ページの先頭です

散水栓の設置工法について

2013年7月5日

ページ番号:208747

 散水栓は主として地盤より下に設置されていたが、環境衛生並びに水質保全のために、今後は地盤より上に(図例1、2)設置するよう指導されたい。

 ただし、施工上やむを得ず散水栓を地盤より下に設置する場合は、上記理由にてボックス(保護箱)の中に、溜り水等で汚染しないように必ず排水設備を行うこと。排水に用いる管の大きさ(呼び径)は25mm以上とする。(図例3)

(注)

 散水栓に限らず各種の「栓類、器具等」を地盤より下に設置し、ボックス等で保護するもの(例えば、水道メータ・止水栓・制水弁・消火栓等)についても同様に留意されたい。

  【添付・図例1~3】

図例2 地盤から上に設置 

図例3 地盤から下に設置 

 

別表・様式等

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。
Microsoft社 Word Viewerのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
docファイルを閲覧できない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

似たページを探す

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市水道局工務部給水課

〒559-8558 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビル ITM棟9階

電話:06-6616-5480

ファックス:06-6616-5489

メール送信フォーム