ページの先頭です
メニューの終端です。

私のぼうさいアクションプランについて考えよう!

2019年10月25日

ページ番号:480729

私のぼうさいアクションプランニング  ~ 住之江区防災人材育成事業 ~

 ※ 当日、午前9時時点で大阪市域に暴風警報が発表されている場合は、延期とします。

 住之江区は、川と海に囲まれた地形であり、南海トラフ巨大地震発生時には大阪市内で最も早くに津波が到達することが想定されるとともに、大和川の洪水による被害も懸念されており、自助・共助・公助による防災力の強化が求められています。

 これまで各地域においては、避難訓練や避難所開設運営訓練など、地域の防災力向上に取り組まれていますが、子育て世代の参加が少ないといった課題もあります。

 また、博報堂による「子育てママの防災準備調査」(※博報堂ホームページ)別ウィンドウで開くでは、子育てママたちが強い不安を感じる災害のトップは「地震」(96.7%)、災害に対する不安は「こどもと離れ離れになること」「こども連れで避難できるか」「こどものけがや病気」などがあげられています。また、子どもを持つことで防災への関心が高まった人は9割以上だが、災害への備えは全くできていない人が4人に1人と、防災についての関心は高まり、家族と防災について話している人は多いが、実際に備蓄をしている、非常用持ち出し袋を用意しているなど、行動を起こしている人はあまり多くないのが現状です。

 そこで、災害に備えようと思っていてもなかなか実行に移せていない子育て世代の方々を対象とし、防災の基礎知識、住之江区の地域のリスクやICT利活用による情報収集など、多様な視点から防災を楽しく学んでいただく講座を開催します。

1 キックオフセミナー ぼうさいを知ろう(令和元年9月23日開催)

「キックオフセミナー ぼうさいを知ろう」開催内容はこちら

2 災害に備えるワークショップ(全4回)※詳細が決まり次第、順次ホームページを更新していきます。

(1)私のぼうさいアクションプランニング講座Vol.1(令和元年10月19日開催)

「私のぼうさいアクションプランニング講座Vol.1」開催内容はこちら

(2)私のぼうさいアクションプランニング講座Vol.2

    ~ AR(拡張現実)たいけんまちあるき編(第2回) ~

                ※定員に達したため、募集を締め切りました

ARたいけんまちあるきチラシ(表面)
別ウィンドウで開く

AR(拡張現実)たいけんまちあるき編チラシ(表面)

ARたいけんまちあるきチラシ(裏面)
別ウィンドウで開く

AR(拡張現実)たいけんまちあるき編チラシ(裏面)

概要

日時:令和元年11月17日(日曜日)9時30分~12時(集合9時15分)

集合:住之江区役所3階会議室(大阪市住之江区御崎3-1-17)

対象:住之江区内に在住・在勤している子育て中の保護者と子ども(定員30名)

    ※乳幼児連れの方は、無料で託児サービスをご利用いただけます。

     (事前予約が必要です)

    ※定員が超えそうな場合は、受付をお断りすることがあります。

内容:このまちあるきでは、防災AR(拡張現実)アプリを活用し、身近な地域を実際に歩きます。浸水や倒壊の危険区域など、災害発生時の状況や注意すべき点がタブレット上に表示されることで、よりリアルな避難行動シミュレーションを行います。また、防火水槽や津波避難ビルなどの災害時活用施設の位置も確認します。

※AR(拡張現実)とは、実在する風景にバーチャルの視覚情報を重ねて表示する技術のこと

過去に開催されたARたいけんまちあるきの写真

【参考】過去に開催されたARたいけんまちあるきの様子

ARたいけん画面の写真1

ARたいけん画面1

ARたいけん画面の写真2

ARたいけん画面2

ARたいけん画面の写真3

ARたいけん画面3

まちあるきコースについて

スタート&ゴール:住之江区役所

 住之江区役所周辺 約2kmのコースを歩き、最後に区役所にて振り返りを行います。ベビーカーでの参加も可能です。

 小雨決行・荒天中止、中止の場合は、お申込み時のメールあてにお知らせします。

申込方法

申込締切:令和元年11月14日(木曜日)

 こちらのwebフォームからお申込みください。別ウィンドウで開く(※今回の申込みは終了しました。)

 

(お問い合せ)大阪市立大学地域連携センター

  電話:06-6605-2068

  メールはこちらから

大阪市立大学ホームページはこちら別ウィンドウで開く

私のぼうさいアクションプランニング講座Vol.2

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

(3)SNS活用編(第3回)

 災害時、自分の地域の災害情報を共有するツールとしてSNSの活用が有効とされています。実際の活用方法について参加者で検討します。

  • 日時:令和元年12月ごろ
  • 場所:未定
  • 内容:ICTを活用した災害時情報発信のためのネットワークづくり

 

(4)ICTを活用したアクションプランづくり編(第4回)

 これまでの体験をふまえて、自宅から避難所までの避難経路の確認、家族との連絡方法を盛り込んだ、あなたの家族専用の「ぼうさいアクションプラン」を作ります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    

  • 日時:令和2年1月ごろ
  • 場所:未定
  • 内容:ICTを活用した災害時情報発信のためのネットワークづくり

3 みんなで話そう!ぼうさいカフェ

 今までの講座を振り返って、「できたこと」「できなかったこと」「これからしたいこと」について話しましょう。課題を明らかにし、今後につなげていきます。また、区役所から修了証を交付いたします。

※ウェブサイトの防災学習教室受講者もご参加いただけます。

日時:令和2年2月ごろ

場所:未定

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市住之江区役所 協働まちづくり課 

〒559-8601 大阪市住之江区御崎3丁目1番17号(住之江区役所4階)

電話:06-6682-9734

ファックス:06-6686-2040

メール送信フォーム