ページの先頭です

図面基準

2013年2月22日

ページ番号:208045

1 総則

  この基準は、大阪市水道局における図面の作成ならびに管理基準を定めるものである。

2 作成基準

 2.1 図面の大きさ

  2.1.1  図面の大きさは、JIS PO138「紙加工仕上寸法」のうちA1を原則とする。ただし、これによることができない場合は、A2~A3を使用し、また、A1の長辺を整数倍したものを使用することができる。(表-1参照)

  2.1.2  青写真(陽画を含む)用の原図の大きさは、2.1.1による仕上寸法より縦横とも20ミリメートル程度大きくし、原図には仕上寸法どおり裁断線を入れる。(図-2参照)

  2.1.3  図面の輪郭は、表-1および図-1に示すところによる。

  2.1.4  図面を設計書等にとじ込む場合は、付図に示すところに従って標題欄が表面に出るように折りたたむ。なお、その折りたたんだ大きさは、B5を標準とする。

 2.2  標 題 欄

  2.2.1  標題欄は、図面の右下すみに設け、次の事項を記入する。

      作成年月日

      図面番号(3管理基準に定める対象図面のみ記入)

      設計ならびに施工主管課・係名及び認印又は署名

      図   名

      尺   度

      

  2.2.1  標題欄の様式は図-3のとおりとする。ただし、別に様式の定められた図面についてはそれによる。

 2.3  尺   度

  2.3.1  製図の尺度は、次の18種を標準とする。ただし、これによることができない場合は、別の尺度によることができる。

      5/1,2/1,1/1,1/2,1/5,1/10,1/20,1/50,1/100,1/200,1/300,1/500,1/1000,1/2000,1/3000,1/5000,1/10000,1/50000

  2.3.2  尺度は、図面ごとにその標題欄に記入する。なお、同一図面中に異なる尺度を用いるときは、標題欄のほかに図ごとにその尺度を記入する。ただし、一部分にのみ異なる尺度を用いるときは、図面中の大部分を占める図の尺度を標題欄に記入し、異なる尺度のみをその図の近くに記入してもよい。

 2.4  記入方法

  2.4.1  図面の記入方法は、墨入れ又は鉛筆仕上げとし、1枚の図面ではいずれか1種類に統一する。

  2.4.2  文字及び線の濃度は、一定にしなければならない。鉛筆仕上げの場合は、Hから4Hまでを使用し、均一なラインウエイトで鮮明に記入する。

  2.4.3  文字の大きさは、4ミリメートル角以上とする。

  2.4.4  輪郭線は、1本の太い実線とし、装飾的なものは用いない。

 2.5  しゅん工図面原図の作成

  2.5.1  しゅん工図面原図または、2.1~2.4の基準による。

      ただし、設計図面原図又は、承認図面でしゅん工図面原図を代用する場合もこれに準ずる。

  2.5.2  しゅん工図面原図の作成は、施工主管課が行ない、標題欄の施工欄に責任者が認印又は署名した後設計主管課に送付する。

 2.6  関係規格・規定の準用

    作図一般、断面等その他この基準に定めのない事項については、JISZ8302「製図通則」その他の関係規格・規定を準用する。

3 管理基準

 3.1  対象図面

    この基準による管理の対象となる図面(原図を含む。以下同じ。)は、次のとおりとする。

   (1) 土地関係の地籍図、実測図、丈量図および現況図

   (2) 建物、構造物、電気機械および通信関係のしゅん工図面、並びに行政当局に提出する申請図等。

   (3) 導送配水管及びこれに付随する属具・機器のしゅん工図面並びに行政当局に提出する申請図等。ただし、切図等適時補正を行う図面類は除く。

   (4) 給水装置および給水施設関係図。ただし給水装置工事しゅん工図等適時補正を行う図面類は除く。

   (5) 各種検査機器関係図。

   (6) 対象図面から切り離せない試験成績書、取扱説明書等。

   (7) 主管課長が特に必要と認めた図面。

 3.2  保管年限

    この基準により管理する図面の保管年限は、無期とする。

 3.3  管理方法

  3.3.1  図面の管理は、原則として各設計主管課(以下「管理担当課」という。)において行なう。

  3.3.2  管理担当課長は、管理担当者を定め図面台帳により図面を管理する。

  3.3.3  図面には、1枚ごとに図面分類表に基づいて図面番号を付ける。図面番号は、原則として管理担当課で記入する。

  3.3.4  施工主管課から図面の送付を受けたときは、管理担当課はこれを確認した後標題欄の設計欄に責任者が認印又は署名する。

 3.4  図面分類表

    図面分類表は、別記1のとおりとする。

 3.5  図面台帳

  3.5.1  図面台帳の様式は別記2のとおりとし、管理担当課において作成する。

  3.5.2  図面台帳は、少なくとも年1回補正しなければならない。

   【添付・表-1】

   【添付・図-1~3】

   【添付・別記】

   【添付・付図】

別表・様式等

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。
Microsoft社 Word Viewerのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
docファイルを閲覧できない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。
Microsoft社 Excel Viewerのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
xlsファイルを閲覧できない場合には、Microsoft社のサイトから Excel Viewer をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

似たページを探す

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市水道局総務部総務課(法務監査担当)

〒559-8558 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビル ITM棟9階

電話:06-6616-5403

ファックス:06-6616-5409

メール送信フォーム