ページの先頭です
メニューの終端です。

「大正ものづくりフェスタ2019 ~ 発明!発見!ものづくり ~」を開催しました!

2021年11月10日

ページ番号:491663

2019年は、発明!発見!ものづくり

ものづくりの素晴らしさを子どもたちに伝えるイベントです!

概要

令和元年8月24日(土曜日)、区内ものづくり企業と学生が団結し、大正区の誇りである”ものづくり”の技術を体感できる『大正ものづくりフェスタ2019~発明!発見!ものづくり ~』を開催しました。

当日は晴天に恵まれ、多くの来場者にお越し頂き、盛況のうちに終了しました。

  • 日時 令和元年8月24日(土曜日) 10時~16時
  • 開催場所 大正区役所(4階区民ホール、2階さわやか広場、駐車場)
  • 来場者数 700名
  • 会場の様子

産学官が連携し、ものづくりの魅力を伝えます!

出展企業/団体は40以上!
準備期間の様子写真
別ウィンドウで開く

区内外の企業や団体の皆様が集結し、知恵を出し合い、いろいろなブースを出展しました。
各企業や団体が4つのグループに分かれ、4か月にも渡る準備期間をともに活動し、ひとつのことに取組むことで、新たな関係性を構築することができました。
また、今回も50社を超える企業、団体に協賛していただきました。

学生も大活躍!
イベント当日に学生が受付を頑張っている写真
別ウィンドウで開く

今年も区内外7つの学校が参加し、ボランティアとして会場運営にご協力いただきました。また、企業ブースへの協力、体験授業、軽音楽ライブなどでも、会場を盛り上げていただきました。

ボランティア協力
大阪府立泉尾高等学校、大阪市立泉尾工業高等学校、大阪府立大正高等学校、大阪府立大正白稜高等学校、大阪府立西野田工科高等学校、学校法人清風明育社 清風情報工科学院、大阪経済大学(梅村ゼミ)

今年のコンセプトは、「ものづくりへのあこがれ」

様々なものづくり体験を通じて、ものづくりが社会や身の回りの生活を支え、役立っていることや、ものづくりの中で生まれる、工夫することの面白みをこどもたちに伝え、ものづくりに対する夢やあこがれを感じてもらうプログラムを多数ご用意しました。

スペシャルトーク(発明スペシャリストによる講演)

今回新しい試みとして、ロボット制作やシステム開発など、子どもの頃からものづくりに取組み成果をあげてきた「発明スペシャリスト」に、自らの作品や経験を語っていただきました。来場する子どもたちの年齢の近い、小学生から大学生までのスペシャリストの講演を通じて、ものづくりの素晴らしさや工夫することの面白みを伝えました。
松尾君の講演写真
別ウィンドウで開く

松尾和弥くん(リバネス ロボティクスラボ(現NEST LAB.)卒業生)
大阪府平成29年度水素・燃料電池工作コンクール 小学生の部優秀賞受賞

自作ロボット「しょうゆとってんかー」をプレゼンテーション。ロボットの楽しい機能や、こだわりポイントの紹介をしていただきました。

RSブラザーズの講演写真
別ウィンドウで開く

RSブラザーズ(森之宮少年少女発明クラブ所属)
第8回全国少年少女チャレンジ創造コンテスト 文部科学大臣賞受賞、第9回全国少年少女チャレンジ創造コンテスト 特許庁長官賞受賞

中学生と小学生の兄弟による、自作の「からくりパフォーマンスカー」の実演。兄弟ならではの息ピッタリのプレゼンテーションで会場を盛り上げていただきました。

岡田紗季さんの講演写真
別ウィンドウで開く

岡田紗季さん(AEDi)
全国高校生MY PROJECT AWARD 2016 文部科学大臣賞受賞、日本AED財団 AED功労賞 最優秀賞受賞

AEDを早く現場へ届ける為、タブレット端末を利用した「AED i」という仕組みの開発秘話を語っていただきました。

廃材アートコンテスト

夏休みの工作の宿題にぴったりのこのイベントは、各企業から集まってきた廃材を自由な発想で組み合わせ、オリジナリティあふれるアートを作る企画です。職人さんにグラインダーで金属もカットしてもらえるので、組み合わせ方は無限大。お手伝いするはずのお父さんがいつの間にか真剣にやってしまう、ものづくりフェスタの名物企画です。

今年はコンテスト形式として開催。子どもたちの自由な発想を、大正・港ものづくり事業実行委員会実行委員長、大正区長、大正区住みます芸人”ZUMA”にジャッジしていただきました。甲乙つけがたい10の作品の中から、3つの優秀賞を選び、閉会式にて発表しました。
廃材アートの様子写真
別ウィンドウで開く

イメージに合う廃材を探します。

廃材アートの様子写真その2
別ウィンドウで開く

はさみやボンドを使って、仕上がりイメージに近づけます。

廃材アートの様子写真その3
別ウィンドウで開く

10組の子どもたちに参加していただきました。

廃材アートで大正・港ものづくり事業実行委員長賞を獲得した作品写真
別ウィンドウで開く

大正・港ものづくり事業実行委員長賞

廃材アートで大正区長賞を獲得した作品写真
別ウィンドウで開く

大正区長賞

廃材アートでズーマ賞を獲得した作品写真
別ウィンドウで開く

ZUMA賞

閉会式での廃材アート表彰式の様子写真
別ウィンドウで開く

閉会式で表彰を行いました!

野球練習器具の試打会

野球練習機器サクゴエコーナーの様子写真
別ウィンドウで開く

大正区や港区のものづくり企業が作り上げた、今までにない野球練習機器「サクゴエ」。大正ものづくりフェスタに参画する企業が中心になり発売されたこの機器を体験できる場を設けました。子どもから大人まで熱中し、順番待ちの行列が絶えることがありませんでした。

当日の様子(企業出展ブース)

チーム「プラスチックな世界」

プラスチックな世界ワークショップの様子写真
別ウィンドウで開く

プラスチックをテーマに、プラ板づくりや、一から自分たちで制作したボールコースターを提供しました。プラ板づくりでは、子どもから大人まで、多くの方々が熱中していました。ボールコースターは、特に小さい子どもに大人気!その場を離れず、ずっと遊んでいる姿に、制作にかかわった出展者も喜びを隠せませんでした。

チーム「デザイナー」

デザイナーワークショップの様子写真
別ウィンドウで開く

シルクスクリーンという印刷技術を用いて、タオルやTシャツなどに、好きな柄を選んでプリントするというブースです。プリントしたものは持ち帰り可能!決まった柄をプリントするコースや、好きなデザインにプリントできるコースまであり、子どもはもちろん、大人ものめりこむ内容で、大人気でした!

チーム「大正ジオラボ」

大正ジオラボワークショップの様子写真
別ウィンドウで開く

気圧や水圧などの圧力を体験できる装置、自分の名前やイラストをボールに書けるお絵かきロボットプログラミング体験など、最新技術を体験できるブースです。普段なかなか触れることのできない装置を体験でき、子どもたちも熱中していました。またオリジナル地球儀づくりも行っており、こちらも盛況でした。

チーム「バラバラ工場」

バラバラ工場ワークショップの様子写真
別ウィンドウで開く

オモチャを解体し、モノが動く仕組みを学ぶブースです。歯車や留め具というオモチャの裏側を知ることで、ものづくりのコツを学びます。子どもたちは、いつも遊んでいるオモチャをバラバラにするという、本来なら大人に怒られそうなことを堂々とするワクワク感で夢中になっていました。最後はオリジナルの缶バッヂをプレゼント。満足そうに次の場所に向かう子どもの姿が印象的でした。

当日の様子(区民ホール、さわやか広場、駐車場)

司会を進めるズーマの写真
別ウィンドウで開く

司会は、大正区住みます芸人・ZUMA(ズーマ)さんと、大阪府立大正白稜高等学校放送委員に担当していただきました!

大阪府立西野田工科高等学校体験授業の様子写真
別ウィンドウで開く

大阪府立西野田工科高等学校体験授業:高輝度LEDランタン作り。はんだごてを使った電気工作です。

大正区マスコットキャラクターツージィの活躍写真
別ウィンドウで開く

大正区マスコットキャラクター、ツージィも登場!

大阪府立大正白稜高等学校警音学部ライブの様子写真
別ウィンドウで開く

大阪府立大正白稜高等学校軽音楽部ライブ:軽快な音楽で会場を盛り上げてくれました!

金属コマ手作り体験の様子写真
別ウィンドウで開く

金属コマ手作り体験:大阪府地域技能振興コーナーによる手作りコマ体験。作ったコマで対戦もできます!

ホバークラフトを作ろうの様子写真
別ウィンドウで開く

スイスイ進む ホバークラフトをつくろう:プロペラとボディを自作し、ホバークラフトを作成しました!

呼吸筋測定の様子写真
別ウィンドウで開く

呼吸筋測定:大阪府済生会泉尾病院と(一財)ものづくり医療コンソーシアムによる、呼吸筋測定会です。

車輪付き杖型ナビシステムの様子写真
別ウィンドウで開く

車輪付き杖型ナビシステム:大阪市立大学工学工学部・工学研究科 今津講師による、視覚障がい者向けの歩行誘導装置のデモンストレーション。

学校展示の様子写真
別ウィンドウで開く

学校展示:協力校の学校紹介です。

つみ木遊びの様子写真
別ウィンドウで開く

つみ木遊び:山忠木材株式会社提供による木材のつみ木です!

ソーラーカーの様子写真
別ウィンドウで開く

ソーラーカー:大正工業若葉会による、毎年恒例のソーラーカー試乗体験です!

大正工業若葉会のかき氷の様子写真
別ウィンドウで開く

こちらも毎年恒例!大正工業若葉会より、かき氷の提供です。

味の素冷凍食品の試食の様子
別ウィンドウで開く

味の素冷凍食品株式会社による試食コーナー:ギョーザやシューマイなどを提供いただきました!

フードコーナー1の様子写真
別ウィンドウで開く

フードコーナー1:港区の人気イタリアン「窯焼きピッツァ CiAO(チャオ)」

フードコーナー2の様子写真
別ウィンドウで開く

フードコーナー2:西区の人気カレー店「アアベルカレー」

参加者の声

参加者アンケートより

  • 満足度89.5%
  • 企業への理解が深まった89.5%

自由記述

  • 小さい子供から中学生高校生も楽しめる充実したイベントだなと、回りきれない程、子どもと楽しむことができました。ありがたいな、こういうのいいなと思ったところは、各コーナーを運営するスタッフである企業の方や高校生と交流できる機会が自然に出来ているところです。引っ込み思案な小1の息子も教えて下さる方にお任せして真剣な顔して聞いて楽しんでいました。ありがとうございました。
  • 小学生と幼稚園児を連れて来ました。幼稚園児は難しくあまり遊べないかと思っていましたが、幼稚園児も十分楽しく体験出来ました。小学生はもちろん色んな体験が出来てスタッフの皆さんには感謝申し上げます。
  • タオルがつくれたのがよかったです。たのしかったです。

主催

大正・港ものづくり事業実行委員会

出展企業

㈲飛鳥鉄工所、㈱池田鉄工所、泉尾バルブ、㈱栄光堂印刷所、エスオーエンジニアリング㈱、㈱大阪太平クリエイト、大林道路㈱、かねしろ匠舎、紀洋木材㈱、㈱港南タイヤ、㈱木幡計器製作所、㈲サン・アート、地元ナビ.com、鈴木合金㈱、成光精密㈱、大中工業㈱、大和紙料㈱、㈱土井商店、中村工業㈱、西村鐵工所、日本シェアサイクル普及協会、㈱日本電機研究所、パットプリント、光機械工業㈱、丸十服装㈱、㈲南歯車製作所、山忠木材㈱、㈱ユニティー、㈲リング、レゾナンスカフェスタジオ

支援団体

大阪府立泉尾高等学校、大阪市立泉尾工業高等学校、大阪府立大正高等学校、大阪府立大正白稜高等学校、大阪府立西野田工科高等学校、学校法人清風明育社 清風情報工科学院、大阪経済大学(梅村ゼミ)、大阪市立大学、尼崎信用金庫 大国町支店・港支店、A'ワーク創造館、(公財) 大阪産業局、大阪商工会議所西支部、(一社)大阪発明協会、大阪府地域技能振興コーナー(大阪府職業能力開発協会)、ハローワーク大阪西、大正工業若葉会、㈱ダイセン電子工業、地域ICTクラブ、㈱日本政策金融公庫大阪西支店、㈱ハング、hiko kami、㈱フィル、㈱ベイコミュニケーションズ、(一社) 港まちづくり協議会大阪、(一財)ものづくり医療コンソーシアム、㈱リバネス、大阪市港湾局鶴町機械工場

協賛企業

㈱藤井組、尼崎信用金庫 大国町支店・港支店、大阪シティ信用金庫、㈱ダイカン、荒井商事㈱、太田鉄工㈱、スクリューズ㈱、清和工業㈱、㈱ナニワ製作所、阪神精器㈱、㈱向商工、(公社)大阪市工業会連合会、大阪製鐵㈱、㈲大正製作所、㈱中山製鋼所、㈱ニチナン、㈱三好ロジテック、味の素冷凍食品㈱大阪工場、㈲井浦組、泉建設㈱、㈲糸永熔接工業所、上田鉄工㈱、ウツエバルブ㈱、㈱エス・ケイエンジニアリング、近江産業㈱、大阪鋼圧㈱、㈱大阪太平クリエイト、関急倉庫㈱、㈱紀陽銀行、㈱クボタ、桑畑電機㈱、㈱ケーホウ、高圧化学工業㈱、児島電機㈱、大阪府済生会泉尾病院、サンアグロ㈱、㈱三栄製作所、㈲三光製作所、㈱昴、泉陽㈱、大一帆布㈱、大正おもてなし酒場、㈱ダイトク、㈱太陽商会、高田鋼材工業㈱、テイカ㈱、並田機工㈱、㈱ノムラ、日立造船㈱、三菱ガス化学㈱、港産業㈱、ラサ工業㈱、ヰゲタ鋼管工業㈱、大阪府中小企業家同友会、中央ブロック

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市大正区役所政策推進課政策推進グループ
住所: 〒551-8501 大阪市大正区千島2丁目7番95号(大正区役所4階)
電話: 06-4394-9942 ファックス: 06-4394-9989

メール送信フォーム