ページの先頭です

大阪市水道局テレワーク実施要綱細則

2020年12月2日

ページ番号:520156

第2条関係 

1 育児・介護その他特別な事情がある職員とは、以下のとおりとする。

(1)中学校就学前の子を養育する必要がある職員(保育所等への入所の有無は問わない)

(2)負傷、疾病又は老齢により2週間以上にわたり日常生活を営むのに支障がある者の介護を行う必要がある職員

(3)その他の特別の事情とは、けが・妊娠等により負担が大きい状況であることを指す。

2 対象者の範囲は、職員、一般任期付職員、再任用フルタイム職員とし、再任用短時間職員、臨時的任用職員、会計年度任用職員は、業務内容等を考慮のうえ、管理監督者の判断によるものとする。                                

3 承認基準は、次の3点を総合的に考慮した上で、管理監督者が承認する。

(1)対象者が要件を満たしているか

(2)実施者がテレワークによって業務遂行が可能である業務に従事しているか

(3)実施者の業務状況や職場状況を踏まえ、テレワークの実施に差し支えがないか

第3条関係 

1 テレワークの実施頻度、単位は以下のとおりとする。

(1)原則として週2日以内

(2)1日単位又は半日単位相当(午前、午後を目安とする)
 なお、半日で実施する際は、職場での勤務時間とテレワークの実施時間をあわせて、実勤務時間7時間45分を確保すること。(移動時間は勤務時間に含まない。)
 また、職場での始業時刻及び終業時刻が、通常の勤務時間の開始時刻及び終了時刻となるよう、勤務時間を設定すること。

2 勤務時間及び休憩時間

(1)通常の勤務時間(9時から17時30分)を原則とする。時差勤務取得者の勤務時間は取得時間に準ずる。

(2)育児・介護その他特別な事情によりテレワークを実施する場合は、その事情に応じて、5時から22時までの間で合計7時間45分の勤務時間を割り振ることも可能とする。

(3)通常の休憩時間(12時15分から13時)を基本とするが、育児・介護その他特別な事情によりテレワークを実施する場合は、事前に申請し、承認を受けた場合、変更可能とする。

(4)勤怠の取扱は、自宅への出張とする。なお、テレワーク中の出張旅費は支給されない。

 附則 

 この要綱細則は、平成30年12月1日から施行する。

 附則 

 この要綱細則は、令和2年7月1日から施行する。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

似たページを探す

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市水道局総務部職員課

〒559-8558 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビル ITM棟9階

電話:06-6616-5420

ファックス:06-6616-5419

メール送信フォーム