ページの先頭です
メニューの終端です。

ICTを活用した地域力の強化

2021年10月12日

ページ番号:546446

スマホとパソコンのイラスト
別ウィンドウで開く

ICT を活用した地域力の強化

 住之江区役所は、子どもから高齢者まで、住之江区で暮らし、学び、働くすべての人が、自分の将来に夢と希望を持って、地域など、周りの人々と幸せに暮らすことのできるまちをめざし、令和3年4月「住之江区将来ビジョン」を策定しました。

 住之江区の名前の由来のとおり、住みよい区、すなわち “e-SUMINOe” を私たちの「めざす将来像」とし、その将来像に向け、「育む」「愛しむ」「備える」の3つを柱に、施策を推進します。

 めざす将来像に向けた「育む」「愛しむ」「備える」の様々な施策を進めていくために、次の指針を定めています。

  • ICTとは「Information and Communication Technology」の略で、パソコンやスマートフォンなどさまざまな形状のコンピュータを使った情報通信技術のことです。

ICT による身近な区行政の実現

 区民の皆さんにより身近な区行政を実現するため、様々な場面に適したICT ツールを効果的に活用し、あらゆる世代が日常の生活、活動に必要な行政情報等に迅速かつ手軽にアクセスできるよう、情報発信の強化を進めます。また、わざわざ区役所窓口にお越しいただいていた行政手続きについて、パソコンやスマートフォンなどを使っていつでもどこからでも手続きできるよう、オンライン化を進めます。

活力ある地域社会づくりのためのICT の活用

 住之江のまちをより活力ある地域としていくために、多様な人々が活動し交流しやすい環境づくりが大切です。このため、地域活動の様子や歴史・文化等の取組みをデジタル化し、地域との協働型で構築する発信・交流サイトを開設することにより、インターネットを通じて、いつでもどこでも容易に学び・参加し・交流できる環境づくりを進めます。

取組

株式会社NTTドコモによる「スマホ教室」の開催

 令和3年度は大阪府の取組と連携し、モデル実施として、住之江区内3地域で「スマホ教室」を開催しました。

【大阪府の取組】
 大阪府では、先端技術の活用による府民の生活の質(QOL)の向上をめざし、地域課題の解決や行政のデジタル化の推進に取り組んでいます。その一環として、高齢者をはじめとした府民のデジタル活用を支援することにより、「デジタルデバイド(情報格差)」の解消を図り、誰もがデジタル化の恩恵を受けられる社会を実現するため、大阪スマートシティパートナーズフォーラム会員企業・団体と連携し、様々な取組みを進めています。(大阪府ホームページはこちら別ウィンドウで開く

平林福祉会館での写真
別ウィンドウで開く

平林福祉会館でのスマホ教室の様子

さざんか平林協議会

開催日:令和3年7月1日(木曜日)

場    所:平林福祉会館

参加者数:10名

安立連合地域活動協議会

開催日:令和3年7月13日(火曜日)

場    所:安立連合町会福祉会館

参加者数:17名

さざんか粉浜活動協議会

開催日:令和3年7月29日(木曜日)

場    所:粉浜中央福祉会館

参加者数:9名

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市住之江区役所 総務課ICT・企画

〒559-8601 大阪市住之江区御崎3丁目1番17号(住之江区役所4階)

電話:06-6682-9992

ファックス:06-6686-2040

メール送信フォーム