ページの先頭です
メニューの終端です。

平成28年度 住之江区運営方針

2017年6月8日

ページ番号:343403

運営方針は「施策の選択と集中」の全体像を示す方針として毎年度策定しているものです。

運営方針の進捗管理(中間)を実施しました。その結果について、様式2・3の「中間振り返り」欄に反映しています。 (平成28年10月7日)

運営方針の進捗管理を実施しました。その結果について、「自己評価」欄に反映しています。

平成28年度 住之江区運営方針

区の目標(何をめざすのか)

住之江区に住み、働き、学ぶ人々が、未来への夢と希望を持って、安心・安全に、いきいきと、そして幸せに暮らすまち  

区の使命(どのような役割を担うのか)

  1. 人々が、未来への夢と希望を持つまちをつくること
  2. 住之江区のまちを、誰もが憧れるブランドとすること
  3. 豊かな地域コミュニティ・多様な協働・自律的な地域運営などによって、小さな行政のもと大きな公共を担う活力ある地域社会をつくること
  4. 災害に強いまちをつくること
  5. 若い世代が輝き、子どもが育ち力をつけ、高齢者がいきいきと年齢を重ね、企業・商店が光る、幸せなまちをつくること

平成28年度 区運営の基本的な考え方(区長の方針)

  • 将来を担うこどもたちの学習意欲を高め、学力の向上を図るとともに、教育環境の整備をさらに進める。
  • 保育サービスの充実により、現役世代が安心して子育てができ、働くことができる環境を改善・充実させる。
  • 地域活動協議会の取組への支援、地域におけるCBやSBの促進や多様な活動主体のネットワーク拡充支援を行うとともに、地域公共人材の充実に引き続き取り組む。
  • 区の特性に応じたきめ細かな防災・減災の仕組みの構築に取り組む。
  • 街頭犯罪の抑止に向けた取り組みを強化し、住みやすい、安全なまちづくりに努める。
  • 「ふだんのくらししあわせプラン」により地域福祉活動を支援し、地域福祉力の強化を図る。
  • 利用者の視点に立った区民サービスを提供することで、区役所における区民サービスのより一層の向上を図る。
  • 不祥事根絶に向けたコンプライアンスの確保や個人情報漏えいなどを未然に防ぐための事務処理手続き適正化に取り組む。

重点的に取り組む主な経営課題(様式2)

経営課題1

【経営課題1の概要】
・学力向上と教育環境の整備、子育て支援や住之江のブランド化などの取組を進め、未来に向けて輝くまちづくりを進める。

【主な戦略】
・学力向上と教育環境の整備

【主な具体的取組(28年度予算額)】
・日本漢字能力検定受検支援において、区内小学校各1学年から新たに小学校7校2学年及び中学校4校に対象を拡大【28予算額:3,471千円】
・区内市立中学校の実用英語技能検定受験を引き続き支援【28予算額:1,406千円】
・夏休みや冬休みといった長期休業中に学習支援を行う学習指導員の派遣(区内全小・中学校)において、1校の派遣時間数を拡大(90時間→104時間)【28予算額:6,932千円】

経営課題2

【経営課題2の概要】
・自律的な地域運営が全ての地域で行える体制づくりや多様なつながり(マルチパートナーシップ)の推進によるまちづくりの支援を行う。

【主な戦略】
・自律した地域運営の支援
・多様なつながり(マルチパートナーシップ)の推進によるまちづくり

【主な具体的取組(28年度予算額)】
・中間支援組織と連携し、地域公共人材を活用しながら地域資源(ヒト、モノ、カネ、情報)が有効に活用され、地域課題の解決が図られる取組への支援【28予算額:20,852千円】
・様々な活動主体がつながり、新たなまちづくり活動が生まれるよう、きずなステーションの運営や企業・NPO・学校・地域交流会開催などに取り組む。【28予算額:1,790千円】

経営課題3

【経営課題3の概要】
・地域自主防災組織の「自助」「共助」による災害への備えができることで、災害発生時に被害が極力軽減することをめざす。また、街頭犯罪の発生が少なく、区民が安心して暮らせるまちをつくる。

【主な戦略】
・地域の防災力向上
・区災害対策本部の防災力の向上
・防犯カメラの増設

【主な具体的取組(28年度予算額)】
・区民を対象とした防災に関する講演会や出前講座の開催及び各種防災訓練実施の支援【28予算額:3,913千円】
・初期初動対応を担う緊急区本部員や直近参集者等職員に対し研修及び区災害対策本部設置運用訓練を実施【28予算額:1,247千円】
・地域、警察等と連携して、街頭犯罪抑止に効果的な防犯カメラを街頭犯罪が多発する地域に増設【28予算額:4,799千円】

経営課題4

【経営課題4の概要】
・こども、高齢者、障がい者を含むすべての区民が、地域で支えあえるまちづくりをすることで、幅広い世代がくらしやすいまちをつくる。

【主な戦略】
・すべての人が豊かに暮らせるまちづくり
・区をあげた要援護者の見守り、虐待防止の推進
・「咲洲ウェルネスタウン計画」の推進

【主な具体的取組(28年度予算額)】
・「ふだんのくらししあわせプラン」概要版の配布や区の広報媒体の活用による周知を行うとともに、各地域で説明会やワークショップなどの開催により、プランの認知度向上の取組を進める。【28予算額:651千円】
・「見守りあったかネット事業」の推進により、要援護者の見守り体制を構築【28予算額:6,638千円】
・人材不足の介護事業所と、生活困窮者の就労をマッチングし、介護人材の循環の仕組みを立ち上げる【28予算額:1,920千円】
・「咲洲ウェルネスタウン計画」における取組事業を順次実施【28予算額:8,365千円】

経営課題5

【経営課題5の概要】
・区政会議などで区民ニーズや意見を集約し、施策や事業の改善および新たな展開に反映

【主な戦略】
・区の施策の方向性を決定する仕組みづくり
・区民から信頼される利便性の高い区役所づくり
・区役所の情報発信機能の強化

【主な具体的取組(28年度予算額)】
・区政会議を引き続き開催し、区政の課題などについて議論していただく。いただいたご意見や評価については、施策への反映度を向上させる【28予算額:535千円】
・窓口サービス検討委員会を引き続き月1回開催し、毎月の接遇目標を設定し、来庁者からの評価を受けることで、その結果を検証し、改善へとつなげていくことで、窓口サービスの向上を図る【28予算額: - 】
・若年層に人気のFacebook、LINEを活用し、若者や子育て層への情報発信を強化する【28予算額: - 】

現行の「市政改革の基本方針」に基づく取組等(様式3)

【主な取組項目】
・内部統制の推進

【取組内容】
・所属内講師によるコンプライアンス研修及びヒヤリ・ハット研修の実施
・朝礼や実務者会議などにより、不適正事務の根絶に向けた事例共有と取組の徹底

【主な取組項目】
・改革を推進する職員づくり

【取組内容】
・若手職員中心のミーティングを定期的に実施
・他の担当課職員とのグループディスカッションや接遇研修の実施

平成28年度 住之江区運営方針 (平成29年6月8日更新)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

改定履歴

平成28年度 住之江区運営方針改定履歴

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

策定経過

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市住之江区役所 総務課

〒559-8601 大阪市住之江区御崎3丁目1番17号(住之江区役所4階)

電話:06-6682-9625

ファックス:06-6686-2040

メール送信フォーム