ページの先頭です

当局が施行する工業用水道給水施設工事の事務処理について

2017年6月27日

ページ番号:206485

1 目的

 工事申込者から受託し、当局が工業用水道給水施設工事(以下 給水施設工事と言う)を施行するにあたり必要な事務処理について定める。

 

2 施行体制

 請負施工とする。

 

3 施行範囲

 給水施設工事に係る土工、管布設並びに撤去及び舗装一次・二次復旧工事。

 別表1に定める施工対象工事に限る。

 

4 施行方法

 「給水装置工事の配水管からの分岐方法について」(昭和56年6月1日課長決)並びに、請負施工とする工事の仕様書によることとする。

 

5 事務処理

 (1)工事申込

 工事申込者から、給水施設工事の申し込みがあれば、給水課が現地調査の上、工事図面を作成するとともに単価表の単価により工事概算金を算出し、請負工事費として工事申込者より徴収する。

 また、給水課は、調査資料及び作成した工事図面を水道センターに送付し、申し込みがあった旨を通知する。

 (2)許可申請

 水道センターは施工実態に応じた道路工事許可申請(道路使用許可・道路占用許可)を行う。

 (3)施工指示

 水道センターは道路工事許可書が交付されれば、ただちに施工指示書(様式-1)を作成し、受注者に交付する。

 施工日時については、工事申込者あるいは、その代理人と調整し決定すること。 

 (4)仮請書提出

 受注者は指示書を受理後、即日もしくは翌日に仮請書(様式-2)を水道センターに提出する。

 (5)請負工事費の精算

 工事の精算は各旬の出来高をもって行うこととし、工事完成届、工事完成出来高明細書、給水施設工事完成届(様式-3)、完成図を提出し、内訳として出来高集計表(様式-4)を添付すること。

 なお、請書及び工事完成出来高明細書の審査・照合は、出来高集計表により行う。

 (6)竣工図面の整理

 精算が完了した竣工図面は、当該給水装置竣工図面(設計書)に添付する。

 また、図面入力業務受注者へ送付し、ファイリング処理を行う。

 (7)給水課への報告

 出来高精算したものは、工事完成届、出来高集計表により給水課へ報告する。

 (8)給水施設工事の清算

 給水施設工事費の清算は、水道センターから報告のあった給水装置工事完成届、出来高集計表により給水課で行う(別紙-1)。

 

   附則

 この規程は、平成23年4月1日から実施する。

   附則

 この規程は、平成27年4月1日から実施する。

   附則

 この規程は、平成28年7月1日から実施する。

   附則

 この規程は、平成29年5月1日から実施する。

 

(別表-1)

(様式-1)

(様式-2)

(様式-3)

(様式-4)

(別紙-1)

別表・様式等

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。
Microsoft社 Word Viewerのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
docファイルを閲覧できない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

似たページを探す

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市水道局工務部給水課

〒559-8558 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビル ITM棟9階

電話:06-6616-5480

ファックス:06-6616-5489

メール送信フォーム