ページの先頭です
メニューの終端です。

朝ごはんコラム(7月)

2020年7月19日

ページ番号:510009

~毎月19日は食育の日~

大正区では、朝食欠食対策の取組みとして、児童・生徒にアンケート調査をしています。

アンケートの結果から、朝ごはんを食べない人は、朝ごはんを食べる人に比べて授業に集中できていない傾向がうかがえます。

【授業に「ほとんど集中できない」と回答した割合】

朝ごはんを食べる小学生・・・3.8%

朝ごはんを食べない小学生・・・10.0%

朝ごはんを食べる中学生・・・8.3%

朝ごはんを食べない中学生・・・13.7%

という結果でした。

学力向上・意欲向上のために、まずは生活リズムを改善しましょう。

生活リズム改善ステップ1は朝ごはんコラム(5月)をご覧ください。

生活リズム改善ステップ2は朝ごはんコラム(6月)をご覧ください。

生活リズム改善ステップ3:朝ごはんを食べれば、授業にも集中

睡眠時間や朝ごはんは、授業中の集中力にも影響します。

早く寝て、朝ごはんを食べることで、脳の働きが活発になり、学校生活も有意義になってきます。

さらに、朝ごはんと自己肯定感にも関連性があることが分かりました。朝ごはんをしっかり摂れば自信や夢にもつながるかもしれません。

【「自分によいところがある」と回答した割合】

朝ごはんをほぼ食べる中学生・・・68.7%

朝ごはんをほぼ食べない中学生・・・51.0%

朝食の摂食と授業への集中力の関係

夜ふかしの理由と、スマートフォン等の適正な利用方法については、朝ごはんコラム(5月)をご覧ください。

朝ごはんを食べない理由や、就寝時間との関係については、朝ごはんコラム(6月)をご覧ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市大正区役所 保健福祉課健康づくりグループ

〒551-8501 大阪市大正区千島2丁目7番95号(大正区役所3階)

電話:06-4394-9882

ファックス:06-6554-7153

メール送信フォーム