ページの先頭です
メニューの終端です。

研修生7名がカナダ バンクーバーから帰国しました

2020年1月8日

ページ番号:478790

カナダ研修を終えて~研修生×住之江区長 座談会~

令和元年7月21日(日曜日)にカナダへ出発した研修生7名が16日間の研修を終え、無事に令和元年8月5日(月曜日)に帰国しました。

帰国後、令和元年8月19日(月曜日)に研修生、住之江区長、保護者及び学校関係者等と報告会を行いました。

第一部では、研修生とカナダ研修に同行していた添乗員から、研修先のブリティッシュ・コロンビア大学での様子やアクティビティの様子などの報告がありました。イングリッシュレッスンでは、現地の先生が厳しくも温かく英語を教えてくださったこと、レッスン後は世界各国からの留学生や現地の学生とスポーツなどを楽しんだことを報告してくれました。昼休みなどの休憩時間も、日本人同士で固まることなく、積極的に海外の友達作りに励んでいたようです。笑顔あふれる写真の数々や、興奮気味に話す様子から、研修生たちが毎日をエネルギッシュに活動していたことがよくわかりました。

 

研修生と添乗員からの報告の様子
別ウィンドウで開く
現地での様子2
別ウィンドウで開く
現地での様子3
別ウィンドウで開く
現地での様子4
別ウィンドウで開く

第二部では、区長と研修生による座談会を行い、研修生それぞれが感じたこと、自分自身がどう変化したか、この経験を活かしてこれから何を頑張っていくのかなど、思い思いに語りました。全員が口をそろえて「研修に参加して本当に良かった」「また海外でチャレンジしたい」と夢を膨らませました。海外経験の豊富な西原区長は、「様々な国の方と触れ合って、日本人との違いが見えたと思う。でも、おなかがすいたら食事をするし、眠くなった寝る。同じ部分がたくさんあるということにも目を向けてほしい」と語りました。

その後、大阪市立水都国際中学校・高等学校のジョン副校長先生と英語で会話をしました。ジョン先生から「カナダの食事は気に入った?」「研修中、一番驚いたことは何?」など、英語で様々な質問をされ、研修で学んだ英語で頑張って答えていました。
ジョン先生は、「一番大切なことは英語ができることではない。自信を持つことが一番大切。それから努力。この2つがあれば、みんなの目標は叶えられるでしょう」と語りました。

座談会の様子1
別ウィンドウで開く
座談会の様子2
別ウィンドウで開く
ジョン先生との英会話の様子
別ウィンドウで開く
研修生と区長の集合写真
別ウィンドウで開く

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市住之江区役所 総務課

〒559-8601 大阪市住之江区御崎3丁目1番17号(住之江区役所4階)

電話:06-6682-9625

ファックス:06-6686-2040

メール送信フォーム