ページの先頭です
メニューの終端です。

平成27年度住吉区の主な取組み

2019年12月19日

ページ番号:303024

住吉区が平成27年度に取り組む主な事業を紹介します!

 住吉区では、住吉区将来ビジョンH30に掲げる『自立した区民・地域の「和」で創るまち~』の実現をめざしています。

 特に、住吉区に根付く「和」の精神を活かした「安全・安心」で「誰もが心地よく暮らせるまちづくり」に向け、地域における災害時の支援と日常的な見守りとが一体となった仕組みづくりに力を入れて取り組んでいきます。

平成27年度の住吉区関連予算について

住吉区関連予算 11億6568万円

(内訳)

  • 区長自由経費 3億9465万円 (区役所が自ら事業を実施するために必要な経費)
  • 区CM自由経費 7億7103万円 (局が実施する事業のうち、区のまちづくりに関連する事業について、区長が区シティー・マネージャー(区CM)として決定権を移譲されている経費)
住吉区関連予算の内訳

5つの考えを軸に、6つの施策の柱を掲げ、取組みを進めていきます

軸となる5つの考え

  1. 区民の側に立ったサービスの提供
  2. 自治体型区政運営の推進
  3. 区役所・公務員改革の断行
  4. 個人の自立と地域の自立
  5. 法令等の遵守

平成27年度の主な取組み

【施策の柱1 安全・安心の確保】災害対策や防犯対策の充実により、安全で安心して暮らせるまちづくり

災害時要援護者支援(地域見守り支援システム事業)の取組 【予算額 1593万円】

  • 災害時要援護者(高齢者・障がい者など災害時に何らかの支援が必要な方)への支援と、地域での日常的な声かけ・見守りが一体となった仕組みづくりを進めます。

防犯カメラ設置事業 【予算額 466万円】

区内各所に防犯カメラを設置しています

区内各所に設置している防犯カメラ

【施策の柱2 高齢者、障がい者、子ども等が心地よく暮らせるまち】 「みまもり・ふれあい・支えあい」により、誰もが安心して暮らせる社会づくり

地域見守り支援事業 【予算額 4365万円】

  • 区内4箇所の包括圏域にコミュニティソーシャルワーカーを配置するとともに、区役所1階に「地域見守り相談室」を設置し、既存の福祉サービスでは対応困難な事案や、地域の見守りに関する相談・支援を行います。

生活保護の不正受給の排除(不正が疑われるケースの調査など)

【施策の柱3 活力とにぎわいに満ちた住吉区】 歴史・文化資産を活用した、にぎわいと活力に満ちたまちづくり

歴史・文化資産を活かした文化観光振興事業による地域の活性化 【予算額 433万円】

  • 住吉区の歴史・文化の発掘・発信や、地域の魅力発信イベントの開催支援を行うことで住吉区に魅力を感じる人を増やし、地域の活性化をめざします。
イベントでにぎわう住吉大社の様子

イベントでにぎわう住吉大社

【施策の柱4 住吉区にふさわしい教育の充実】 「和」「徳」の心を基軸にした、区民が自ら選択できる教育施策の実施

分権型教育行政の推進

  • 区役所が教育について校長や保護者、地域住民などの意見・ニーズをくみとるためのシステムを構築して、学校や地域のより近くでニーズに合った教育施策を進めていきます。

【施策の柱5 区役所改革の断行】 まちづくりの総合拠点となる区役所づくり

窓口サービスの改善

  • 「待たない」「迷わない」「快適」な区役所の実現に向け、スムーズな窓口連携、案内表示、総合案内、待合環境などの改善を行います。

【施策の柱6 住民自治の推進】 ニア・イズ・ベターの徹底を念頭においた住民自治の推進

地域活動協議会の運営支援 【予算額 4,057万円】

  • 実情にあった柔軟な地域活動が行えるよう補助金を一括交付するとともに、中間支援組織とも連携しながら、地域活動協議会の自律的な運営に向けた支援を行います。
地域の自律的な運営支援のため開催した説明会の様子

地域の自律的な運営支援のための説明会を開催

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市住吉区役所 政策推進課 

〒558-8501 大阪市住吉区南住吉3丁目15番55号(住吉区役所3階)

電話:06-6694-9957

ファックス:06-6692-5535

メール送信フォーム