ページの先頭です
メニューの終端です。

平成26年度第1回アンケート 「区政運営、地域活動、市政改革プランなどについて」

2019年5月31日

ページ番号:471687

調査の目的

 大正区役所では、市政改革プランに基づき、「区の運営方針」を策定し、経営課題の解決に向け成果目標を掲げ、さまざまな取組みを行っています。そこで、区政運営に関する事項などについて、現時点で区民の皆様がどのように感じておられるかを把握し、今後の事業に役立てるために今回のアンケートを実施しました。

調査の実施状況

【調査の実施状況】
 調査期間:平成26年12月9日~平成27年1月5日
 調査方法:郵送及び電子申請システムによるアンケート
 調査対象:区民モニター登録者(195名)
 回答者数:158名
 回答率:81.03%

区民モニター登録者数及び第1回アンケート回答者数

区民モニター登録者数及び第1回アンケート回答者数
  モニター登録者数回答者数回答率
78117195698915888.46%76.07%81.03%
回答種別公募郵便4141841418100.00%100.00%100.00%
電子51116491380.00%81.82%81.25%
抽出(※)郵便497112042489085.71%67.61%75.00%
電子20214119183795.00%85.71%90.24%
年齢別~2981018681475.00%80.00%77.78%
30~39926358212988.89%80.77%82.86%
40~4920264619244395.00%92.31%93.48%
50~591021317162370.00%76.19%74.19%
60~6916163215122793.75%75.00%84.38%
70~1518331482293.33%44.44%66.67%
     抽出(※)・・・無作為に抽出した方のうち、承諾をいただいた方

調査結果の分析

※アンケート集計結果における各設問の母数n(Number of case の略)は、設問に対する有効回答者数を意味します。

※各選択肢の構成比(%)は小数点第2位以下を四捨五入しています。このため、択一式の回答については構成比の合計が100%にならない場合があります。

問1.あなたは自分の住んでいる区で、どのような特色のある施策・事業(例えば子育て支援や放置自転車対策等)が行われているか知っていますか

問1グラフ

よく知っている・・・7.6% (12人)
一部知っている・・・61.4% (97人)
知らない・・・31.0% (49人)

問2.あなたは自分の住んでいる区の区長の顔や名前(姓のみで結構です)を知っていますか。

問2グラフ

顔も名前も知っている・・・60.1% (95人)
顔は知っているが、名前は知らない・・・17.1% (27人)
名前は知っているが、顔は知らない・・・ 6.3% (10人)
顔も名前も知らない・・・16.5%(26人)

問3.あなたは区政に関する情報が区民に届けられていると思いますか。

問3グラフ

そう思う・・・13.3% (21人)
どちらかといえばそう思う・・・34.8% (55人)
どちらともいえない・・・22.8% (36人)
あまり思わない・・・19.0% (30人)
思わない・・・4.4% (7人)
わからない・・・5.7% (9人)

問4.あなたは区民の多様な意見やニーズが、区役所に届いていると感じますか。

問4グラフ

届いていると感じる・・・3.2% (5人)
どちらかといえば届いていると感じる・・・15.8% (25人)
どちらともいえない・・・32.9% (52人)
あまり届いていないと感じる・・・24.1% (38人)
届いているとは感じない・・・9.5% (15人)
わからない・・・14.6% (23人)

問5.あなたは区政運営について、計画段階から区民の対話や協働によって進められていると感じますか。

問5グラフ

進められていると感じる・・・3.2% (5人)
どちらかといえば進められていると感じる・・・17.1% (27人)
どちらともいえない・・・29.1% (46人)
あまり進められていないと感じる・・・17.1% (27人)
進められているとは感じない・・・12.0%(19人)
わからない・・・21.5%(34人)

問6.あなたは区政運営について、多様な区民による評価が行なわれ、それが区に届いていると感じますか。

問6グラフ

届いていると感じる・・・1.3% (2人)
どちらかといえば届いていると感じる・・・19.0% (30人)
どちらともいえない・・・24.7% (39人)
あまり届いていないと感じる・・・20.9% (33人)
届いているとは感じない・・・12.7% (20人)
わからない・・・21.5%(34人)

問7.あなたは地域活動を支援する中間支援組織のことを知っていますか。

問7グラフ

活動内容を知っている・・・8.9% (14人)
名前を聞いたことがある・・・25.3% (40人)
知らない・・・65.8% (104人)

問8.(本設問は、平成24年8月以降に、お住まいの区の区役所を訪れたことのある方にお伺いします)あなたは、来庁者への案内等区役所の窓口業務について、サービスがよいと感じましたか。

問8グラフ

そう感じた・・・36.4% (48人)
どちらかといえばそう感じた・・・38.6% (51人)
どちらともいえない・・・11.4% (15人)
あまり感じなかった・・・9.1% (12人)
感じなかった・・・3.8% (5人)
わからない・・・0.8% (1人)

問9.(本設問は、平成24年8月以降に、お住まいの区の区役所ヘ相談や要望を行った方にお伺いします)区役所は適切に対応していると感じますか。

問9グラフ

適切に対応していると感じる・・・34.3% (34人)
どちらかといえば適切に対応していると感じる・・・34.3%(34人)
どちらともいえない・・・14.1% (14人)
あまり適切に対応していると感じない・・・5.1% (5人)
適切に対応していないと感じる・・・4.0% (4人)
わからない・・・8.1% (8人)

問10-1.あなたは区役所において、来庁者への案内サービスや証明書発行をはじめとする窓口業務を平成24年4月以降利用されたことがありますか。

問10-1グラフ

よく利用する・・・5.1% (8人)
ときどき利用する・・・48.7% (77人)
あまり利用しない・・・24.7%(39人)
利用しない・・・21.5%(34人)

問10-1で「1」または「2」とお答えの方にお聞きします。

問10-2.あなたは来庁者の案内や証明書発行をはじめとする窓口業務について、平成24年4月以降サービスの向上が図られていると感じますか。

問10-2グラフ

感じる・・・30.6% (26人)
どちらかといえば感じる・・・43.5% (37人)
どちらでもない・・・20.0% (17人)
どちらかといえば感じない・・・1.2% (1人)
感じない・・・1.2%(1人)

問10-1で「1」または「2」とお答えの方にお聞きします。

問10-3.あなたは区役所の効率的な業務運営に向け、区の実情や特性に応じて、取組みが進められていると感じますか。

問10-3グラフ

感じる・・・13.6% (11人)
どちらかといえば感じる・・・40.7% (33人)
どちらでもない・・・27.2% (22人)
どちらかといえば感じない・・・8.6% (7人)
感じない・・・3.7%(3人)  
わからない・・・6.2%(5人)

問11.あなたは区役所で、防災など危機事象ごとの計画やマニュアルが作成されていることを知っていますか。

問11グラフ

知っている・・・44.9% (71人)
知らない・・・55.1% (87人)

地域活動やまちづくりについてお聞きします。

問12.地域での住民同士の「つながり」や「きずな」について、どうお考えですか。

問12グラフ

大切である・・・67.7% (107人)
どちらかといえば大切である・・・25.9% (41人)
どちらともいえない・・・4.4% (7人)
あまり大切でない・・・1.3% (2人)
大切でない・・・0.6% (1人)

問13.お住まいの地域でのご近所づきあいについて、平成24年4月までと比べ、日頃からあいさつや立ち話をする程度のおつき合いができる相手が増えたと感じますか。

問13グラフ

増えた・・・11.4% (18人)
どちらかといえば増えた・・・18.4% (29人)
変わらない・・・60.1% (95人)
どちらかといえば減った・・・8.2% (13人)
減った・・・1.9%(3人)

問14.お住まいの地域(主に小学校エリア)で活動している地域団体の活動内容や、会計報告が情報誌やホームページ、回覧板、掲示板など何らかの形で公表されていることを知る機会が平成24年4月までと比べて増えましたか。

問14グラフ

知る機会が増えた・・・8.2% (13人)
どちらかといえば知る機会が増えた・・・26.6% (42人)
どちらともいえない・・・41.8% (66人)
どちらかといえば知る機会が減った・・・2.5% (4人)
知る機会は減った・・・2.5% (4人)
知らない・・・18.4% (29人)

問15-1.あなたのお住まいの地域では、地域のまちづくりに関する活動が地域団体やNPO、企業などいろんな団体が連携・協働して進められていると感じますか。

問15-1 グラフ

そうである・・・3.9% (6人)
まあそうである・・・24.2% (37人)
どちらともいえない・・・22.2% (34人)
あまりそうでない・・・15.7% (24人)
そうでない・・・5.2% (8人)
わからない・・・28.8% (44人)

問15-1で「1」もしくは「2」をお選びの方にお聞きします

問15-2.どのような時に、地域のまちづくりに関する活動がいろんな団体が連携・協働して進めていると感じましたか。 (複数回答可)

問15-2グラフ

イベント内容やサービスの質が良くなった・・・52.4%(22人)
事業の主催者に、地域団体、NPO、企業など様々な立場の人々が参画するようになった・・・50.0%(21人)
困難な地域課題に対しても対応が進められた・・・9.5%(4人)
その他・・・4.8%(2人)

問16.あなたは、これまでに地域活動に取組んだことがありますか。(地域活動とは・・・身近な地域の社会環境を良くするために、市民や地域の各種団体、NPO法人、ボランティア団体、事業者などが地域を中心に取り組む公益的な活動のことをいいます。)

問16 グラフ

ある・・・30.7% (47人)
ない・・・69.3% (106人)

問17.大阪市では、区役所や関係機関により地域活動の情報を提供していますが、地域活動を始めたいときにどうすればいいかなど地域活動に参画しやすい環境が整っていると感じますか。

問17グラフ

感じる・・・2.6% (4人)
ある程度感じる・・・16.4%(25人)
どちらともいえない・・・22.4% (34人)
あまり感じない・・27.0% (41人)
感じない・・・9.9% (15人)
わからない・・・21.7% (33人)

問18.大阪市では、地域のまちづくりを活性化させるため中立的な立場で、地域の話し合いを進め、人材・情報など地域の資源をコーディネートし、地域特性に応じた活動のマネジメントを行う「地域公共人材」の育成に取り組むこととしています。あなたのお住まいの地域の活動において、このようなコーディネートやファシリテートのできる人材が活躍していると感じますか。

※コーディネートとは・・・全体的な調和などを考えて調整し、組み合わせることをいいます。
※ファシリテートとは・・・容易にする、促進するという意味で、組織や集団による問題解決や合意形成などにおいて、中立的な立場にに立って、協働的・創造的な話し合いの手順や過程を設計・管理することをいいます。

問18グラフ

感じる・・・0.7% (1人)
ある程度感じる・・・16.4% (25人)
どちらともいえない・・・13.8% (21人)
あまり感じない・・・27.0% (41人)
感じない・・・15.1%(23人)
わからない・・・27.0% (41人)

問19-1.コミュニティ・ビジネスやソーシャル・ビジネスという言葉をご存知ですか。

 ※コミュニティ・ビジネスは地域の住民が地域課題やニーズに、ソーシャル・ビジネスは市民が社会的課題やニーズに、それぞれ対応し、各課題解決のために必要なサービスなどを、ビジネスの手法で提供する事業をいいます。いずれも営利目的ではなく、社会の利益を増大させることを目的とします。(別紙資料も参考にご覧ください)
問19-1 グラフ

知っている・・・35.5% (54人)
知らない・・・64.5% (98人)

問19-1で「1」をお選びの方にお聞きします

問19-2.コミュニティ・ビジネスやソーシャル・ビジネスが、地域で継続的に展開されていくことで、地域の活性化や地域の利益の増大につながるといった意義やメリットをご存知ですか。

問19-2グラフ

知っている・・・81.1% (43人)
知らない・・・18.9% (10人)

「市政改革プラン」についてお聞きします

「市政改革プラン」では、「住民に近いほど住民のニーズを的確に把握でき、そのニーズへの対応は住民に近いところで行うほうが望ましい」という考え方(「ニア・イズ・ベター」)のもと、地域団体や市民、NPO、企業、及び行政などの多様な協働による活力ある地域社会づくりと、それを支える区政運営の実現をめざしています。
また、行財政運営については、本格的な少子高齢・人口減少社会の到来を見据え「現役世代への重点的な投資」という政策転換を支える財源を捻出するとともに、スリムで確固たる行財政基盤を構築するため、ムダを徹底的に排除し、効果的・効率的な運営をめざしています。

問20-1.あなたは、この区民モニターアンケート前から、「市政改革プラン」をご存知でしたか。

問20-1グラフ

内容を知っている・・・5.7% (9人)
名前を知っている程度・・・26.6% (42人)
知らない・・・67.7% (107人)

問20-1で「1」または「2」とお答えの方にお聞きします

これまで、大阪市では、「市政改革プラン」に関する情報発信について、以下の取組を進めてきました。
・広報紙への掲載
・大阪市ホームページへの掲載
・各区役所や各サービスカウンター等での、「市政改革プラン」冊子及びリーフレットの配布

問20-2.あなたは、「市政改革プラン」について、何でお知りになりましたか。該当するものをすべて選んでください。

問20-2グラフ

広報紙・・・72.5%(37人)
市ホームページ・・・21.6%(11人)
冊子・・・11.8%(6人)
リーフレット・・・3.9% (2人)
その他(テレビ・新聞等)・・・21.6%(11人)

問20-2で1~4のいずれか1つでもお選びの方にお聞きします

問20-3.あなたは、「市政改革プラン」について、わかりやすい情報発信がなされていると思いますか。次の中から1つ選んでください。

問20-3グラフ

わかりやすい情報発信がなされている・・・6.4% (3人)
ある程度わかりやすい情報発信がなされている・・・74.5% (35人)
わかりやすい情報発信がなされていない・・・19.1% (9人)

第1回区民モニターアンケート結果

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市大正区役所 総務課庶務グループ

〒551-8501 大阪市大正区千島2丁目7番95号(大正区役所5階)

電話:06-4394-9625

ファックス:06-6553-1981

メール送信フォーム