ページの先頭です
メニューの終端です。

《注意して‼》防災資料配布のためなどと不審な問い合わせ電話が多発‼

2020年11月12日

ページ番号:518868

 大阪市内において、「防災資料の配布のため、世帯人数を教えて」「災害が起こった際に助けに行くから、あなたの家に老人は何人?」「あなたは自分で立って歩くことができますか?」などと、消防職員を装った人物から電話がかかってくる事案が多発しています。

 消防署からこういった内容のことを電話で聞くことはありませんので、不審だと感じたら、一人で対応せず、家族や警察に電話で相談してください。

 警察、消防と連携して区役所も情報把握しております。

 警察から「あんまちメール」も送信しています。

 特殊詐欺や強盗などをするために事前調査していることも考えられます。

 皆さま、このような電話につきましては、くれぐれもご注意願います。

 

消防署を名乗る不審な電話一覧
 令和2年7月10日 14時10分頃消防局と名乗る人から、「高齢者を優先的に避難させるチラシを作っています。何年そこに住んでいますか?」などの不審電話あり。 
 令和2年7月30日 14時30分頃男性の声で「消防署ですが、この度、消防署で会議があり、今後大きな災害が起きた場合は、老人から救助することとなった。お宅は老人が何人おられますか?」との不審電話(非通知)あり。
 令和2年8月上旬 15時頃 大阪市消防局を名乗り、「高齢者の避難の心得についてのパンフレットを配布したい。家族構成を教えてほしい。」との不審電話あり。
 令和2年10月2日 16時30分頃 若い男性の声で「消防署のものですが、災害のためのパンフレットを配ることになりました。お宅は何人家族ですか?」との不審電話(非通知)あり。
 令和2年11月6日

 13時30分頃

 15時頃

 「大阪府消防本部A課スズキですが、助けに行くときの参考に、老人は何人いますか?」や「消防署のものだが、年寄り優先避難のための防災資料を人数分配布するため、世帯人数を教えてほしい」などの不審電話が3件あり。
 令和2年11月6日 昼頃

 自宅に電話があり、受話器をとると相手方は無言のままで、こちらが名乗ると「消防署です。」と話し始め、「震災対策用として、ご自宅の世帯状況をお聞きしたい。」という内容。世帯状況を伝えたところ一方的に切れたもの。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市住之江区役所 協働まちづくり課 

〒559-8601 大阪市住之江区御崎3丁目1番17号(住之江区役所4階)

電話:06-6682-9974

ファックス:06-6682-9798

メール送信フォーム