ページの先頭です
メニューの終端です。

平成27年度第1回アンケート 「在宅医療・介護などについて」

2019年5月31日

ページ番号:471696

調査の目的

 大正区は、大阪市平均と比べて高齢化率が高く、在宅で医療や介護が必要な高齢者が増加しています。
 このため、自分や家族が高齢になり、介護が必要な状態になっても、住み慣れた地域で安心して生活できるような地域のしくみが必要とされています。
 そこで、在宅医療や介護などに関する事項などについて、現時点で区民の皆様がどのように感じておられるかを把握し、今後の事業に役立てるため、今回のアンケートを実施しました。

調査の実施状況

【調査の実施状況】
 調査期間:平成27年11月25日~平成27年12月21日
 調査方法:郵送及び電子申請システムによるアンケート
 調査対象:区民モニター登録者(192名)
 回答者数:160名
 回答率:83.33%

区民モニター登録者数及び第1回アンケート回答者数

区民モニター登録者数及び第1回アンケート回答者数
 モニター登録者数回答者数回答率
78114192669416084.62%82.46%83.33%
回答
種別
公募郵便4131741216100.00%92.31%94.12%
電子51116391260.00%81.82%75.00%
抽出
(※)
郵便496911841559683.67%79.71%81.36%
電子20214118183690.00%85.71%87.80%
年齢別~2981018581362.50%80.00%72.22%
30~39925347182577.78%72.00%73.53%
40~4920264619234295.00%88.46%91.30%
50~591021318182680.00%85.71%83.87%
60~6916153114142887.50%93.33%90.32%
70~15173213132686.67%76.47%81.25%
     抽出(※)・・・無作為に抽出した方のうち、承諾をいただいた方

調査結果の分析

※アンケート集計結果における各設問の母数n(Number of case の略)は、設問に対する有効回答者数を意味します。

※各選択肢の構成比(%)は小数点第2位以下を四捨五入しています。このため、択一式の回答については構成比の合計が100%にならない場合があります。

(1)在宅医療・介護についてお聞きします

問1.世帯状況をお答えください。

問1グラフ

単身・・・13.1% (21人)
夫婦のみ・・・28.1% (45人)
子どもと同居・・・39.4% (63人)
親と同居・・・16.3%(26人)
その他・・・3.1%(5人)

問2.現在のお住まいの住宅の種類をお答えください。

問2グラフ

持ち家(一戸建て)・・・47.2% (75人)
持ち家(マンション等の共同住宅)・・・21.4% (34人)
公社・公団・公営等の賃貸住宅・・・ 13.2% (21人)
民間借家または賃貸住宅・・・13.8%(22人)
社宅・公務員住宅等の給与住宅・・・1.9%(3人)

問3.現在の体調について、教えてください。

問3グラフ

良くない・・・3.8% (6人)
あまり良くない・・・18.1% (29人)
まぁまぁ良い・・・43.8% (70人)
良い・・・34.4% (55人)

問4.かかりつけ医(お住まいの近くで、いざという時に病気の相談をしたり、診てもらう医師)をお持ちですか。

問4グラフ

ある・・・61.3% (98人)
ない・・・38.8% (62人)

問5.かかりつけ医(お住まいの近くで、いざという時に病気の相談をしたり、診てもらう医師)が必要だと思いますか。

問5グラフ

必要と思う・・・74.4% (119人)
少し必要と思う・・22.5% (36人)
あまり必要と思わない・・・2.5% (4人)
全く必要ない・・・0.6% (1人)

問6.かかりつけ医(お住まいの近くで、いざという時に病気の相談をしたり、診てもらう医師)を選ぶ基準は何ですか。(複数選択可)

問6グラフ

自宅から近い・・70.0% (112人)
最寄り駅から近い・・・5.0% (8人)
先生の人柄が良い、診療が安心できる・・・72.5% (116人)
近所の評判・・・18.1% (29人)
開設時間が合う・・・23.1% (37人)
必要に応じて往診してくれる・・・15.0% (24人)
専門病院を紹介してくれる・・・33.1% (53人)
その他・・・2.5% (4人)

問7.大正区内の介護事業者の情報を知っていますか。

問7グラフ

よく知っている・・・6.9% (11人)
少し知っている・・・23.9% (38人)
あまり知らない・・・44.0% (70人)
ほとんど知らない・・・25.2% (40人)

問8.介護サービスの利用方法を知っていますか。

問8グラフ

よく知っている・・・11.9% (19人)
少し知っている・・・26.4% (42人)
あまり知らない・・・30.2% (48人)
ほとんど知らない・・・31.4% (50人)

問9.大正区内で、訪問診療(※) を受けられる医療機関を知っていますか。

 ※訪問診療とは、在宅で療養を行なっている患者が、通院困難な場合に、患者の同意を得て、医師が診療の計画を立て、定期的 (週一回など)に居宅を訪問して行う診療のこと。
問9グラフ

よく知っている・・・6.9% (11人)
少し知っている・・・23.3% (37人)
あまり知らない・・・24.5% (39人)
ほとんど知らない・・・45.3% (72人)

問10.大正区内で、認知症について相談できる医療機関を知っていますか。

問10-1グラフ

よく知っている・・・7.5% (12人)
少し知っている・・・9.4% (15人)
あまり知らない・・・30.2% (48人)
ほとんど知らない・・・52.8% (84人)

問11.医療や介護が必要になった時に、どこで生活したいですか。

問10-3グラフ

自宅・・・30.8% (49人)
親族(親、子等)宅・・・0.6% (1人)
特殊な医療などが必要になった時は、病院や施設を利用したい・・・40.3% (64人)
施設(高齢者施設、介護施設)・・・14.5% (23人)
考えたことがない・・・13.8%(22人)

問11で、「1」、「2」、「3」のいずれかを、選択した方にお聞きします

問12.どなたに、介護を頼みたいですか。(複数選択可)

問12グラフ

配偶者・・・52.2% (59人)
子ども・・・23.9% (27人)
子どもの配偶者・・・1.8% (2人)
兄弟姉妹・・・5.3% (6人)
介護の事業者(ヘルパーや看護師など)・・・69.0% (78人)
その他・・・0.9% (1人)

問13.もし介護が必要になった時に、自宅で暮らすことに不安がありますか。

問13グラフ

全く不安はない・・・4.4% (7人)
あまり不安に思わない・・・12.6% (20人)
やや不安に思う・・・47.8% (76人)
かなり不安に思う・・・35.2% (56人)

問13で 「やや不安に思う」、「かなり不安に思う」(3または4を選択)とお答えの方にお聞きします

問14.どのようなことが不安に思われますか。(複数選択可)

問14グラフ

家族の負担・・・73.5% (97人)
家族がいない・・・11.4% (15人)
居宅環境が整っていない・・・32.6% (43人)
介護情報(利用の仕方を含む)・・・15.9% (21人)
経済的な負担・・・52.3% (69人)
相談が24時間できるか・・・14.4% (19人)
急に状態が悪くなった時に入院できるか・・・40.2% (53人)

問15.終(つい)のすみか(老後に暮らしたいと思う場所)として、どこで暮らしたいですか。

問15グラフ

現在の自宅・・・59.7% (95人)
家族や親族が住む家・・・13.8% (22人)
友人が住む家・・・0.0% (0人)
特別養護老人ホーム・・・8.8% (14人)
有料老人ホーム・・・4.4% (7人)
高齢者向け賃貸住宅・・・6.9% (11人)
病院・・・3.1% (5人)
その他・・・3.1% (5人)

問16.認知症が進行し、身の回りの手助けが必要になった時、どこで暮らしたいですか。

問16 グラフ

現在の自宅・・・26.1% (41人)
家族や親族が住む家・・・7.6% (12人)
友人が住む家・・・0.0% (0人)
特別養護老人ホーム・・・40.8% (64人)
有料老人ホーム・・・8.3% (13人)
高齢者向け賃貸住宅・・・5.1% (8人)
病院・・・7.6% (12人)
その他・・・4.5% (7人)

問17.万一、治る見込みがない病気になった場合、どこで最期を看とられたいですか。

問17グラフ

現在の自宅・・・37.7% (60人)
家族や親族が住む家・・・13.2% (21人)
友人が住む家・・・0.6% (1人)
特別養護老人ホーム・・・7.5% (12人)
有料老人ホーム・・・1.3% (2人)
高齢者向け賃貸住宅・・・1.3% (2人)
病院・・・36.5% (58人)
その他・・・1.9% (3人)

問18.在宅(自宅または親族の家)での介護の経験がありますか。

問18グラフ

ある・・・26.4% (42人)
ない・・・73.6% (117人)

問18で 「ある」(1を選択)とお答えの方にお聞きします

問19.在宅介護された通算の期間はどれくらいですか。

問19グラフ

1ヶ月未満・・・4.8% (2人)
1ヶ月~1年未満・・・16.7% (7人)
1年~5年未満・・・47.6% (20人)
5年以上・・・31.0% (13人)

問20.ご自身やあなたの家族は介護サービスを利用したことがありますか。

問20グラフ

ある・・・34.4% (54人)
ない・・・65.6% (103人)

問20で 「ある」(1を選択)とお答えの方にお聞きします

問21.利用したことのある介護サービスはどれですか。(複数選択可)

問20-3グラフ

訪問介護(ヘルパー)・・・52.8% (28人)
訪問看護・・・20.8% (11人)
通所介護(デイサービス)・・・62.3% (33人)
通所リハビリ(デイケア)・・・26.4% (14人)
ショートステイ(短期入所生活介護・短期入所療養介護)・・・32.1% (17人)
福祉用具・・・39.6% (21人)
住宅改修・・・13.2% (7人)
介護タクシー・・・34.0% (18人)

問22.あなたの家族が、医療及び介護が必要になった時に、どこで生活してもらいたいですか。

問22グラフ

自宅・・・25.8% (40人)
親族(親、子等)宅・・・3.2% (5人)
特殊な医療などが必要な場合は、病院や施設を利用してもらいたい・・・47.1% (73人)
施設(高齢者施設・介護施設)等で生活してもらいたい・・・16.1% (25人)
考えたことがない・・・7.7% (12人)

問23.在宅での医療や介護が必要になった時に、相談した、あるいは相談しようと思う機関はどこですか。(複数選択可)

問23グラフ

大正区社会福祉協議会・・・32.1% (50人)
地域包括支援センター・総合相談窓口・・・26.9% (42人)
大正区保健福祉センター・・・41.0% (64人)
訪問看護ステーション・・・13.5% (21人)
介護事業者(ケアマネジャー等)・・・42.3% (66人)
かかりつけ医・・・34.0% (53人)
老人福祉センター・・・6.4% (10人)
その他・・・5.8%(9人)

問24.今後、区保健福祉センターに在宅医療や在宅介護でもっと取り組んで欲しいことは、何ですか。(複数選択可)

問24グラフ

相談窓口の情報・・・69.2% (108人)
リーフレットやマップ作成・・・24.4% (38人)
認知症専門相談窓口情報・・・48.1% (75人)
高齢者・要介護者を地域で支援する見守りネットワークづくり・・45.5% (71人)
地域ボランティア情報・・・16.7% (26人)
介護予防などの活動の充実・・・32.7% (51人)

問25.在宅医療や在宅介護のことで、ご意見などございましたら、ご自由にご記入ください。

主なご意見

・介護保険サービスを利用していても、急な対応をして頂くことが困難な場合があり、結局家族が仕事を休まざるをえない。緊急時は家族で対応することとなるが、続くと仕事に影響が出たり、辞めたりすることにつながりかねない。 

・高齢化が進む社会に出来るだけ健康で過ごし、介護の負担をかけたくない。 

・在宅医療や介護は多くの人が望むことだと思うので、介護する人をサポートするシステムを充実させてほしい。 

・「地域でのボランティア」に関しては、個人情報保護法に則った形にしてもらわないと、個人情報が漏れる可能性が高いと思われるので、生活に不安を感じる。 

・家族で介護をしていた時は本当に大変であったが、今はケアマネジャーに相談し、デイサービス、ショートステイを利用しており、精神的なゆとりができた。 

・介護される側は在宅を望んでいるが、在宅だけでは大変である。 

・身近で必要性がまだないので実感はないが、情報があまりなく不安である。 

・老後に介護が必要になった場合でも安心できる制度が必要である。 

・相談したいときに総合窓口があれば助かる。 

・認知症の家族がいる場合、介護をしながら正社員で働くのは困難である。 

・認知症の家族が病院へ行く際に、付添い人の交通費を援助してほしい。


(2)「大きな公共を担う活力ある地域社会づくり」成果指標測定のためのアンケート

問26.地域での住民同士の「つながり」や「きずな」について、あなたはどうお考えですか。

問26グラフ

大切と思う・・・60.8% (96人)
どちらかといえば大切と思う・・・31.6% (50人)
あまり大切と思わない・・・5.7% (9人)
大切と思わない・・・1.9% (3人)

問27.あなたは、お住まいの地域(おおむね小学校区)では、日頃から、ご近所どうしで「声かけ」、「見守り」、「助け合い」、「支え合い」が行われていると感じますか。

問27グラフ

感じる・・・12.6% (20人)
ある程度感じる・・・42.8% (68人)
あまり感じない・・・30.8% (49人)
感じない・・・13.8% (22人)

問28.あなたは、「地域活動協議会」のことを知っていますか。

※大正区内には、おおむね小学校区を範囲として、地域団体やNPO、企業など地域のまちづくりに関するいろんな団体が集まり、話し合い、協力しながら、地域課題の解決やまちづくりに取り組んでいくための仕組みである「地域活動協議会」(大正区では「地域まちづくり実行委員会」)が、10地域あります。
問28グラフ

活動していることを知っている・・・12.6% (20人)
聞いたことがある・・・29.6% (47人)
知らない・・・57.9% (92人)

問28で「活動していることを知っている」(1を選択)とお答えの方にお聞きします

問29.あなたは、お住まいの地域の地域活動協議会では、地域課題の解決やまちづくりに自律的に取り組んでいると感じますか。

問29グラフ

感じる・・・18.5% (5人)
どちらかといえば感じる・・・40.7% (11人)
どちらかといえば感じない・・・29.6% (8人)
感じない・・・11.1% (3人)

問30.あなたは、小学校区を越えた範囲で、地域活動協議会をはじめ地域団体や市民、NPO、企業などいろんな方々が連携し、協働することによって、まちづくりに関する活動が進められていると感じますか。

問30グラフ

感じる・・・4.5% (7人)
どちらかといえば感じる・・・20.1% (31人)
どちらかといえば感じない・・・33.1% (51人)
感じない・・・15.6% (24人)
知らない・・・26.6% (41人)

問30で「感じる」又は「どちらかといえば感じる」(1または2を選択)とお答えの方にお聞きします。

問31.どのような点に、そう感じましたか。(複数選択可)

問31グラフ

事業の主催者に地域団体、NPO、企業など校区を越えた様々な立場の人々が参画するようになった・・・73.7% (28人)
校区を越えた困難な地域課題に対しても対応が進められた・・・21.1% (8人)
その他・・・5.3% (2人)

問32.あなたは、(※)地域活動 に参加していますか。

(※)ここでは、身近な地域の社会環境をよくするために、市民や地域の各種団体、NPO法人、ボランティア団体、事業者などが地域を中心に取り組む公益的な活動のことをいいます。
問32グラフ

はい・・・12.7% (20人)
いいえ・・・87.3% (138人)

大阪市では、地域のまちづくりを活性化させるため、中立的な立場で地域の話し合いを進め、人材・情報など地域の資源をコーディネート*・ファシリテート*し、地域特性に応じた活動のマネジメントを行う「地域公共人材」の育成及び地域への派遣に取り組んでいます。

*コーディネート:全体的な調査などを考えて調整し、組み合わせること
*ファシリテート:容易にする、促進するという語彙(ごい)で、組織や集団による問題解決や合意形成などにおいて、中立的な立場に立って、協働的・創造的な話し合いの手順や過程を設計・管理することをいう。

問33.あなたは、この「地域公共人材」という仕組みを知っていますか。

問33グラフ

知っている・・・5.1% (8人)
名前は聞いたことがある・・・8.3% (13人)
知らない・・・86.6% (136人)

問33で「知っている」(1を選択)とお答えの方にお聞きします

問34.あなたのお住まいの地域の活動において、この「地域公共人材」が活躍していると感じますか。

問34グラフ

感じる・・・13.3% (2人)
どちらかといえば感じる・・・20.0% (3人)
どちらかといえば感じない・・・46.7% (7人)
感じない・・・20.0% (3人)

問35.あなたが現在の住所にお住まいになってからの年数をお答えください。

問35グラフ

1年未満・・・2.5% (4人)
1年以上10年未満・・・27.0% (43人)
10年以上・・・70.4% (112人)

問36.あなたは現在、中学生以下のお子さまの子育てをしていますか。


している・・・23.3% (37人)
していない・・・76.7% (122人)

平成27年度第1回区民モニターアンケート結果

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市大正区役所 総務課庶務グループ

〒551-8501 大阪市大正区千島2丁目7番95号(大正区役所5階)

電話:06-4394-9625

ファックス:06-6553-1981

メール送信フォーム