ページの先頭です
メニューの終端です。

平成30年9月20日開催しました!リアルな防災を考える

2019年1月9日

ページ番号:444081

地域福祉の視点から防災について考える講演会を開催しました

SAlive(さらいぶ)実行委員会では、高齢者、こども、医療の必要な人、障がいのある人、女性、外国語を母国語とする人、家族同様にペットを愛する人、といった多様な人たちがいる現状を踏まえて、災害が起こったときに備えて、日頃から家族や仲間と話しておくことの大切さと、防災を特別でない日常の中にあるものとして考えるという視点で防災について考えています。

今回、SAlive実行委員会の「地域福祉視点のリアルな防災訓練」を実施したいという思いに、ご賛同いただいた、住之江連合地域活動協議会と多様な人たちが参加する防災訓練に取り組むための事前講座として行われました。

講演内容について

阪神淡路大震災、東日本大震災の被災地等で障がいのある人を最前線で支援してきた、認定NPO法人ゆめ風基金の八幡隆司氏を講師に迎え  「誰もが安心して過ごせる避難所とは」をテーマに講演いただき、高齢者、障がいを持つ方、子どもなど支援を要する方々の災害時の避難について学びました。あわせて、自主防災組織力向上アドバイザー京谷隆司氏による「大和川水位上昇による避難勧告等発令時の避難訓練について」の講演も行いました。

9月20日開催当日の様子

会場の様子

当日は住之江地域の方をはじめ、たくさんの方にご来場いただきました。

長田会長より挨拶の様子

住之江連合地域活動協議会 長田会長の挨拶の様子です。

杉村委員長より挨拶の様子

SAlive実行委員会 杉村委員長の挨拶の様子です。

八幡氏による講演の様子

NPO法人 ゆめ風基金の八幡 隆司さんによる講演 「誰もが安心して過ごせる避難所とは」の様子です。

開催概要

※終了しました

講演テーマ:

19時30分~「大和川水位上昇による避難勧告等発令時の避難訓練について」

       講師 大阪市危機管理室 自主防災組織力向上アドバイザー 京谷 隆司氏

20時15分~「誰もが安心して過ごせる避難所とは」

       講師 NPO法人ゆめ風基金理事 八幡 隆司氏

日時:9月20日(木曜日)19時30分~21時 受付19時15分より

場所:住之江小学校 講堂

対象:どなたでも

定員:100名(先着順)

申し込み:不要

費用:無料

住之江連合地域活動協議会 SAlive実行委員会 共催

講師紹介

講師 八幡 隆司(やはた たかし)

講師:八幡 隆司(やはた たかし)

1957年 大阪府生まれ。NPO法人ゆめ風基金理事・事務局長。1957年生まれ。
1979年 知的障害者授産所施設指導員。
1982年 障害者の働く場「豊能障害者労働センター」設立。20代から障害者授産所施設職員、障害者団体が運営する事業所職員として障害者の介護や事業運営にかかわる。
1988~2004年 大阪府箕面市議。
1995年1月 兵庫県南部地震障害者救援本部を設立し、全国のネットワークの協力を得て阪神間の障害者支援にあたる。同年4月、ゆめ風基金呼びかけ人になる。東日本大震災、熊本地震においても発災直後から被災地に入り、障害者の支援にあたってきた。被災地での経験から「障がい者市民防災提言集」や「防災ハンドブック」などを手がける。

※主な著書「原発震災、障害者は…消えた被災者」 八幡 隆司 青田 由幸【共著】

リアルな防災訓練に向けて

今回の講演で学んだことをもとに、SAlive実行委員会では、地域福祉視点のリアルな防災訓練を実施したいというSAlive実行委員会の思いにご賛同いただいた、住之江地域と10月13日に訓練を実施しました。詳しくはこちら

左 大阪市危機管理室 京谷氏 中央 住之江連合地域活動協議会 長田会長 右 SAlive実行委員会 杉村委員長

(左)大阪市危機管理室 京谷氏
(中央)住之江連合地域活動協議会 長田会長
(右)SAlive実行委員会 杉村委員長

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市住之江区役所保健福祉課福祉グループ
住所: 〒559-8601 大阪市住之江区御崎3丁目1番17号(住之江区役所1階)
電話: 06-6682-9857 ファックス: 06-6686-2039

このページへの別ルート

表示