ページの先頭です

給水施設工事の設計業務委託総価契約に伴う事務処理要領について

2018年2月21日

ページ番号:427442

1 目的

 この要領は、総価契約による給水施設工事の設計業務に伴う事務処理の順序及び手続き等を定める。

2 対象

 請負設計を行うのは、原則として道路工事調整が必要なものとする。

3 設計業務指示手続き

(1)設計業務の指示手続きは、給水課が行う。

(2)設計業務指示決裁は、定例決裁簿(様式1)により行う。

(3)設計業務の指示については、当該水道センターの管轄区域で契約されている受注者に行う。

(4)決裁の専決権限は、「大阪市水道局部課長専決規定」(昭和41.4.14管理規定3)による。

4 設計指示書の交付及び仮請書の受領

(1)設計業務発注決裁の後、設計指示書(営特3-753)を2部作成し、受注者に交付する。

(2)設計指示書の交付を受けた受注者は、設計指示書下欄の仮請書(営特3-753)を1部給水課へ送付する。

5 設計業務の施工及び監督

(1)着手前書類を各1部受注者から給水課へ提出させる。

(2)設計業務の施工は、業務委託共通仕様書及び関係規定等によることとし、受注者の監督は給水課が行う。

6 業務完成届の受領及び精算

(1)設計業務が完了すれば、設計審査を行い、「業務完成届」及び「業務完成出来高明細書」(各様式は業務委託共通仕様書による。)及び「業務区分別出来高報告書」(様式2)を各2部受注者から提出させる。なお、同時に調書(調特2-234)2部及び「設計業務出来高数量表」(様式3)を提出させ、請書は給水課が確認後、管財課へ提出させる。

(2)精算手続きは、「請負契約の方式及び中間出来高支払に関する基準」(昭和45年3月31日局長決)1の(4)により行う。

(3)設計図書等の請負検収は、給水課が行う。

(4)事業請負成績書は、配水管工事設計業務等の成績評定基準書に基づき作成する。

 

附則

  この規定は、昭和62年6月1日から実施する。

附則

  この規定は、平成4年3月2日から実施する。

附則

  この規定は、平成17年3月31日から実施する。

附則

  この規定は、平成17年12月1日から実施する。

附則

  この規定は、平成20年5月7日から実施する。

附則

  この規定は、平成23年5月1日から実施する。

附則

  この規定は、平成28年7月1日から実施する。

様式

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。
Microsoft社 Word Viewerのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
docファイルを閲覧できない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市水道局工務部給水課

〒559-8558 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビル ITM棟9階

電話:06-6616-5480

ファックス:06-6616-5489

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示