ページの先頭です

ご存知ですか?火災による死者の多くが高齢者です!

2021年9月1日

ページ番号:514279

住宅火災による高齢者の死者の状況

住宅火災による高齢者の死者の状況(平成27年~令和元年)

大阪市内では、平成27年から令和元年までの5年間で住宅火災が2,159件発生しています。また、これらの火災により122人(放火自殺者を除く)がお亡くなりになっており、このうち高齢者(65歳以上)は92人と、全体の死者数の75.4%を占めています。

住宅火災による高齢者の死者に関する各データ(平成27年~令和元年)

死者が発生した住宅火災の出火原因として多いのは、「たばこ」です。特に、寝たばこや吸い殻の不始末による火災が多いので、寝たばこは絶対にしない、吸い殻は水で完全に消火するようお願いします。

別ウィンドウで開く

高齢者が全体の75.4%をも占めています。


別ウィンドウで開く

出火原因別では「たばこ」が最も多くなっています。


別ウィンドウで開く

高齢者は逃げ遅れがほとんどです。
早期発見、早期避難が非常に重要であるといえます。

大阪市立大学と共同分析をしました

高齢者火災の分析と対策について、大阪市立大学 生田研究室と大阪市消防局の共同分析結果です。

高齢者火災の分析と対策について

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

火災予防に関するアプリ・資料のご紹介

  • 火の用心アプリ

    火災が起こる状況や気をつけるポイントを、出火原因別に30秒の映像でご覧いただくことができます。

  • 火事を知り!身を守る!

    火災から身を守るために心がけていただきたいことを紹介しています。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市消防局 鶴見消防署

〒538-0052 大阪市鶴見区横堤5丁目5番45号

電話:06-6912-0119

ファックス:06-6912-6043

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示