ページの先頭です
メニューの終端です。

住吉区医療・介護連携推進会議講演会を開催します。

2019年11月6日

ページ番号:484515

かかりつけ(医師・歯科医師・薬剤師)をおもちですか?

 住み慣れた地域で最期まで自分らしく生きるために、周囲の信頼できる人達との話し合いが大切です。

 昨年度の講演会で「多くの方は、命の危険が迫った状態になると、医療やケアについて自分で決めたり望みを人に伝えることが難しいため、元気なうちから、どこでどのような医療やケアを望むのかを自分自身で考え、周囲の人たちと話し合っておくことが重要である」ことを学びました。
 今年は、そのために必要なこととして、かかりつけ医師・歯科医師・薬剤師を持つことの大切さについて学んでみませんか。

 ぜひお越しください。

 

講演会のちらし
別ウィンドウで開く

講演会チラシ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

1.日時・場所・定員

令和元年11月28日(木曜日) 午後2時~3時30分 (開場:午後1時30分)
住吉区民センター 小ホール (南住吉3-15-56
当日先着200名(申し込み不要) 参加費無料

2.内容

  • 第1部 講演  かかりつけ医を持ちましょう

     講師 大阪府医師会 副会長  中尾 正俊(なかお まさとし)さん

  • 第2部 意見交換 「住吉区における在宅医療について」 

 地域で自分らしく生きるために、周囲の信頼できる人達との話し合いが大切です。大阪府医師会の副会長中尾先生や住吉区で活動している医師・歯科医師・薬剤師・訪問看護師・居宅介護支援専門員(ケアマネジャー)のお話を聞いてみませんか?

3.主催

【住吉区医療・介護連携推進会議】

住吉区医師会、住吉区歯科医師会、住吉区薬剤師会、住吉区居宅介護支援事業者連絡会、大阪府訪問看護ステーション協会大阪市南ブロック、住吉区社会福祉協議会、住吉区内地域包括支援センター、あびこ病院、オりオノ病院、阪和病院、大阪急性期・総合医療センター

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

似たページを探す

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市住吉区役所 保健福祉課

〒558-8501 大阪市住吉区南住吉3丁目15番55号(住吉区役所2階)

電話:06-6694-9859

ファックス:06-6694-9692

メール送信フォーム