ページの先頭です

単価契約による請負工事の1設計当りの施行限度額について

2014年12月22日

ページ番号:208739

単価契約は、小規模工事において、事務の合理化、能率化を図るために、総価契約に対する特例として運用している事、又中小企業保護育成のため、工事発注の機会を増やす事などを考慮して、次案のように取りあつかう。

 

                                                                                                                                                  案

1 対象工事

単価契約により施行する下記の請負工事とする。

給水装置整備工事

2 設計限度額

1設計における設計金額(工事予定額)は、800万円を限度とし、これを超える場合は、分割して設計する。

3 分割の方法

分割は、施工状況を十分考慮し、1区画街路を基準に分割する。

4 その他

設計金額が800万円を超えるもので、分割して施工できないと判断される場合は、給水課と協議する。

 

附則

この規定は、昭和60年7月1日から実施する。

附則

この規定は、平成9年5月1日から実施する。

附則

この規定は、平成20年5月7日から実施する。

附則

この規定は、平成23年5月1日から実施する。

附則

この規定は、平成26年4月1日から実施する。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

似たページを探す

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市水道局工務部給水課

〒559-8558 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビル ITM棟9階

電話:06-6616-5480

ファックス:06-6616-5489

メール送信フォーム