ページの先頭です
メニューの終端です。

大規模地震時医療活動訓練を実施!【平成29年7月29日(土曜日)】

2019年4月1日

ページ番号:409196

住吉区で、大阪府と連携した大規模地震時医療活動訓練を実施しました!

 大阪府と連携して医療活動に特化した訓練を大領小学校と区役所で実施しました。

大規模な地震が起こった際の医療活動の組織体制の機能・実効性の検証と、関係機関の相互協力の円滑化が目的です。

 震度7の南海トラフ地震が発生し24時間が経過した時点を想定し訓練を開始しました。

 区役所では、区災害対策本部を設置。住吉区医師会・薬剤師会に医療コーディネーターとして協力いただきながら、情報伝達訓練や、被害情報をもとに適切な対応を判断し、医療活動を要請する訓練などを行いました。

区本部での医療コーディネーターとの協議の写真

区本部での医療コーディネーターとの協議

避難所運営委員会の写真

避難所運営委員会の様子

大領小学校では、住吉連合地域活動協議会の協力のもと災害時避難所を開設し、避難者役の約100名の地域住民が、派遣された医療救護班から模擬診療を受けるなどの実践的な訓練を実施。山形県や岡山県などのDMAT(災害派遣医療チーム)医師が派遣され、訓練コントローラーとして指導・助言をいただきました。また、薬剤師会、歯科医師会、鍼灸師会、柔道整復師会、AMAT(全日本病院協会災害時医療支援活動班)、JRAT(大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会)などによる診療訓練、応急ケア訓練、体験コーナーなど、多岐にわたる訓練が実施されました。 住吉区役所として、今回の訓練で抽出された課題解決に取り組むとともに、災害時の医療活動がより円滑に行われるよう、関係機関と今後も連携していきます。
医療救護班による模擬診療の写真

医療救護班による模擬診療

 住吉区役所として、今回の訓練で抽出された課題解決に取り組むとともに、災害時の医療活動がより円滑に行われるよう、関係機関と今後も連携していきます。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市住吉区役所 地域課

〒558-8501 大阪市住吉区南住吉3丁目15番55号(住吉区役所3階)

電話:06-6694-9734

ファックス:06-6692-5535

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示