ページの先頭です
メニューの終端です。

【事業選定結果発表!】平成31年度すみよしの魅力PR補助金事業

2019年3月15日

ページ番号:457594

平成31年度すみよしの魅力PR補助金事業 選定結果

平成31年3月5日(火曜日)に、すみよしの魅力PR補助金事業企画審査プレゼンテーションおよび選定委員会議を開催しました。
3名の有識者による審査の結果、3つの事業が補助対象事業として内定いたしました。

  • NPO法人すみよし歴史案内人の会  「『知ってますか住吉を2019』―まち歩きと住吉学」
  • すみよし博覧会実行委員会  「すみよし博覧会2019」
  • 住吉文化事業実行委員会  「すみ文講座2019」

すみよしの魅力PR補助金事業選定委員会議 議事録

日時

平成31年3月5日(火曜日) 14時00分~16時00分

場所

住吉区役所 第5会議室

選定委員の構成

次の3名の有識者により、審査をおこないました。

  • 岸本 直文(きしもと なおふみ)委員
    大阪市立大学文学研究科 教授
  • 土橋 ひとみ(つちはし ひとみ)委員
    大阪市立総合生涯学習センター 所長
  • 植田 和夫(うえた かずお)委員
    鳥取県八頭町関西事務所 所長

申請者と提案名称

申請者と提案名称は次のとおりです。

【1案】NPO法人すみよし歴史案内人の会:「『知ってますか住吉を2019』-まち歩きと住吉学」

【2案】すみよし博覧会実行委員会:「すみよし博覧会2019」

【3案】住吉文化事業実行委員会:「すみ文講座2019」

【4案】風人の祭inすみよし実行委員会:「2019年第2回風人の祭inすみよし」

審査方法

申請者からの提出書類およびプレゼンテーションを踏まえ、選定委員会議で審査をおこないました。

審査項目

実現性:期間・内容・体制ともに実行可能な計画であるか

地域性:住吉区内で開催する意義があるか

集客性:集客のための広報戦略がなされているか

独自性:住吉の魅力を十分に伝える工夫があるか

新規性:既存の概念にとらわれない、住吉の魅力を発見する取組みであるか

配点

5つの審査項目ごとに20点満点で評価し、各委員の持ち点を100点として合計300点満点として評価しました。

審査結果

【1案】228点
【2案】220点
【3案】196点
【4案】164点

点数順に1案、2案及び3案は補助対象事業に内定いたしました。

4案は基準点には達せず内定には至りませんでした。

講評

【1案】NPO法人すみよし歴史案内人の会:「『知ってますか住吉を2019』-まち歩きと住吉学」

  • 住吉区の新たな魅力を発見する取組みであると期待できる。
  • 住吉大社が、北前船を含む海上交通の安全祈願に大きな役割を果たしたことを十分解説してほしい。

【2案】すみよし博覧会実行委員会:「すみよし博覧会2019」

  • 住吉区のイベントとして定着しており、さまざまなアイデアを取り入れて進化しているという点は高く評価できる。
  • 子どもたちの意見を取り入れる手法を検討してみてはどうか。

【3案】住吉文化事業実行委員会:「すみ文講座2019」

  • 住吉区出身の作家について、住吉区に住んでいた当時の話を引き出すという点におもしろみを感じた。
  • 若年層の集客をめざして広報などをくふうしてほしい。

【4案】風人の祭inすみよし実行委員会:「2019年第2回風人の祭inすみよし」

  • 地域を盛り上げようという熱意を感じるイベントであるが、本補助金事業の目的とはやや外れている。
  • 住吉区に伝わる踊りなどをステージ発表に取り入れてみてはどうか。


 

「平成31年度すみよしの魅力PR補助金事業」対象事業の募集について

※平成31年度補助対象事業の募集は終了しました。

事業の目的

 平成31年度に「住吉区の歴史・文化・自然資源を題材として実施する、住吉の魅力を発見・発信するイベント」について、実施事業費の一部を補助します。

(注)
本事業は、平成31年度大阪市予算案に基づき、予算成立前に公募を行っています。選定・実施にあたっては、大阪市会での平成31年度予算成立が前提となりますので、今後、事業内容が変更される場合や実施に至らない可能性があることを、あらかじめご了承ください。

事業内容

対象団体

 住吉区内に活動拠点をおく、住吉区民(区内に在住・在勤・在学する個人・法人)が主体となり、1年以上継続している、地域ボランティア、任意のグループ、NPO法人等の団体。

対象事業

 住吉区内で、平成31年4月1日から平成32年3月31日までに開催されるイベント事業。

補助率・金額

 すみよしの魅力PR補助金交付要綱(以下「要綱」という。)に定めた補助対象経費の2分の1に相当する額とし、上限100万円。

補助予定事業数

 2~5事業程度とし、補助金の額は、1事業あたり上限100万円までとします。 (補助金額計150万円以内)

補助対象経費(事業実施に伴う経費)

要綱に定めた補助対象経費

  • 報償費
  • 消耗品費
  • 印刷製本費
  • 通信運搬費
  • 保険料
  • 使用料及び賃借料
  • 委託料
  • その他

補助対象期間

 交付の決定を受けた日以降の、イベント実施期間ならびに準備期間。

応募方法

申請書類配布

配布期間:平成31年1月21日(月曜日)9時~

配布場所:住吉区役所3階34番窓口(教育文化課) または、住吉区役所ホームページよりダウンロード

申請

申請期間:平成31年1月21日(月曜日)~平成31年2月21日(木曜日)

申請場所:住吉区役所3階34番窓口(教育文化課)

 〒558-8501 大阪市住吉区南住吉3-15-55

 電話 06-6694-9964  ファックス 06-6692-5535

 送付の場合は、2月21日(木曜日)必着
 窓口持参の場合は、期間中の9時~17時30分(土曜・日曜・祝日を除く)

申請書類:

  • 補助金交付申請書(様式1)
  • 事業企画書
  • 事業計画書
  • 収支予算書
  • 定款もしくは団体の規約
  • 役員・構成メンバー名簿
 その他、必要に応じて追加資料の提出を求めることがあります。
 「事業計画書」の様式は不問であるが、「審査項目」に記載の審査項目について、どのように事業内容に反映するかを明示すること。

企画審査プレゼンテ―ション(予定)

日時:平成31年3月5日(火曜日)

場所:住吉区役所第5会議室

審査の方法

 申請書類の審査及びプレゼンテーション審査を踏まえ、有識者3名で構成する選定委員会により決定します。

審査項目

 次の審査項目を基準に、補助金交付の適否、補助金の額について審査します。

1 実現性
  期間、内容、体制ともに実行可能な計画であるか

2 地域性
  住吉区内で開催する意義があるか

3 集客性
  集客や情報発信のための広報戦略がなされているか

4 独自性
  住吉の魅力を十分に伝える工夫があるか

5 新規性
  既存の概念やイメージにとらわれない、住吉の魅力を発見する取組みであるか

 なお、配点は各審査項目それぞれ20点です。

審査結果通知

平成31年3月12日(火曜日)予定

審査結果通知により採用となった後の提出書類

次の書類を指定する日までに提出してください。

  • 要件確認申立書(様式2-1)
  • 暴力団等審査情報名簿に関する同意書(様式2-2)
  • 暴力団審査情報名簿

決定通知

 要件確認申立書等の書類提出後60日以内に、補助金の交付の決定又は補助金を交付しない旨の決定を行い、通知します。

募集要項・交付要綱

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市住吉区役所 教育文化課 

〒558-8501 大阪市住吉区南住吉3丁目15番55号(住吉区役所3階)

電話:06-6694-9964

ファックス:06-6692-5535

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示