ページの先頭です
メニューの終端です。

平成28年度第1回アンケート 「地域活性化・安心安全なまちづくりなどについて」

2019年5月31日

ページ番号:471698

調査の目的

 大正区役所では、区の運営方針に基づき、経営課題の解決に向けさまざまな取り組みを行っています。
 今回は地域活性化や安心安全なまちづくりをはじめ、区の取り組みなどについて、区民の皆様が現時点でどのように感じておられるかを把握し、今後の事業に役立てるためにアンケートを実施しました。

調査の実施状況

【調査の実施状況】
 調査期間:平成28年11月25日~平成28年12月22日
 調査方法:郵送及び電子申請システムによるアンケート
 調査対象:区民モニター登録者(196名)
 回答者数:162名
 回答率:82.65%

区民モニター登録者数及び第1回アンケート回答者数

区民モニター登録者数及び第1回アンケート回答者数
 モニター登録者数回答者数回答率
751211966110116281.33%83.47%82.65%
回答
種別
公募郵便916257142177.78%87.50%84.00%
電子4162041519100.00%93.75%95.00%
抽出
(※)
郵便546612045549983.33%81.82%82.50%
電子823315182362.50%78.26%74.19%
年齢別~293111417833.33%63.64%57.14%
30~39133144132841100.00%90.32%93.18%
40~49152338152237100.00%95.65%97.37%
50~59820285152062.50%75.00%71.43%
60~6917203716163294.12%80.00%86.49%
70~19163511132457.89%81.25%68.57%
     抽出(※)・・・無作為に抽出した方のうち、承諾をいただいた方

調査結果の分析

※アンケート集計結果における各設問の母数n(Number of case の略)は、設問に対する有効回答者数を意味します。

※各選択肢の構成比(%)は小数点第2位以下を四捨五入しています。このため、択一式の回答については構成比の合計が100%にならない場合があります。

(1)区の活性化の取り組みについてお聞きします

大正区役所では、「ものづくりのまち」の特徴を活かし、区内企業の方と一緒に活力あるまちづくりを進めていますが、以下の内容についてお聞きします。

問1.区民の方に大正区のものづくりの素晴らしさや格好良さを伝えるため毎年夏休みに開催しています「大正ものづくりフェスタ」(平成28年は協力企業89社、来場者1,051名)をご存知ですか。

問1グラフ

知っている・・・75.9% (123人)
知らない・・・24.1% (39人)

問2.平成28年4月より全国で初めて、区役所が工場見学に訪れる全国の小学校から高等学校までの修学旅行をコーディネートする『修学旅行ものづくり工場見学ツアー』事業を本格的にスタートしていますが、ご存知ですか。

問2グラフ

知っている・・・38.3% (62人)
知らない・・・61.7% (100人)

問3.「大正オープンファクトリー(※)」をはじめ区内の魅力ある“ものづくり”現場の見学会に参加してみたいと思いますか。

(※)大正オープンファクトリーとは・・・平成27年、西日本で初めて大正区が実施した、区内の工場を一斉に開放する大規模な工場見学会(平成28年は、11月25日・26日の2日間、12コース。参加企業23社。定員210名)
問3グラフ

思う・・・58.0% (94人)
思わない・・・42.0% (68人)

問4.これまでお聞きした各事業が、大正区が目ざす魅力向上(住んでみたいまち、住み心地の良いまち)に効果があると感じますか。

問4グラフ

感じる・・・19.9% (32人)
どちらかといえば感じる・・・40.4% (65人)
どちらかといえば感じない・・・29.8%(48人)
感じない・・・9.9%(16人)

問4で「感じる」または「どちらかといえば感じる」(1または2を選択)とお答えの方にお聞きします。

問5.「感じる」「どちらかといえば感じる」理由をお選びください。(複数回答可)

問5グラフ

大正区の魅力や認知度が上がっているように感じるから・・・53.6% (52人)
区の特色を活かせているように感じるから・・51.5% (50人)
周囲の人から「大正区面白そう」といった声を聞いたことがあるから・・・15.5% (15人)
大正区へ引っ越してきた人や区内の企業に就職した人を知っているから・・・4.1% (4人)
大正区への引っ越しや区内企業への就職を考えている人を知っているから・・・4.1%(4人)
その他・・・3.1%(3人)

問4で「どちらかといえば感じない」または「感じない」(3または4を選択)とお答えの方にお聞きします。

問6.「どちらかといえば感じない」「感じない」理由をお選びください。(複数回答可)

問6グラフ

イベントとして一時的に人は集まるが、魅力向上には結びついていないように感じるから・・70.0% (46人)
区の特色を活かせていないように感じるから・・・5.0% (4人)
もっと別の分野に力を入れるべきであると思うから・・・72.5% (15人)
その他・・・18.1% (10人)

(2)安心安全なまちづくりについてお聞きします

問7.大正区役所で、防災など危機事象ごとの計画やマニュアルが作成されていることを知っていますか。

問7グラフ

知っている・・・44.1% (71人)
知らない・・・55.9% (90人)

問8.大正区役所では、これまで地域の協力のもと震災訓練や防災マップの作成等を行っていますが、津波の際にどの建物に避難するのかご存知ですか。

問8グラフ

知っている・・・65.2% (105人)
知らない・・・34.8% (56人)

問9.大正区役所では、公園や学校周辺への防犯カメラの設置や、ひったくり防止デーの取組みを行っていますが、これらの取組みにより防犯意識が高まっていると感じますか。

問9グラフ

感じる・・・17.4% (28人)
どちらかといえば感じる・・・42.9% (69人)
どちらかといえば感じない・・・29.2% (47人)
感じない・・・10.6% (17人)

問10.災害対策として、普段から行っている準備や確認はありますか(複数回答可)

問10グラフ

避難場所の確認・・・53.8% (86人)
非常持ち出し品の準備・・・36.9% (59人)
保存食や物資の準備(備蓄)・・・35.6% (57人)
家具などの転倒防止・・・20.6% (33人)
何も用意していない・・・18.1%(29人)
家族や知人との連絡方法の確認・・・28.8%(46人)
自宅の耐震化・・・7.5%(12人)
家族での災害時の役割分担の確認・・・5.0%(8人)
防災訓練への参加・・・18.1%(29人)
その他・・・1.3%(2人)

問11.日頃から保存食や物資の準備(備蓄)をされていますか。

問11グラフ

備蓄をして、定期的に点検や補充を行っている・・・15.8% (25人)
備蓄はしているが、点検や補充はしていない・・・24.1% (38人)
以前はしていたが、今はやっていない・・・13.9% (22人)
用意しなければと思っているが用意していない・・・38.6% (61人)
用意を考えていない・・・7.6%(12人)

問11で「備蓄をしている」(1、2を選択)または「今後、備蓄を予定している」(4を選択)と答えた方にお聞きします。

問12.災害対策として、ご家庭での備蓄をしている、または、備蓄を予定している品物と数量(○日分)をお答えください。(複数回答可)

問12グラフ

飲料水・・・89.2% (99人)
非常食・・・85.6% (95人)
携帯トイレ・・・36.9% (41人)
その他・・・14.4% (16人)

問12-1グラフ

問13.これからの災害対策として必要と思うものはどれですか(複数回答可)

問13グラフ

防災訓練・防災教育の実施・・・43.8% (67人)
避難マップの充実・・・47.7% (73人)
防災マニュアルの充実・・・39.2% (60人)
避難誘導体制づくり・・・43.8% (67人)
安否確認体制づくり・・・43.1%(66人)
地域の自主防災組織の強化・・・28.1%(43人)
要支援者への支援体制づくり・・・31.4%(48人)
避難所での運営体制づくり・・・47.1%(72人)
その他・・・2.6%(4人)

(3)「大きな公共を担う活力ある地域社会づくり」成果指標測定のためのアンケート

問14.あなたは、お住まいの地域では、日頃から、ご近所どうしで「声かけ」、「見守り」、「助け合い」、「支え合い」が行われていると感じますか。、

問14グラフ

感じる・・・14.5% (23人)
ある程度感じる・・・33.3% (53人)
あまり感じない・・・34.0% (54人)
感じない・・・18.2% (29人)

問15.あなたは、この「地域活動協議会」のことを知っていますか。

※大正区内には、校区等地域(おおむね小学校区)を範囲として、地域団体やNPO、企業など地域のまちづくりに関するいろんな団体が集まり、話し合い、協力しながら、地域課題の解決やまちづくりに取り組んでいくための仕組みである「地域活動協議会」(大正区では「地域まちづくり実行委員会」)が、10地域あります。
問15グラフ

活動していることを知っている・・・13.9% (22人)
聞いたことがある・・・20.3% (32人)
知らない・・・65.8% (104人)

問15で「活動していることを知っている」(1を選択)とお答えの方にお聞きします

問16.あなたは、お住まいの地域の地域活動協議会では、地域課題の解決やまちづくりに自律的に取り組んでいると感じますか。

問16グラフ

感じる・・・40.9% (9人)
どちらかといえば感じる・・・36.4% (8人)
どちらかといえば感じない・・・18.2% (4人)
感じない・・・4.5% (1人)

問17.あなたは、校区等地域を越えた範囲で、地域団体や市民、NPO、企業などいろんな方々が連携し、協働することによって、まちづくりに関する活動が進められていると感じますか。

問17グラフ

感じる・・・6.4% (10人)
どちらかといえば感じる・・・17.3% (27人)
どちらかといえば感じない・・・32.7% (51人)
感じない・・・13.5% (21人)
知らない・・・30.1% (47人)

問17で「感じる」又は「どちらかといえば感じる」(1または2を選択)とお答えの方にお聞きします。

問18.どのような点に、そう感じましたか。(複数選択可)

問18グラフ

事業の主催者に地域団体、NPO、企業など校区を越えた様々な立場の人々が参画するようになった・・・86.8% (33人)
校区を越えた困難な地域課題に対しても対応が進められた・・・10.5% (4人)
その他・・・2.6% (1人)

問19.あなたは、(※)地域活動 に参加していますか。

(※)ここでは、身近な地域の社会環境をよくするために、市民や地域の各種団体、NPO法人、ボランティア団体、事業者などが地域を中心に取り組む公益的な活動のことをいいます。
問19グラフ

はい・・・12.7% (20人)
いいえ・・・87.3% (138人)

大阪市では、地域のまちづくりを活性化させるため、公平な立場で地域の話し合いを進め、人材・情報など地域の資源を組み合わせるなど、地域特性に応じた活動のマネジメントを行う「地域公共人材」の育成及び地域への派遣に取り組んでいます。

問20.あなたは、この「地域公共人材」という仕組みを知っていますか。

問20グラフ

知っている・・・1.9% (3人)
名前は聞いたことがある・・・6.4% (10人)
知らない・・・91.7% (144人)

問20で「「地域公共人材」の活動を知っている」(1を選択)とお答えの方にお聞きします。

問21.あなたのお住まいの地域の活動において、この「地域公共人材」が活躍していると感じますか。

問21グラフ

感じる・・・33.3% (1人)
どちらかといえば感じる・・・33.3% (1人)
どちらかといえば感じない・・・33.3% (1人)
感じない・・・0.0% (0人)

問22.あなたが現在の住所にお住まいになってからの年数をお答えください。

問22グラフ

1年未満・・・3.8% (6人)
1年以上10年未満・・・33.3% (53人)
10年以上・・・62.9% (100人)

問23.あなたは現在、中学生以下のお子さまの子育てをしていますか。(複数回答可)


小学校就学前・・・21.9% (35人)
小学生・・・15.0% (24人)
中学生・・・3.1%(5人)
していない・・・67.5%(108人)

平成28年度第1回区民モニターアンケート結果

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市大正区役所 総務課庶務グループ

〒551-8501 大阪市大正区千島2丁目7番95号(大正区役所5階)

電話:06-4394-9625

ファックス:06-6553-1981

メール送信フォーム