ページの先頭です
メニューの終端です。

高齢者のみなさんへウイルスに負けないカラダづくりを!

2020年5月14日

ページ番号:502597

“不要不急”の外出を自粛…でも、外出や交流をしないと、特に高齢者の方は筋力も免疫力も下がってしまいます。新型コロナウイルス感染予防に関する正しい知識を持って、ウイルスに負けない身体づくりをしましょう。

 

体力を維持しよう

様々なことの中止で外出が減り、体力・筋力が低下しないよう運動の継続を!

  1. 家で普段している体操を続けましょう
    運動をすることで活動量をあげ、体力の低下を予防できます
  2. 家でできる用事や楽しみでからだを動かしましょう
    例えば、畑仕事、庭いじり、片付け、掃除など。
  3. 天気のいい日は人込みを避けて散歩をしてみましょう

公園や近所のスーパー等の外出は過度に警戒する必要はありません。ただし、他の方が触れた物に触ることが多くなるため、帰宅して石けんで手洗い・うがいをするまでは顔(目・鼻・口)に触れないようにしましょう。

交流

閉じこもって誰とも会話をしないと、うつや認知症のリスクが増えます。唾液が減ったり、舌の動きが悪くなり、お口の機能が弱ることで、きちんと栄養が摂れなくなるなど、免疫力が下がってしまいます。

1日1回以上は誰かと会話を

2メートル程離れれば感染しにくいと言われています。あいさつや短時間の会話は可能です。外出しにくい方は、少なくとも1日に1回、家族や近隣の方など、どなたかと電話をして、お互いに元気であるか確認したり、お話をすることも大切です。人とつながることで心が元気になります。

 

ソーシャルディスタンスを説明したイラスト

運動

  • テレビの合い間に太ももを挙げて足踏み
  • 毎日、体温が上がるくらいの体操(ラジオ体操・みんなの体操など)
    自宅で行う場合 NHKのEテレ 毎朝6時25分から6時35分に放送
    近所の公園で開催している場合もあります
  • 週2~3回の筋力トレーニングも必要
    イスからの立ち上がり(下図参照)
  • 人混みを避けて散歩
    できれば1日4000歩以上
お口の体操と椅子からの立ち上がり運動の写真

栄養

  • 1日3食、バランスのよい食事
  • 腸内環境を整えるのに効果のある発酵食品食物繊維をとる
  • 筋肉を作るために必要なたんぱく質、免疫力を高めるビタミン類をしっかり摂る(注意)

(注意)食事制限がある方はかかりつけ医の指示に従ってください

参考 日本老年医学会 「新型コロナウイルス感染症~高齢者として気をつけたいポイント」
筑波大学 久野研究室 「コロナウイルスは手洗い×睡眠・食事×運動 そして笑顔」

高齢者のみなさんへ  

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

問合せ

住吉区保健福祉センター(健康相談)内
電話:06-6694-9968

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市住吉区役所 保健福祉課

〒558-8501 大阪市住吉区南住吉3丁目15番55号(住吉区役所1階)

電話:06-6694-9882

ファックス:06-6694-6125

メール送信フォーム