ページの先頭です
メニューの終端です。

模擬店等で食品を取り扱う際の留意事項及び臨時出店届について

2019年12月9日

ページ番号:278775

 地域の方々が、地域交流や互いの親睦を深めるために開催する行事(地域のお祭り、学園祭等)において、臨時的に飲食物の調理や提供を行う場合(いわゆる模擬店)、食品衛生法(以下、「法」といいます。)における営業には該当しません。

ただし、行事の主催者は模擬店を出店する前に、臨時出店届を管轄の生活衛生監視事務所長に提出するとともに、食品衛生の確保、事故の防止に努める必要があります。

臨時出店として認められる範囲

次の要件をすべて満たす必要があります。

  • 国(外国の大使館、領事館を含む)、地方公共団体、住民組織(町会、子ども会、老人会等)、公的機関又はこれに準ずる機関・団体等(公益法人、学校法人、宗教法人等)が主催する行事であること。
  • 一時的に開催される行事であり、出店回数が原則として、1年に5回以下であること。
  • 公共的・文化的目的を有し、営利を主目的としない行事であること。
  • 主催者又は主催者が選定した者が出店すること。

(例)区民まつり、盆踊り大会、学園祭、自治会や子ども会のイベント等

 注:上記例にある行事でも要件を満たさない場合は法に基づく営業許可が必要です。

臨時出店届の提出について

臨時出店に該当する場合は、臨時出店届(様式第2号)を保健所西部生活衛生監視事務所または大正区保健福祉センター(3階31番窓口)に提出してください。

提出先(西部生活衛生監視事務所)はこちらを参照。

届出様式

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

出店する際の留意事項

食品衛生を確保し、食中毒等の事故を防止するため、次の留意事項を遵守してください。

出店にあたって

  • 食品を取り扱う場所は、衛生的で直射日光や異物混入が防げるようにすること。(テントや囲い等)
  • 食品を取り扱う場所だけでなく、行事を行う場所全体の清潔保持に努めること。
  • 器具の洗浄や手洗いに必要な水を十分に確保すること。
  • 食中毒等の食品事故発生時において迅速に対応できるよう、区内関係機関等との連携体制を整備しておくこと。
  • 取り扱う食品は、原則として提供直前に加熱した食品に限ることとし、加熱しない食品の提供は控えること。

注:次の行為は食中毒等のリスクが高いため控えてください

  • 出店先での一次加工(材料を洗う、切る等)
  • 米飯を使用した食品(カレーライス、寿司、チャーハン、肉巻きおにぎり等)の調製
  • 加熱後に包丁で切る行為
  • 3種類以上の飲料の混合
  • シェイカー等の複雑な器具を使った飲料の調製
  • 魚介類(刺身含む)、食肉、サラダ等の生ものの販売
  • 直前加熱しないサンドイッチ、ハンバーガー、ケバブサンド等の調製
  • クリーム類(生クリーム、カスタードクリーム、アイスクリーム等の冷蔵又は冷凍保管の必要なもの)、細切りしたフルーツ等も盛り付け
  • 牛乳及び牛乳を使用した食品(カフェラテ等)の調製
  • タピオカ等の固形物を使用した飲料の調製

食品の取扱い

  • 材料のカット等は出店場所で行わず、調理室等を使用して行い、包丁やまな板は用途ごと(肉用、魚用、野菜用)に使い分けること。
  • 調理器具や原材料は衛生的な容器(プラスチックケース等)に入れ、要冷蔵品は冷蔵庫やクーラーボックスに保管し、小出しにして使用しましょう。
  • 食品に異物が混入しないよう、取扱管理には十分注意すること。
  • 食品の内部まで十分に加熱すること。
  • 作り置きはせず、加熱後は速やかに食べてもらうようにし、持ち帰りは避けること。
  • 開催が2日以上にわたる場合、食材は1日ごとに使い切ること。

調理従事者の衛生

  • 手指に傷のある人や嘔吐・下痢等で体調が悪い人は調理作業を行わないこと。
  • つめを短くし、マニキュアを落とし、指輪や腕時計をはずすこと。
  • 清潔な衣服に着替え、帽子やマスク等を着用すること。
  • 調理前、用便後は特に、石けんによる手洗いを徹底し、ペーパータオルで十分に水気を取った後、消毒用アルコールで手指の消毒を行うこと。
  • 必要に応じて使い捨て手袋を着用すること。

その他

  • 食器は使い捨てのものを使用し、衛生的な容器(プラスチックケース等)に入れて保管すること。
  • お金の受渡しをする場合は、調理する人とお金を扱う人を分けること。
  • 関係者以外は店内に立ち入らせないようにすること。

臨時出店の手引き

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

注:お知らせ!

 平成26年7月に静岡市内で開催された花火大会において、「冷やしキュウリ」を原因とする腸管出血性大腸菌O157による食中毒が発生しました。

 O157は熱に弱く(アルコールや逆性石鹸などの一般的な消毒剤にも弱い)、適切に加熱処理を行えばO157による食中毒を防止することができますが、生食用野菜など、加熱しない食品を取り扱う場合、同様の食中毒が発生する可能性が十分に考えられます。

 上記の留意事項を遵守し、食品や器具類の衛生管理及び二次汚染の防止などを徹底してください。

お問い合わせ先

臨時出店の際の手続き、食品衛生に関するお問い合わせは大正区保健福祉センターもしくは保健所西部生活衛生監視事務所までご相談ください。

大正区保健福祉センター 生活環境担当  電話:06-4394-9973

保健所西部生活衛生監視事務所        電話:06-6576-9240

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大正区役所 保健福祉課 健康づくりグループ 生活環境担当
電話: 06-4394-9973 ファックス: 06-6554-7153
住所: 〒551-8501 大阪市大正区千島2丁目7番95号(大正区役所3階31番窓口)

メール送信フォーム