ページの先頭です
メニューの終端です。

平成25年度住吉区運営方針(素案)

2013年4月1日

ページ番号:192345

 平成25年度住吉区運営方針(素案)は、平成25年度予算算定にあたっての基本的な方針として策定するものであるため、今後、予算ヒアリングや市会での議論をふまえ、2月中旬の予算案公表に向けて修正する予定です。

平成25年度住吉区運営方針(素案) (概要)

【区の目標(何をめざすのか)】

住吉 自立した区民・地域の「和」で創るまち
 「自己決定・自己責任」の区民、「自主運営・自己責任」の地域の「和」で、「新しい大阪、新しい日本」のモデルとなる「誇り高きまち・住吉」を創ります。

【区の使命(どのような役割を担うのか)】

  • 伝統・文化・歴史と私たちの現代生活との「和」、ならびに、地域の各種団体と区役所との「和」をさらに充実、発展させていきます。
  •  「大阪にふさわしい大都市制度」の実現に向けて、区民の「自己決定・自己責任」、地域の「自主運営・自己責任」を最重要視する区政運営を推進します。

【平成25年度 区運営の基本的な考え方(何に重点的に取り組むのかなど、選択と集中の方針を示す)】

  • 住吉区では、「自治体型区政運営の推進」「法令等の遵守」「個人の自立と地域の自立」「区民サイドに立ったサービスの提供と検証」「区役所・公務員改革の断行」の5点を施策展開の方向性として位置づけ、施策間を横に貫くマネジメントとして実施していきます。

1 重点的に取り組む主な経営課題

経営課題1 住民自治の推進

【戦略1-2】 区政運営への住民参画

【具体的取組1-2-2】 予算策定への住民参画 [算定見込額 263千円]

  1. 平成24年度試行実施により、予算化した事業を実施し、実施事業について区民による検証(評価)を行う。
  2. 平成24年度試行実施を踏まえ、本格実施を行う。
  • 区役所で精査した重点課題(テーマ)への政策案を、区民等から公募する。
  • 区政会議等において、区民等からの政策案の選定を行う。
  • 選定された政策案について精査を行い、平成26年度予算に反映する。

経営課題2 高齢者、障がい者、子ども等が心地よく暮らせるまち

【戦略2-1】地域福祉の推進

【具体的取組2-1-3】 孤立死ゼロ作戦 [算定見込額 5,000千円]

<孤立死ゼロにむけた地域力向上事業>

  • 孤立死対策につい調査研究を行い、地域の福祉力の実態を把握し、効率的な対策を立てる。3か年計画とし、平成25年度は実態調査と対策に関する区民向けのフォーラムを実施する。
  • 高齢者が安心して暮らせるように、民生委員協議会はじめ関係団体が広く連携し、様々な機会に高齢者に地域との関わりを持つよう働きかける。

経営課題3 住吉区にふさわしい教育の充実

戦略3-1】 学校園との連携強化

【具体的取組3-1-1】 学校園との連携強化 [算定見込額 ― ]

  • 区長が、教育に係る区民のニーズを、区民との対話や区民意識調査等を活用して把握する。
  • 区長が区民ニーズを踏まえながら、区内学校園の校長の代表、または個別の校長と定期的に意見交換する場を設ける。

経営課題4 安全・安心の確保

【戦略4-1】 防災の取組

【具体的取組4-1-2】 地域防災力の向上 [算定見込額 6,112千円]

  • 「(仮称)住吉区地域対抗防災運動会」を実施する。
  • 平成24年度に購入した防災無線機を使って、各地域での防災訓練において情報伝達訓練を実施することで、効果・課題を検証する。
  • 地域が主体的に取り組む各種防災訓練を実施する。
  • 防災資機材を配備する。

経営課題5 活力とにぎわいに満ちた住吉区

【戦略5-1】 歴史・文化を通した地域の活性化

【具体的取組5-1-1】 歴史的資産を活かした地域観光事業による地域の活性化 [区算定見込額5,306千円、局算定見込額5,854千円]

  • 歴史的・文化的な地域観光資源を活用した講座やワークショップなどを開催し、人材のネットワークを形成する。
  • 住吉の歴史文化の継承のために、区内小・中・高・大学校と連携し、出張講座に向け調整を行う。
  • 住吉観光大使の創設について取組を進める。
  • すみ博の開催を支援する。
  • 住吉大社や熊野街道など、魅力的な観光資源を活かして区内に人を呼び込み、商店街の振興や、観光関連産業の振興を図ることによって、地域経済の活性化をめざす「住吉区観光振興事業推進計画(仮称)」の策定に向け、調査・検討する。

経営課題6 区役所改革の断行

【戦略6-3】 区民が集う、快適な区役所づくり

【具体的取組6-3-1】 窓口改革の推進 [算定見込額 5,021千円]

  • 業務を超えた窓口担当関係者によるプロジェクトチームにより、複数の手続きの場合において迅速かつ親切な対応ができるように、業務フローを見直し改善案をまとめ実施する。 
  • 総合案内の強化や窓口案内表示・誘導サインの見直しを行う。
  • 親切、丁寧な窓口対応を心がけ、挨拶から始まる区民への声かけを率先して行うとともに、効果的な接遇研修を実施する。
  • 住民票や戸籍の窓口について一部を民間委託するとともに、区役所の他の窓口についても民間委託を含む民間活力・ノウハウの導入について検討を進める。

2 ムダを徹底的に排除し、成果を意識した行財政運営に向けた主な取組

工程管理の徹底

  • 適時出される区長課題について、副区長が課長会で進捗確認を毎回行う。
  • 区運営方針進捗管理のためチェック表(工程管理表)により、区長・副区長が進捗管理を行う。

平成25年度住吉区運営方針(素案) (平成24年11月15日時点)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市住吉区役所 政策推進課 

〒558-8501 大阪市住吉区南住吉3丁目15番55号(住吉区役所3階)

電話:06-6694-9957

ファックス:06-6692-5535

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示