ページの先頭です
メニューの終端です。

ついにグランプリが決定!「T-1ライブグランプリ2016」ファイナルを開催しました!!

2019年1月16日

ページ番号:385688

「T-1ライブグランプリ2016」ファイナルを開催しました!!

平成28年12月18日(日)、熱戦続きの各予選を経て、T-1ライブグランプリはいよいよファイナルを迎えました。
各回予選で勝ちあがってきた6組の精鋭たちと、今年のT-1を支えてきたボランティアスタッフたちの熱い思いで、ファイナルの舞台となる区民ホールは開場前から熱気にあふれていました。


司会者


今回の司会は、ボランティア参加の古林(こばやし)さん!
もともと声優志望だったこともあり、抑揚のついた聞き取りやすい声で、T-1ではお約束のルール説明や出場者の紹介をし、ついに最終決戦の火蓋が切られました。

そして本戦がスタート!!

西村加奈

ファイナルのトップバッターは、予選第1回を勝ちあがったシンガーソングライター「西村 加奈(にしむら かな)」!

エネルギーが湧いてくるような清爽なイメージの「Oh baby」、そして、予選でも披露した「証」の2曲をお届け!

緊張されたそうですが、「戦闘服」である赤い衣装を身にまとい、全てを出し切る気持ちで演奏をやりぬいたとのこと!

 

白田将悟

2組目は、予選第1回を勝ちあがったメロディメーカー&ギタリスト「白田 将悟(しらた しょうご)」!

もしも大切な人が目を覚まさなかったらと考えて作られた「Wake Up」を披露し、温かく心地よいメロディーでお客さんを包みました。

演奏後は、「温かく迎えてくれた」というファイナルの舞台に感謝のことばをのこしました。

 

461モンブラン

3組目は、予選第1回を勝ちあがったアコースティックユニット「461モンブラン(しろいもんぶらん))」!

初となるファイナルには和装で登場!予選と同じく、「Shall we?」「風は降りそそぐ」の2曲を披露しました。

普段はあまり舞台上で話さないという、かなさん(左)も「皆さんと、この一瞬を一緒に過ごせて嬉しい」と皆さんに伝えていました。

 

andRE

4組目は、予選第2回を勝ちあがったコーラスユニット「andRE(アンドレ)」!

「アベコ」そして、皆さんにまっすぐに感謝を伝えたいとの想いから、予選でも披露した「結姫」の2曲をお届け!

「活動を広げるチャンス」と捉えているT-1ファイナルにて、多くのお客さんと心を一つにしました。

 

平山ナミ

5組目は、予選第2回を勝ちあがったシンガー「平山 ナミ(ひらやま なみ)」!

予選と同じく「Bガール」、そして、悲しいことや辛いことがあっても背中を押したいとの想いがこめられた「大丈夫」を披露。

T-1ファイナルには初進出で、舞台に立った途端に緊張したそうですが、予選以上の声援を受けて堂々と歌いきりました!

 

Yuka

ファイナルのトリを務めたのは、予選第2回を勝ちあがったシンガーソングライター「Yuka.(ユカ)」!

「狼女」、「キミのうた」の2曲を披露。

様々なコンテストに爪あとを残してきた彼女にとって「今年最後の挑戦」になりましたが、お客さんに「ありがとう」という気持ちを一生懸命伝えられたとのことでした。 

 

6組の演奏が終了し、投票へ・・・集計の間にもお楽しみが!

すべての組の演奏が終了し、審査員と会場のお客さんによる投票が行われました。

演奏終了後も興奮冷めやらぬ会場では、気に入ったアーティスト2組をどのグループに投票しようかとかなり悩まれているようでした。

 

投票用紙の集計中には、昨年のグランプリ受賞者で第7代大正区音楽振興大使のヒサ絵(ひさえ)さんが、この1年間の活動へ感謝の気持ちを込めて演奏。

 

ヒサ絵

演奏が終わると、スージィこと筋原大正区長を呼び、区長とヒサ絵さんが一緒に作った新曲「大正夕焼けブルース」(作詞:筋原区長 作曲:ヒサ絵)を初披露!

昭和歌謡をイメージして作曲したというヒサ絵さん。男女の別れをうたったデュエットで、昔ながらの情緒に溢れる旋律には郷愁が感じられました。

また、背景には当区役所職員が作成したプロモーションビデオも流れ、革ジャンの区長とヒサ絵さんがバイクに乗るシーンや悪役の職員からヒサ絵さんを守るシーンなどで舞台上の世界観を演出し、結果発表前の会場は大いに盛りあがりました。

 

区長とヒサ絵さんのコラボ

そして、ついに結果発表!

今年も予選からハイレベルな戦いがくりひろげられ、誰がグランプリに輝くのか想像できませんでした!!

さすがはファイナル。その甲乙つけがたい内容に審査員で話し合った結果、今年もグランプリ・準グランプリのほかに審査員特別賞を設けることに!

 

さあ、いよいよ発表ですが、

その前に、今年より新しく設けられた「F-1ライブグランプリ」の発表です!

 

「F-1ライブグランプリ」は予選で最もたくさんのお客さんを楽しませたアーティストの方に贈られる賞で、賞品はプロの写真家によるアーティスト写真の撮影です!

なお、「F-1ライブグランプリ」と演奏の審査とは別ですので、グランプリとあわせて獲得する可能性もあります!

 

 

さて、初代F-1ライブグランプリを獲得した方は

 

・・・

 

・・

 

 

この方です!

 

 

 

西村加奈

初代F-1ライブグランプリは、予選第1回に出場し元気いっぱいの演奏で他のアーティストを圧倒した「西村 加奈(にしむら かな)」さんが受賞しました。

 

 

続きまして、いよいよ緊張の一瞬です!

 

T-1ライブグランプリ2016の審査員特別賞、準グランプリ、そして栄えあるグランプリに輝かれた方は

・・・・・

 

・・・・

 

・・・

 

・・

 

 

次の方々です!!

審査員特別賞

審査員特別賞は、迷惑や心配をかけた方々に恩返しをしたいという気持ちをこめてうたった「Yuka.(ゆか)」さんが受賞しました。

 

 

 


 

 

準グランプリ

そして準グランプリには、F-1ライブグランプリと同時受賞で、「西村 加奈(にしむら かな)」さんが選ばれました!

 

 

 

 

 

グランプリ

最後に、T-1ライブグランプリ2016の栄えあるグランプリに輝いたのは、美しいハーモニーやリズム感、そして笑いも交えて観客を虜にした「andRE(あんどれ)」さんでした!

司会者からGPに選ばれた気持ちを尋ねられると、

「色々なライブで嬉しい顔、笑顔を見てきましたが、今が一番嬉しいです!!」と、思いを堪えきれない様子でコメントをしてくれました。

 

表彰式ではプレゼントも!

表彰式では、グランプリのandRE(あんどれ)さんに筋原区長から表彰状の授与、ワンマンライブのプレゼント、第8代大正区音楽振興大使への任命が行われ、第7代大正区音楽振興大使のヒサ絵(ひさえ)さんからグランプリトロフィーが手渡されました。

 

 

ヒサ絵











次期大正区音楽振興大使としての活躍が期待されるandRE(あんどれ)さんは、「GP受賞を機にメディアなど、どんどん活動をひろげて大正区も盛り上げていきたいと思います」と意気込みを語ってくれ、大盛況のうちに「T-1ライブグランプリ2016」もついに幕を閉じました。

T-1ライブグランプリは、2017年ももちろん実施します!

8年目を迎え今まで以上の進化を遂げたT-1ライブグランプリですが、9年目となる次回もさらにパワーアップして実施していきます!

気になる開催日程や出演者及びボランティアスタッフの募集詳細については、2月頃にホームページで公開しますので今しばらくお待ちください。

 

T-1ライブグランプリ2016関係のメディア出演情報!

・ケーブルテレビの”ベイコミュニケーションズ”の次のチャンネルにて、1時間の特番として「T-1ライブグランプリ2016ファイナル」の模様を放送!

 視聴可能な方は、ぜひご覧ください!視聴エリアなどの詳細は、ベイコミュニケーションズのHP別ウィンドウで開くを参照!

 

【Baycomチャンネル12ch】 ⇒ 1月9日(月)~15日(日) 20時~21時

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大正区役所 政策推進課 政策推進グループ
電話: 06-4394-9743 ファックス: 06-4394-9989
住所: 〒551-8501 大阪市大正区千島2丁目7番95号(大正区役所4階)

メール送信フォーム