようと従業員がバルブに無理な力を加えたところ、バルブが吹き飛び酸素が一気に噴出。ロケット状態となって飛翔したボンベが約8メートル先にいた他の従業員に直撃したのです。

高圧ガスボンベが放置されたままになっていませんか?

放置ボンベの発見場所や使用場所での注意事項について例を挙げます。

放置ボンベの発見場所

こんなところに放置ボンベが!
  • ガレージ
  • マンションのごみ置き場
  • 建築現場
  • 大学
  • 工場
  • 飲食店
  • 空き地など

使用場所での注意点

飲食店で
  • ビール用炭酸ガスボンベ(緑色)
  • 酸化防止用の窒素ボンベ(ねずみ色)
  • 調理用のLPガスボンベ(ねずみ色)
  • いけす用の酸素ボンベ(黒色)

 ➡使用せずに放置していませんか?水がかかって錆びていませんか?

空きテナントで
  • 退去した飲食店がボンベを置いたままにしていませんか?
事業所で
  • 溶接用のアセチレンボンベ(褐色)や酸素ボンベ(黒色)

 ➡いつからあるか分からない、誰が使っていたか分からないボンベはありませんか?

皆様のお宅で
  • 調理、湯沸し用LPガスボンベ(ねずみ色)
  • 在宅酸素療法用の酸素ボンベ

 ➡使用しないでボンベをベランダや押し入れの奥に置いたままにしていませんか?

  • 熱帯魚水槽での水草育成用の炭酸ガスボンベ(緑色)

 ➡水がかかって錆びていませんか?

放置ボンベにご協力お願いします!

 大阪からボンベによる死傷者や事故をなくすため、皆さまのお力をお借りできませんか?

放置ボンベを発見したら!!

  • ボンベは一時的に販売店より借りているものがほとんどです。使用後は必ず返却しましょう。
  • ボンベが錆びていたり、変形していたら、絶対に触らないでください。
  • ボンベに表示されている電話番号へ連絡してください。
  • 所有者不明や、電話番号が表示されていない場合はお近くの消防署予防担当(保安担当)までご連絡ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市消防局 天王寺消防署

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町8丁目5番10号

電話:06-6771-0119

ファックス:06-6771-3293

メール送信フォーム