ページの先頭です
メニューの終端です。

平成30年度住吉区予算編成について(概要)

2018年4月1日

ページ番号:431732

住吉区関連予算 11億5844万円

区長自由経費 3億9419万円

区役所が自ら事業を実施するために必要な経費

区CM自由経費 7億6425万円

局が実施する事業のうち、区のまちづくりに関する事業について、区長が区シティ・マネージャー(区CM)として決定権を移譲されている経費

1.概要(区長自由経費)

平成30年度の予算配分は、マイナスシーリングや売却促進インセンティブの減等の減額要素と、基準財政需要額的調整等の増額要素があった。収入は、各種基金の活用や歳入等の見直しにより増額を見込んでいるものの、対前年度比約4,900万円の減額となった。

住吉区予算案(区長自由経費) ※職員の人件費除く(単位:千円)

①29年度

(配分額の増減)

(歳入の増減)

②30年度

増減(②-①)

区長自由経費

443,532

△56,585

7,242

394,189

△49,343

【配分額】※下記以外にも複数の増減要素があるため、主な増減要素の合計金額と表の金額には差が生じている

(主な増要素)基準財政需要額的調整等4,165、窓口業務委託経費シーリング分の戻り1,379、法定保守点検等経費803、新規重点628等

(主な減要素)マイナスシーリング△13,032、売却促進インセンティブの減△39,910、重点終了△6,086、局へのICT予算の移管△4,837等

【歳入】

(増要素)基金の活用による増+1,650、歳入の見直しによる増+6,024、

(減要素)国庫(府拠出金)の減△432

2.平成30年度予算編成方針

 住吉区では、平成29年8月策定の「市政改革プラン2.0」に基づき、全ての事務事業についてPDCAサイクルにより点検を行った。ムダを徹底的に排除し、効果的・効率的な区政運営を追求したうえで、区民に必要な事業はしっかりと予算を確 保するとともに、見直しにより生み出された財源を、地域ニーズに即した施策の強化など区民サービスの充実につなげていく。
 特に平成30年度においては、住吉区総合教育会議、こども教育専門会議等における区民の意見や全市的な状況を踏まえ、こどもに関する施策の強化を図るとともに、区民の安心・安全に関わる施策を着実に推進し、とりわけ地域防災力のより一層の強化に取り組む。

※PDCAサイクルによる見直し・廃止事業(33事業) 【区長】58,486千円削減

(主な事業)

  • 区庁舎設備維持費 △18,191千円(H29:65,870千円→H30:47,679千円)

窓口セキュリティ確保にかかる工事完了に伴う改修工事費の減

  • 住吉区文化観光振興事業 △6,035千円(H29:8,505千円→H30:2,470千円)

観光DVD・ガイドブックの制作完了、すみよしコンサート開催経費の見直し 等

  • 備蓄物資の配備 △5,994千円(H29:5,994千円→H30:0千円)

29年度単年度財源(財売インセンティブ)を活用した備蓄物資の配備完了 

3.重点的に取り組む事業

施策の強化による新規・拡充事業(14事業)【区長】+8,999千円増額

(1) 地域防災力の向上 【区長】6,025千

「みまもり・ふれあい・支えあい」による安心・安全で災害に強いまちづくりを進める。

(新規)地域防災力向上事業(第一層支援の強化)【区長】1,500千円

  • 町会への救助資機材配備やマンション防災研修会を通じて、地域の共助の取組を促進する。

(拡充)災害に備えた自助・共助・公助の対策事業【区長】4,525千円

  •  防災リーダーの育成や総合防災訓練の実施など、災害に強いまちづくりを進める。

(2) 子育て支援の推進 【区長】1,148千円、【区CM】7,113千円

妊娠期からの切れ目のない相談体制の充実等により子育て支援を強化する。

(拡充)利用者支援事業(子ども・子育て支援事業)【区CM】7,113千円

  • 保育・子育てに関する相談支援を強化し、子育て支援機関のネットワークを充実する。

(新規)家庭・地域の教育力・子育て力向上事業【区長】275千円

  • 講演会や子育て教室を開催し、地域全体や個々の家庭での教育力、子育て力の向上を図る。

(新規)すみちゃん子育て情報フェア【区長】170千円

  • 区内子育て支援施設が一堂に会して情報提供を行うイベントを開催する。

(拡充)児童虐待防止対策事業【区長】703千円

  • 児童虐待防止研修会の開催や子育て情報誌等の発行による情報提供の強化を行う。

(3) 貧困の連鎖を断ち切る取組み 【区長】3,727千円

「子どもの生活に関する実態調査」で明らかになった課題の解消に向けた取組を進める。

(新規)こども食堂における体験学習支援事業【区長】628千円

  • こども食堂や地域食堂を利用する子どもを対象に、文化的な体験学習の機会を提供する。

(新規)命はぐくみ事業【区長】1,336千円

  • 若年出産による貧困などのリスクを回避するため、中学校が進める性・生教育授業を支援する。

(新規)養育支援訪問事業の拡充【区長】1,512千円

  • 虐待や養育放棄を予防するため、育児困難等を抱える家庭に対し養育支援の延長を行う。

(新規)こどもの朝食欠食率改善推進事業【区長】251千円

  • 朝食の欠食改善事業をモデル校で実施し、結果を他校と情報共有するとともに啓発を行う。

(4) 高齢者、障がい者等要援護者への支援

【区長】19,839千円、【区CM】28,471千円

災害時要援護者の支援と日常的な見守りを一体的に行う地域見守り支援事業を推進する。

(継続)地域見守り支援事業(区域における相談・支援体制の整備)【区長】8,766千円

  • 包括圏域にCSWを配置し、要援護者支援や孤立世帯等への対応を行う。

(継続)地域見守り支援事業(各地域における相談・支援体制の構築)【区長】9,727千円

  • 要援護者の日々の見守り活動等の実施と災害時の個別支援プラン等の作成を行う。

(継続)災害時要援護者管理システム運用事業【区長】1,346千円

  • 個人情報の適正管理、台帳作成や更新作業等の効率化を目的としたシステム運用経費

(継続)地域における要援護者の見守りネットワーク強化事業【区CM】28,471千円

  • CSWを配置した区役所内「見守り相談室」において要援護者支援を行う。

(5)学校における教育活動の支援 【区長】15,261千円、【区CM】11,760千円

次代を担う子どもが安心して未来を切り拓く力をつけられるよう、学校現場の支援等を行う。

(拡充)発達障がい教育支援事業(保健福祉課)【区長】14,771千円

  • 発達障がいサポーターや心理相談員の配置により、発達に特性を持つ子どもを支援する。

(新規)不登校児童・生徒家庭支援(教職員サポート)事業【区長】290千円

  • 市立小中学校の教員を対象に、福祉行政サービス情報等をまとめた冊子を配布する。

(新規)英語体験事業【区長】100千円

  • 小学生を対象に、楽しみながらネイティブの英語に触れる機会を提供する。

(新規)乳幼児への読み聞かせ事業【区長】100千円

  • 乳幼児を対象に、保育所等で司書やボランティアによる絵本の読み聞かせを行う。

(拡充)スクールカウンセラー事業【区CM】11,760千円

  • 児童等のカウンセリングを行うスクールカウンセラー(臨床心理士)を小中学校へ派遣する。

4.区運営方針の柱ごとの予算概要(区長自由経費)

※金額は平成30年度柱ごとの予算合計額(( )内は対前年比)

(柱1)安全・安心の確保 34,539千円(△7,531千円)

  • 「みまもり・ふれあい・支えあい」による、災害に強いまちづくり
  • 犯罪の起こりにくい、安全で安心して暮らせるまちづくり

(柱2)高齢者、障がい者、子ども等が心地よく暮らせるまち 28,698千円(△3,488千円)

  • 「みまもり・ふれあい・支えあい」により、福祉的課題の解決、子育て支援策に取り組むなど、「高齢者、障がい者をはじめ誰もが安心して暮らせる社会」づくり

(柱3)活力とにぎわいに満ちた住吉区 2,470千円(△6,035千円)

  • 歴史・文化資産を活用した、にぎわいと活力に満ちたまちづくり

(柱4)住吉区にふさわしい教育の充実 20,911千円(+1,089千円)

  • 学校園との連携を図りながら、学校や地域のより近くでニーズにあった教育施策の実施

(柱5)住民自治の推進 63,661千円(△1,092千円)

  • 人と人とがつながり合い、支え合うコミュニティ豊かな地域社会づくり
  • 多様な活動主体が主体的に地域の課題の解消に取り組む、住民主体の自律的な地域運営が進められる地域社会の実現

(柱6)区政改革の推進 82,080千円(△3,970千円)

  • 区の特性や実情に即した区政運営を推進するとともに、区民の市政、区政への参加促進、質の高い窓口サービスをめざす

(その他)

  • 一般管理、庁舎管理経費等  161,830千円(△21,899千円)
  • 廃止・統合(△6,417千円)

【合 計】394,189千円(△49,343千円)

5.区長自由経費、区CM経費の全体像

区長自由経費、区CM経費の全体像 ※職員の人件費除く(単位:千円)

①29年度

②30年度

増減(②-①)

住吉区関連予算

1,162,470

1,158,436

△4,034

(うち区長自由経費)

443,532

394,189

△49,343

(うち区CM自由経費)

718,938

764,247

45,309

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市住吉区役所 総務課

〒558-8501 大阪市住吉区南住吉3丁目15番55号(住吉区役所3階)

電話:06-6694-9625

ファックス:06-6692-5535

メール送信フォーム