ページの先頭です
メニューの終端です。

ふだんのくらししあわせレポートその22 どこ行くの?地域で見守る!徘徊模擬訓練

2021年3月22日

ページ番号:481484

ふだんのくらししあわせレポートその22

徘徊模擬訓練で徘徊する高齢者役に声をかける参加者

徘徊模擬訓練の様子です。徘徊する高齢者役に介護事業所の方と民生委員さんが声かけをしています。

ふだんのくらししあわせレポートについて

地域福祉ってなんでしょう?

住之江区では、ひとりではできないことも、2人以上の人々がつながって知恵と力と思いを合わせることで「ふだんのくらしのしあわせ」をつくり出し支えあうことだと考え、ふだんのくらししあわせプラン~住之江区地域福祉計画を策定しています。

ふだんのくらししあわせレポートでは、住之江区の「ふだんのくらしのしあわせ」を作り支える方々をご紹介しています。

ふだんのくらししあわせレポートその22 どこ行くの?地域で見守る!徘徊模擬訓練

令和元年8月30日(金曜日)に加賀屋福祉センターにて、加賀屋東地域あったかネットサポーター養成講座として徘徊模擬訓練を開催しました。

高齢化や認知症患者の増加から、区内でも徘徊する高齢者への対応が課題となっています。住之江区では平成31年度における安立地域での開催の後、各地域で徘徊模擬訓練への取り組みが広がっています。

今回は、加賀屋東地域で見守り活動に関わる町会役員、民生委員、あったかネットコーディネーター、地域包括支援センター等福祉の専門職、区社会福祉協議会や区役所保健福祉課の職員に加え、地域の企業等が参加し、徘徊する高齢者の方にどのように声かけをするか、各支援機関がどのように連携するかについて、ロールプレイング方式の演習に取り組みました。

開催概要

日時

令和元年8月 30 日(金曜日)19 時 ~21 時

場所

加賀屋福祉センター

内容

認知症に関する講座

見守りや声かけ、支援機関の連携の演習

認知症についての講座

認知症の症状や認知症の人への対応についての講座の様子

認知症初期集中支援チームさざんかオレンジチームからは認知症の症状や認知症の人への対応についての説明がありました。

見守り名簿の活用について

住之江区見守り相談室からの要援護者名簿等についての説明

見守り相談室からは高齢者や障がい者等の見守りに関わる、要援護者名簿についての説明がありました。

演習

会場の中を町に見立て、医療機関や金融機関、徘徊する高齢者の自宅や地域の福祉会館、民生委員の自宅等が設けられ、参加者は実際の自分の職業や役割に沿って演習に参加しました。

今回は二つの事例について演習を行いました。

一人暮らしの高齢男性の事例
商店で困った様子の徘徊する高齢者役と対応する店員役の様子

町に見立てた会場内を徘徊する高齢者役が歩き、商店に立ち寄ります。

介護事業者が民生委員に連絡をしている様子

徘徊する高齢者を担当する介護事業者役が地域の民生委員に連絡し相談しているところです。

夫婦二人暮らしの高齢男性の事例
病院から抜け出し徘徊している高齢者の様子

けがをして入院している病院から抜け出してしまったという設定の高齢者役の様子です。

タクシーを利用しようとする徘徊する高齢者役の様子

実際に認知症の高齢者の方の対応をされたこともあるタクシー会社さんに運転手役をしていただきました。

警官役に相談する高齢男性の妻役の様子
別ウィンドウで開く

夫が病院からいなくなったと連絡を受け、妻役が警官役に相談をしています。

参加者からの感想や意見等

郵便局

毎日とは言いませんが、認知症の高齢者に対応した事例はあります。地域と連携して対応し、役立てるようにしたいと思います。

駒姫タクシー

地域に根ざした営業を行っています。区との見守りに関する協定も締結しています。今後も協力していきたいと思います。

アプロ

何かの役に立てればと思っています。今後も協力したいと思います。

南大阪医療生協

組合員といろんな取組みをしています。高齢者のたまり場も用意しています。

大阪シティ信用金庫

認知症の方を見かけたら声をかけるようにしています。今後も協力したいと思います。なお、特殊詐欺が巧妙化しているので注意喚起をお願いします。

日本薬局

地域に薬局の存在を知ってもらい、連携の一翼を担っていきたいです。

総合相談窓口(ブランチ)

たくさんの方に相談に来てもらっています。介護がすべてではなく、いろいろな力を集めて対応できればよいと思います。気づいた人が気になることを気軽に相談してもらえたらと思います。

南港病院

今回の訓練で扱ったような事例はたまにあり、関係機関と協力して捜索し対応しています。

南大阪病院

地域の方がたと一緒に考え、地域に出向いて見守りの取り組みに参加することができればと思います。

区役所保健福祉課(高齢担当)

警察で徘徊している認知症の方を保護した後に、問い合わせが来ることは日々あります。本日の訓練は地域のみなさんや企業の方がたが参加され、それぞれの立場で声掛けや連携について関心を持っていただいており、心強いです。認知症の方が住みやすいまちについて考えていただければと思います。

民生委員長

本日の会場である「加賀屋福祉センター」には、時々区役所と間違えて来所される方がいます。先日も自分の住所が言えない方が来られて対応しました。5人に1人が65歳以上の高齢者となってきています。今は大丈夫と思っていても誰しもいずれ認知症になるかもしれません。

区長

誰にでも認知症になる可能性があります。誰かを助けることが自分が助けられる際にも生かされるような地域にしていきたいです。いろいろな人が迅速に連携できればと思います。

副区長

訓練などをとおした体験が気づきにつながります。いろいろな地域でこのような訓練などの取り組みを進めていきたいと思います。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市住之江区役所 協働まちづくり課地域支援

〒559-8601 大阪市住之江区御崎3丁目1番17号(住之江区役所4階)

電話:06-6682-9734

ファックス:06-6686-2040

メール送信フォーム