ページの先頭です
メニューの終端です。

平成27年度 第2回住吉区地域福祉専門会議を開催しました!

2016年1月8日

ページ番号:332315

日時

平成27年10月29日(木曜日)午後6時~

場所

住吉区役所4階 第4・5会議室

議事

  1. 平成27年度第1回専門会議のふりかえりと論点整理
  2. 地域見守り支援システムについて
  3. 地域包括ケアシステムについて

概要

地域見守り支援システムの進捗状況の報告や地域包括ケアシステムの構築について議論しました。

委員からは、「専門職の知識や技術を地域に活かしていくような連携が必要である」「地域課題を解決する方法として、住民が主体となって自分達の地域のことについて考える場を設けることが大切である」「地域の課題と民間事業所の考えを組み合わせながら見守りの体制を地域ごとにつくっていくことが大切である」等の意見や質問が多数、出されました。

詳しい議事の内容については、会議要旨等をご覧ください。

地域福祉専門会議の様子

平成27年度第2回地域福祉専門会議要旨・議事録

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

会議要旨

平成27年度第2回住吉区地域福祉専門会議 要旨

日時  平成27年10月29日(木曜日)18時~19時55分

場所  住吉区役所 4階 第4・5会議室

出席  有村委員、池田委員、小嶋委員、中嶌委員、西田委員、原田委員、宮﨑委員、森下委員、森田委員、(住吉区医師会)三橋地域医療担当理事

1 開会

2 区長挨拶

3 出席者紹介

4 議事

(1)27年度第1回専門会議ふりかえりと論点整理

(2)地域見守り支援システムについて

(3)地域包括ケアシステムについて

5 その他

【議事要旨】

(1)27年度第1回専門会議ふりかえりと論点整理

  • 平成27年度の第1回専門会議をふりかえり、その中で出た意見、回答、コメントについて説明。

<主な意見>

  • 地域包括ケアシステムについて、行政内部で定期的に情報共有する場を設けるなどの連携が必要である。

(2)地域見守り支援システムについて

  • 住吉区内12地域の意向確認書の発送・返送状況、地域活動協議会への支援台帳の提供状況等について説明。

<主な意見>

  • 地域活動協議会に台帳を提供したあと、町会と民生委員の連携が必要になってくる。

  (3)地域包括ケアシステムについて

  • 地域見守り支援システムを中核とした、地域包括ケアシステム構築の計画イメージや構築の課題、ボランティア人材バンクの設置などについて説明。

<主な意見>

  • 今後は地域支援員のボランティアを増やしていく取り組みが必要。
  • 実際に課題を抱えている障がい者の事業所や介護保険事業所と地域が、お互いに活用し合えるような連携や協力が必要。
  • 福祉法人や福祉事業所にはたくさんの専門職がいるので、その知識や技術を上手に地域に活かしていくような連携も可能である。
  • 住民と事業所がお互いに抱えている困りごとは、すべて地域の課題である。多様な見方を地域課題の抽出の場として融合させていく仕組みにして行くことが必要。
  • 現在、地域ケア会議では、住民や専門職も参加するなど広がりがでてきている。ただ、大きな議題が多いので、住民の方や近所の方にも参加いただけるような身近な課題を取り上げる場が必要。
  • 要援護者と身近に接しているケアマネ等に地域の会議に参加してもらうような働きかけが必要。
  • ボランティア人材バンクの登録について、専門職のOBも必要だが、現役には意識レベルが高い人が多いので、今からでも登録してもらうべき。
  • 専門職が地域住民の活動のバックアップになる。
  • 地域課題を解決する方法として、地域の方が主体となって、自分達の地域のことをどう考えていくのかという場を設けていくことが大事。
  • 地域の課題と民間事業所が考えていることがマッチングしていきながら見守りの体制を地域ごとに作っていくことが非常に大切。
  • 医者は病気をみていたらいい時代から、地域の活動に主として参加することが求められているという時代の変化をまだ知らない医者がたくさんいる。そういう場所に参加することで、地域に貢献できる医者になっていくことを期待する。
  • このシステムを継続するには、今まで積み上げてきたものを伝えていくという仕組みも考えていかないといけない。表現もわかりやすく、皆がイメージしやすいものにして行く必要がある。

配布資料一覧

資料1   平成27年度第1回住吉区地域福祉専門会議ふりかえりと論点整理

資料2  地域見守り支援システム進捗状況

資料3  住吉区地域包括ケアシステムのめざすもの(案)

      ボランティア人材バンク制度について

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市住吉区役所 保健福祉課

〒558-8501 大阪市住吉区南住吉3丁目15番55号(住吉区役所2階)

電話:06-6694-9857

ファックス:06-6694-9692

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示