ページの先頭です

漏水修繕をしたときの減量制度

2019年9月10日

ページ番号:480142

漏水を修繕したときは、お客さまセンターへお問い合わせください!

 漏水を修理した場合、水道料金を減額できる場合がありますが、状況によって異なりますので、お客さまセンターにご連絡ください。漏水減額の申請方法をご案内いたします。
 なお、減額できる場合でも、漏水により増えたと考えられる水道料金の全てを減額することはできませんので、ご了承ください。

漏水減量制度の概要

 水道局の配水管から、各ご家庭等へ分岐している給水管やご使用されている給水用具、受水槽等(以下「給水装置」といいます。)につきましては、お客さまが所有されている財産ですので、お客さまご自身で管理をしていただくものになります。

  上記のことから、水道メータで計量した水量(以下「計量水量」といいます。)に、給水装置からの漏水量が含まれていましても、その水量にかかる水道料金等につきましては、原則、お客さまにお支払いをしていただくことになります。

  しかしながら、地中に埋設されている給水管等の給水装置からの漏水につきましては、お客さまが直ちに漏水修繕を修繕業者へ依頼されたとしても、修繕に時間を要する場合等があり、結果、水道料金等が高額になることがあります。

  漏水減量制度は、漏水によるお客さまの負担を軽減することを目的として、関係規定等の要件を満たす場合に限り、計量水量から漏水量の一部を減量し、水道料金等の減額を受けることができる制度です。なお、漏水の修繕料は対象外になります。

  ただし、本制度の適用を受けましても、漏水量の全てではなく、一部(注釈参照)を減量し、一部はお客さまに負担していただくため、普段、お支払いいただいている水道料金等よりは高くなりますので、あらかじめ、ご了承ください。

  (注釈) 減量の上限は、漏水量の50%、1か月分(漏水が1か月を超える場合は、2か月分まで)になります。詳しくは、下記の「漏水減量のイメージ図」をご参考ください。

漏水減量のイメージ図


このページの作成者・問合せ先

大阪市水道局総務部お客さまサービス課お客さまセンター

電話:06-6458-1132

ファックス:06-6458-2100

メール送信フォーム