ページの先頭です

令和4年春の火災予防運動を実施します!

2022年2月22日

ページ番号:559191

令和4年春の火災予防運動


春の火災予防運動ポスター
作者:大空小学校6年 澤田 知 さん

令和3年度 大阪市防火標語
人と人 つなぐ命は 防火から
作者: 乾 加奈 さん

目的

この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、火災予防思想の一層の普及を図り、もって火災の発生を防止し、高齢者を中心とする死者の発生を減少させるとともに、財産の損失を防ぐことを目的として実施します。

実施期間

令和4年3月1日(火曜日)から3月7日(月曜日)までの一週間

実施内容

  1. 住宅防火対策の推進
  2. 乾燥時及び強風時の火災発生防止対策の推進
  3. 放火火災防止対策の推進
  4. 防火対象物における防火安全対策の徹底
  5. 消防法令違反を生じさせない取組の推進
  6. 製品火災の発生防止に向けた取組の推進
  7. 多数の者が集合する催しに対する火災予防指導等の徹底
  8. 車両火災予防
  9. その他
  • 効果的な広報活動の推進
  • 消火器の技術上の規格を定める省令の改正に伴う注意喚起
  • 消毒用アルコールの安全管理の推進
  • 在宅酸素療法時の火気使用に関する注意喚起

住宅防火 いのちを守る 10つのポイント

―4つの習慣・6つの対策―

4つの習慣

  1. 寝たばこは絶対にしない、させない。
  2. ストーブの周りに燃えやすいものを置かない。
  3. こんろを使うときは火のそばを離れない。
  4. コンセントはほこりを清掃し、不必要なプラグは抜く。

6つの対策

  1. 火災の発生を防ぐために、ストーブやこんろ等は安全装置の付いた機器を使用する。
  2. 火災の早期発見のために、住宅用火災警報器を定期的に点検し、10 年を目安に交換
    する。
  3. 火災の拡大を防ぐために、部屋を整理整頓し、寝具、衣類及びカーテンは、防炎品を
    使用する。
  4. 火災を小さいうちに消すために、消火器等を設置し、使い方を確認しておく。
  5. お年寄りや身体の不自由な人は、避難経路と避難方法を常に確保し、備えておく。
  6. 防火防災訓練への参加、戸別訪問などにより、地域ぐるみの防火対策を行う。

関係リンク

  • 住宅防火関係 住宅用火災警報器を設置しましょう!別ウィンドウで開く-(総務省消防庁)
  • 住宅用火災警報器の維持管理別ウィンドウで開く-(一般社団法人 日本火災報知機工業会)
  • 住宅防火推進協議会ホームページ別ウィンドウで開く-(住宅防火推進協議会)
  • SNSリンクは別ウィンドウで開きます

    • Facebookでシェア
    • twitterでツイートする
    • LINEで送る

    探している情報が見つからない

    このページに対してご意見をお聞かせください

    入力欄を開く

    ご注意

    1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
    2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
    3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

    このページの作成者・問合せ先

    大阪市消防局 鶴見消防署

    〒538-0052 大阪市鶴見区横堤5丁目5番45号

    電話:06-6912-0119

    ファックス:06-6912-6043

    メール送信フォーム

    このページへの別ルート

    表示