ページの先頭です

家庭内での転倒

2021年12月1日

ページ番号:523196

年齢層別搬送者数
年齢層別の傷病程度の内訳
発生場所別の救急搬送件数

家庭内での転倒・ 転落を見てみると

  • 負傷者 12,263人のうち、 70 歳以上の方が 8,513人であり、 全体の約 70 %を占めています。 次に、60歳代 、10歳未満の年代に多く発生しています。
  • 傷病程度では、軽症と中等症がほとんどを占めますが、高齢者では、入院に至る中等症の割合が増えています。
  • 傷病程度では、重症、死亡の割合も高齢者が多くなっています。
  • 発生場所区分別でみてると、多くが居室で発生しています。

予防のポイント

  • 家の中を整理整頓する。(雑誌や新聞紙、ビニール袋など滑りやすいものを床に置かない、コードの整理)
  • 階段に滑り止め、手すりをつける。また、子どもがいる家庭は、階段に柵などをつける。
  • 靴下の裏に滑り止めなどをつけておく。お風呂場の場合には、転倒防止マットを敷く。
  • 子ども(特に幼児)に常に目を配り、声をかけること、そして足場になるものを置かない。
  • 夜間、廊下階段などを通行する場所には証明をつけるなど明るくする。
  • ベビーベッド、ベビーチェアは安全ベルトをつけるなどして、転落防止を図る。乳幼児は、ベッドや椅子、ソファーなどの上で遊ばせない。
  • 家の中はできるだけ段差が少ないようにする。
  • 夜中、トイレに行く際に転倒するリスクを減らすため、簡易トイレをベッド近くに配置することも予防法のひとつです。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。