ページの先頭です
メニューの終端です。

まちができる

2011年4月1日

ページ番号:66226

 わたしたちの住む住之江区は、明治の初めのころ大阪府住吉郡と呼ばれ、紀州街道にそった粉浜・安立付近にかなりの家がならんでいました。住吉大社の近くでは、住吉まいりをする人で、にぎわったので、名物を売る店が並んでいました。今も神社の前には、昔からの店がわずかながら残っています。
そのほかは、海辺のさびしい村で、粉浜から西は、ほとんど家がなく、一部の畑をのぞいては、沼地ばかりでした。
 また、敷津地区は、ほとんどが田畑で、米・はだか麦・綿・野菜などを作っている農村でした。十三間川や大和川から引かれた用水路が、田畑の中をたて横に通り、小船で田畑を行き来したり、農作物を運んだりしていました。
十三間川より西は、江戸時代からの新田の工事が進み、陸地が前よりも広がっていきました。
 1889年(明22)に、粉浜村・安立町・墨江村・敷津村の4つの村ができました。
第一次世界大戦[1914年(大3)]がおこると、木津川にそって、たくさんの造船所や工場ができ、そこへ通う人の家が、北加賀屋あたりにたくさん建ちはじめました。それでも、十三間川や水路はきれいで、ふなやめだかが泳いでいましたし、木津の青物市場に、農作物を運ぶ船がのんびり行き来していました。
 1925年(大14)、このあたりは、大阪市住吉区になりました。それでもまだ空き地や、田んぼや畑などがたくさんあり、魚とりや、とんぼとりができました。人口も少なく、店は粉浜付近に少しあるだけで、買い物は不便でした。
大阪市になる前の町や村 1925年(大14)ごろ

大阪市になる前の町や村 1925年(大14)ごろ

大阪市になる前の町や村 大阪市になる前(大正のころ)

大阪市になる前の町や村 大阪市になる前(大正のころ)

探している情報が見つからない