ページの先頭です

大阪市水道局発注の工事に係る不適正施工問題について(第4報)

2019年3月20日

ページ番号:465718

 大阪市水道局では、平成29年4月、特定の施工業者(受注業者・下請業者)が施工に関わった水道局発注の22件の工事において仕様書と異なる埋戻材料が使用されている旨の外部通報を契機として、不適正施工問題の調査を実施してきました。(平成29年11月10日別ウィンドウで開く及び平成30年2月16日別ウィンドウで開く平成30年3月30日別ウィンドウで開く報道発表済)
 本調査においては、全容解明をめざし、平成24年4月以降に完成した道路掘削を伴う全ての工事を対象に、調査対象を施工業者のみならず、埋戻材料の販売業者や製造業者の協力を得ることにより、適正・不適正に峻別する徹底した追跡調査を行い、今般、その結果がまとまったので、公表するものです。
 また、本不適正施工問題により、市民・お客さまの信頼を損ないましたことを、深くお詫び申し上げます。

1 調査結果

 平成29年4月から平成31年2月までの調査により、全調査対象1,445件のうち1,117件で不適正な施工があることが判明しました。なお、受注業者及び下請業者ともに廃業等で確認できなかったものが28件ありました。
 また、施工業者数については、本調査の調査対象は559者であり、そのうち、不適正工事に関与したのは452者、廃業等であったのは5者でした。

表 調査結果

2 不適正施工を行った事業者への契約制度上の措置

 調査により判明した不適正施工に関与したもの(452者)のうち、平成29年度に既に停止措置を行い今回の停止措置の対象とならないもの(16者)及び現時点において本市の入札参加資格を有しないもの(44者)を除く392者について、平成31年3月20日から3か月の入札参加停止措置を行いました。

 また、一連の調査の過程で、配管形態が設計と異なる施工をしたもの(5者)が確認されたので、不正又は不誠実な行為に該当するものとし、同日付けで入札参加停止措置を行いました。

3 道路の安全性の継続的な確認

 不適正な施工が行われた道路については、本来規定されている道路構造と異なる材料が使用されている状況にあります。工事を発注した当局としては、適正な材料へ入れ替える措置が必要となりますが、道路の安全性について責任をもって確認することとして、次の調査を実施することで継続的に路面の状況を把握し、道路に異常や損傷が見られた時点で修補(材料の入れ替え)を実施します。

  • 健全度調査:当該道路の現状の健全度を確認する非破壊検査を実施(平成31年(2019年)12月まで)
  • 路面性状調査:経年による道路の異常や損傷の有無を確認

4 損害賠償金の請求

 上記の調査結果等を踏まえ、不適正施工に関与した事業者に対し、調査費用を含め損害賠償等の請求を行います。

5 職員の関与等に関する調査

 平成30年5月から、不適正施工への当局職員の関与等について、調査の客観性を担保するため、外部監察専門委員に調査を委ねており、当局としては全面的に協力をしています。この外部監察専門委員による調査の結果、職員による関与等が確認された場合には、厳正に対処します。
 また、当局としても自己点検を行いながら、原因を分析し、施工業者による不正行為が二度と起こらない工事監理体制を構築するとともに、職員のコンプライアンス意識の一層の向上を図り、組織風土の刷新を行うべく取り組んでいきます。

報告書

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

このページの作成者・問合せ先

不適正施工に関すること
水道局工務部工務課(技術監理担当) 
住所:〒559-8558 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATC ITM棟9階
電話番号:06-6616-5740 ファックス番号:06-6616-5529

参加停止措置に関すること
水道局総務部管財課
住所:〒559-8558 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATC ITM棟9階
電話番号:06-6616-5660 ファックス番号:06-6616-5469

探している情報が見つからない