ページの先頭です
メニューの終端です。

鳥取県八頭町と大阪市住吉区で友好交流の覚書を交換しました

2014年10月29日

ページ番号:286043

 平成26年10月25日(土曜日)、鳥取県八頭町と大阪市住吉区との友好交流にかかる覚書を交換しました。

 鳥取県八頭町と大阪市住吉区は、20年前から少年野球を通じて交流が続いてきましたが、今回の覚書の交換を契機に今後とも良好な友好関係を継続し、文化・スポーツ・観光など多様な分野での交流により、お互いの「まち」の発展に寄与させていきたいと考えております。

 覚書の交換セレモニーの後は、同日開催されておりました「すみよしまつり」でも八頭町の吉田英人町長からごあいさつがあり、例年出展いただいている八頭町ブースにはマスコットキャラクターの「やずぴょん」も駆けつけるなど、イベントを盛り上げていただきました。

当日の八頭町長と区長のあいさつの様子を動画でご覧いただけます。別ウィンドウで開く

 冬には昨年度に引き続き、平成27年2月に行われる予定の八頭町の「かまくら祭り」への参加も予定しております。区民の皆様もこの機会にぜひご参加ください。

 「かまくら祭り」への参加募集については、広報すみよし1月号でお知らせします。

鳥取県八頭町のホームページはこちら別ウィンドウで開く


覚書を交換し握手をかわす住吉区の吉田区長と八頭町の吉田町長。


覚書交換後の記念撮影の様子。立ち会われた京極副市長と、双方のまちのマスコットキャラクター「やずぴょん」、「すみちゃん」も一緒に。


「すみよしまつり」に参加いただいた八頭町の皆さん。ブースには柿などの特産物が並びました。


やずぴょんも頑張りました。

友好交流の覚書の内容

1.    鳥取県八頭町と大阪市住吉区は文化、観光、スポーツなどの分野で多様な交流を図り、協力し、ともに発展することをめざす。

2.    鳥取県八頭町と大阪市住吉区は互いの交流や協力に際し、誠意を持って対応する。

これまでの交流の経緯

 鳥取県八頭町と大阪市住吉区は、20年前から少年野球を通じて、交流が続いてきました。

  住吉区の少年野球チームは毎年8月に八頭町に遠征、また八頭町の少年野球チームは、毎年5月に住吉区へ遠征し、その期間はお互いにホームステイを受け入れて、相互交流を行っています。 (交流内容について、住吉の少年野球チーム「住吉フレンド」へのインタビュー記事はこちら)。

  平成22年10月には、八頭町がモニターツアーとして企画した日帰りリンゴ狩りツアーに、住吉区PTA協議会の皆さんが社会見学として参加しました。

 一方、八頭町からは平成10年ごろから現在まで「すみよしまつり」に参画されており、新鮮な野菜や果物を販売して、イベントの盛り上げに寄与していただいています。

 平成26年2月には、八頭町で実施された「かまくら祭り」に住吉区から区民や職員が参加し、交流を深めました。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市住吉区役所 教育文化課

〒558-8501 大阪市住吉区南住吉3丁目15番55号(住吉区役所3階)

電話:06-6694-9989

ファックス:06-6692-5535

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示